ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』第3作 公開!

英国紳士が過激なアクションを繰り広げる人気スパイアクション「キングスマン」シリーズの3作目。

第1次世界大戦前夜のヨーロッパを舞台に、スパイ組織キングスマンの誕生秘話と、彼らが巨大な陰謀に立ち向かう姿が描かれる。

前2作に引き続き監督は、マシュー・ヴォーン。

『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』などのレイフ・ファインズ、『マレフィセント2』などのハリス・ディキンソンのほか、リス・エヴァンスらが出演する。

 

2021年12月24日 公開

スポンサーリンク

 

あらすじ

イギリス、ドイツ、ロシアといった大国間の陰謀が渦を巻き、第1次世界大戦勃発の危機が迫ろうとしていた。

そんな中、オックスフォード公(レイフ・ファインズ)と出会った青年コンラッド(ハリス・ディキンソン)は、スパイ組織キングスマンの一員として迎えられる。

第1次世界大戦を背景に、世界最強のスパイ組織「キングスマン」誕生の秘話を描く。

表向きは高級紳士服テーラーだが実は世界最強のスパイ組織という「キングスマン」。

国家に属さない秘密結社である彼らの最初の任務は、世界大戦を終わらせることだった。

 

1914年、世界大戦を裏でひそかに操る闇の組織に対し、英国貴族のオックスフォード公と息子のコンラッドが立ち向かう。

人類破滅へのカウントダウンが迫るなか、彼らは仲間たちとともに闇の組織を打倒し、戦争を止めるために奔走する。

 

「ハリー・ポッター」シリーズでも知られる英国の名優レイフ・ファインズがオックスフォード公、「マレフィセント2」「ブルックリンの片隅で」の新鋭ハリス・ディキンソンが息子のコンラッドを演じた。

彼らの前に立ちふさがる敵でもある怪僧ラスプーチンには個性派俳優のリス・エバンスが扮した。

 

監督・脚本・製作

マシュー・ヴォーン

 

キャスト

オックスフォード公爵 / レイフ・ファインズ

 

コンラッド / ハリス・ディキンソン

 

ポリー / ジェマ・アータートン

 

グリゴリー・ラスプーチン / リス・エヴァンス

 

ショーラ / ジャイモン・フンスー

 

人類破滅へのタイムリミットが迫る中、彼らは仲間たちと共に戦争を止めることができるのか?

歴史の裏に隠されたキングスマン誕生秘話を描く、超過激スパイ・アクションシリーズ待望の最新作。

最も過激なファースト・ミッションが始まる!

 

予告編


スポンサーリンク

-洋画