ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

復讐者たち (PLAN A)は、史実を基にしたサスペンス映画!

ホロコーストを生き延びたユダヤ人によるドイツへの壮絶な復讐計画“プランA”

その知られざる全容が遂に明かされる。

映画「復讐者たち」は、2021年7月23日公開

スポンサーリンク

 

解説

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる復讐計画の行方を、史実を基に描いたサスペンスドラマ。

「ザ・ゴーレム」のドロン&ヨアブ・パズ監督が、復讐計画の生存者への取材を基に脚本を執筆。

1945年、敗戦直後のドイツ。ホロコーストを生き延びたユダヤ人マックスは、収容所で離れ離れになった妻子がナチスに殺されたことを知り、復讐を決意する。

ナチス残党を密かに処刑しているユダヤ旅団に合流したマックスは、より過激な報復活動をするユダヤ人組織「ナカム」に参加。

彼らはドイツ人600万人を標的にした驚くべき復讐計画「プランA」を企てていた。

「イングロリアス・バスターズ」のアウグスト・ディールが主人公マックスを演じ、「ブレードランナー 2049」のシルビア・フークスが共演。

 

あらすじ

1945年、敗戦直後のドイツ。ナチスによるホロコーストを生き延びたものの、収容所で散り散りになった妻子をナチスに殺害されたユダヤ人男性のマックス(アウグスト・ディール)。

絶望のどん底に突き落とされ、激しい復讐(ふくしゅう)心を抱くようになった彼は、ひそかにナチスの残党を私刑として殺害しているユダヤ旅団と行動を共にする。

やがて、さらに過激なユダヤ人組織ナカムの一員となるが、そこで600万ものドイツ人を標的にした復讐計画プランAが動き出しているのを知る。

 

監督

ドロン・パズとヨアブ・パズ

イスラエル出身。

『エルサレム』『ザ・ゴーレム』という歴史や聖書をモチーフにしたホラーを手がけてきた若き兄弟ユニットが、ジャンル映画で培ったサスペンスフルな語り口を披露。

戦禍で荒廃したニュルンベルクの街並みをリアルに再現して、現代に伝えるべき重いテーマをはらんだ歴史ドラマを完成させた。

また、『イングロリアス・バスターズ』にも出演していた実力派俳優アウグスト・ディールが、埋めようのない喪失感とナチスへの怨念を内に秘めたマックスを渾身の演技で体現。

さらに『ブレードランナー 2049』『蜘蛛の巣を払う女』で脚光を浴びたオランダ人女優シルヴィア・フークスが、マックスと心を通わせるナカムのメンバーに扮して鮮烈な印象を残す。

憎悪と良心の狭間で道徳的なジレンマに引き裂かれる男女の凄まじい葛藤、そしてクライマックスの“決断”から目が離せない。

 

監督コメント

私たちは本作のリサーチ中、この極悪非道な復讐計画に実際に関わった人々へのインタビューに多くの時間を割いた。家族全員を失い、想像しがたい恐怖を生き延びた男女たちは生きる希望もないと考えていた。

そんな彼らが憎しみと復讐心という原初の感情で自らを満たしたのは、生きる目的を見つけるためだったのだ。

今日の世界と比べると、これは今の時代にも続く要素なのだと私たちは考える。

登場人物たちを執筆する際は、ナチスに家族や600万人ものユダヤ人同胞を殺害されたことで、かつては人生を謳歌していた人々が、何百万人もの命を奪うことを願う人間に変わってしまったという事実を重点に描いた。

彼らは激怒し絶望した自警団であった一方で、人生に対する情熱に満ちた人間でもあったのだと。

 

私たちにとってこの映画を力強い歴史サスペンスとして描くことが重要だった。

私たちの目的は、普通の「ホロコースト映画」から極力かけ離れたストーリーとして表現することだ。

ハイボルテージなアクション満載のドラマという現代的な映画作りを、心を揺さぶる深い要素のある、この驚くべき史実と組み合わせて映画化することで、普通のミニシアター系映画から幅広い観客に届けることのできる、真に意義深く、楽しめる作品にできると考えている。

