ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

サイコスリラー映画『すべてが変わった日』のあらすじ!

ダイアン・レインとケヴィン・コスナーが共演するサイコスリラー映画『すべてが変わった日』は、全米興行収入ランキングで初登場第1位を記録した。

ラリー・ワトソンの小説を映画化した本作は、1960年代を舞台にしたサイコスリラー。

監督は、『幸せのポートレート』『恋するモンテカルロ』のトーマス・ベズーチャ。

出演者は、レインとコスナーのほか、

『ファントム・スレッド』のレスリー・マンヴィル、

『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、

『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のジェフリー・ドノヴァン、

『ディセンダント』のブーブー・スチュワートが出演する。

スポンサーリンク

 

解説

「マン・オブ・スティール」でも夫婦役で共演したダイアン・レインとケビン・コスナーが、不幸の連鎖によって危険な場所に連れ去られてしまった孫の救出のために立ち上がる夫婦を演じるスリラー。

1963年、元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、不慮の落馬事故により息子のジェームズを失ってしまう。

3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナは再婚するが、相手のドニー・ウィボーイは暴力的な男だった。

ドニーは、ローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に転居し、そのことを知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。

しかし、ジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲でウィボーイ一家を仕切る異様な女家長のブランシュだった。

 

あらすじ

1963年、モンタナ州の牧場で元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケヴィン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、落馬の事故で息子のジェームズを失う。

3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナ(ケイリー・カーター)が、ドニー・ウィボーイ(ウィル・ブリテン)と再婚。

暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。

しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランシュ・ウィボーイ(レスリー・マンヴィル)だった。

そして、夫婦は、義理の娘と孫を連れ戻すべく、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長に立ち向かっていく。

スポンサーリンク

 

監督

トーマス・ベズーチャ

 

キャスト

ダイアン・レイン

 

ケビン・コスナー

 

レスリー・マンビル

 

ケイリー・カーター

 

円熟味のあるスター

これまでも共演経験のあるダイアン・レインとケビン・コスナーというハリウッドの円熟味溢れるスターが顔を合わせた本作は、1960年代が舞台の西部劇の香りを纏わせたサイコスリラー。

全米興行収入ランキングでは、初登場第1位を記録している。

 

『すべてが変わった日』は、2021年8月6日公開

特報映像

特報映像は、ジョージ(ケビン)とマーガレット(ダイアン)が「私たちの孫を捜してるの」「元気にしてるか確かめたいんだ」と語る場面からスタート。

続いて、義理の娘ローナが再婚した夫に殴られるところを目撃し、何も言わずに姿を消したローナと孫の行方を追う2人が、その先に待ち受けていた異様なウィボーイ家に戸惑う様子が描かれる。

後半は不穏な雰囲気の中、ブランシュ(レスリー)に平手打ちされるマーガレット、屈強な男たちに抑え込まれるジョージ、銃を手に威嚇するブランシュ、銃を撃つマーガレットがサスペンスフルに映し出されていく。

冒頭と最後のタイトルバックに映し出される雄大な自然と、暴力的で不穏な雰囲気漂う映像との対比が印象的な西部劇の香りが漂う特報となっている。


スポンサーリンク

-洋画