ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

佐藤浩市、樋口可南子の「愛を積むひと」

2015/05/25

yjimage0MGM7UN0

亡き妻の手紙が想いをつなぐ

愛を積むひと

2015年6月20日 公開

もし愛する家族をのこしてこの世を去ることがわかったら、あなたは大切な人々に何を残したいですか?

2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続ける「石を積むひと」を北海道を舞台に映画化。

夫婦と親子の感動の物語。

解説

無骨な夫が、亡き妻のあこがれであつた石塀造りを通して、周囲の人々や家族との絆に気づいていく。

実直で不器用な夫を佐藤浩市が、そんな夫をやさしく温かく包みこむ妻を樋口可南子が演じ、四季折々の大自然を背景に、お互いを思いやる心情を表現。

突如愛する妻を失った夫が、妻ののこした数々のてがみに支えられ、徐々に再生していく過程に感動を誘う。

普段なおざりにしがちな家族との関係を、今一度見つめ直す機会を与えてくれる感動作。

監督・脚本 浅原雄三

原作 「石を積むひと」 エドワード・ムーニーjr  (小学館文庫刊)

キャスト

佐藤浩市/小林篤史

樋口可南子/小林良子

北川景子/小林聡子

野村周平  杉咲花  吉田羊  柄本明

ストーリー

篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)は北海道に移住。

良子は、手持ちぶさたの篤史に家を囲む石塀造りを頼むが、その後心臓病で他界してしまう。

悲しみに沈む篤史だが、地域の人々との交流や娘・聡子(北川景子)との再会を経て、次第に再生していく。

こういう感動作品は、やはり映画だなと思います。

映画で感動を得られるほど良いものはありません。

ぜひ見たい映画です。

 

-洋画