 

私たちは「プランA」をようやく映画化できた最初の世代として、最終的に復讐と破壊ではない人生を選んだ、勇気ある人々のストーリーを語れたことを心から光栄だと考えている。

このテーマは今日の私たちの世界における社会的、政治的風潮に対してもなぞらえることができるはずだ。

スポンサーリンク

 

キャスト

アウグスト・ディール / マックス役

1976年1月4日生まれ。ベルリン出身。

「23 トゥエンティースリー」(98・未)でデビューし、バーバリアン映画祭で最優秀若手俳優賞、ドイツ映画賞で最優秀俳優賞を受賞し注目を浴びる。

『青い棘』(04)ではドイツ映画批評家協会最優秀男優賞を受賞、アカデミー外国語映画賞受賞作『ヒトラーの贋札』(07)で世界的に知られ、クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』(09)にも出演。

第2次世界大戦中のナチスの所業を描く社会派映画への出演をライフワークとする一方、『ソルト』(10)や『マリアンヌ』(16)などのハリウッド映画や、人間ドラマ『リスボンに誘われて』(13)、フレンチノワール『汚れたダイヤモンド『(16)、歴史ドラマ『マルクス・エンゲルス』(17)と幅広いジャンルで活躍している。

昨年公開したテレンス・マリック監督作『名もなき生涯』では主演を務めた。ドイツを代表する俳優である。

 

シルビア・フークス / アンナ役

1983年6月1日生まれ。オランダ出身。

14歳の時にスカウトされ、モデルとしてキャリアをスタート。

高校卒業後にマーストリヒト・シアター・アカデミーで演技を学ぶ。

2007年、スクリーンデビュー作「Duska」(07・未)でオランダ映画祭最優秀助演女優賞を受賞するなど、国内でブレイク。

主演作「De storm」(09・未)が本国で大ヒットし、以後、舞台やTVドラマ、映画で活躍する。

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『鑑定士と顔のない依頼人』(13)での準主役を経て、SF大作『ブレードランナー 2049』(17)でレプリカントのラヴ役で本格的なハリウッド進出を果たした。

その他の出演作に、リュック・ベッソン製作の『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』(17)、『ドラゴン・タトゥーの女』の続編『蜘蛛の巣を払う女』(19)などがある。

 

復讐者たちの見どころ

第二次世界大戦中にナチス・ドイツがユダヤ人に対して行った国家的な絶滅政策、すなわちホロコーストの惨劇は、600万人以上のユダヤ人の命を奪ったとされる。

この人類史上最悪の蛮行は膨大な数の映画の題材となり、歴史ものや戦争ものの一大ジャンルを形成しているのは周知の通りだ。

今なおホロコーストにまつわる戦中戦後の知られざる史実が次々と掘り起こされ、映画ファンの根強い関心を集めている。

テレンス・マリック監督作品『名もなき生涯』での名演技が記憶に新しいアウグスト・ディールが主演を務めた『復讐者たち』は、まさしく“知られざる”破格の驚きに満ちた実録ドラマだ。

 

ドイツ5都市に張り巡らされた壮大な秘密作戦

そして憎悪と良心の狭間で引き裂かれる男女の決断とは?

戦争犯罪の被害者であるユダヤ人が加害者のナチスに復讐する映画と言えば、クエンティン・タランティーノ監督の荒唐無稽なバイオレンス・アクション『イングロリアス・バスターズ』が有名だが、

『復讐者たち』は本当にあった“目には目を、歯には歯を”の復讐計画に関わった生存者たちへの取材に基づく正真正銘の実話映画だ。

 

ナチスによって愛する者の命を奪われ、生きる目的を復讐にしか見出せない主人公マックスがたどる運命を、衝撃的なストーリー展開で映像化。

ドイツの5都市に張り巡らせた秘密作戦によって600万人の殺害をもくろんだナカム、英国軍の指揮下にあった対ナチス部隊のユダヤ旅団、パレスチナの軍事組織ハガナーといった実在のグループの活動が描かれている点も興味をかき立てる。

 

映画「復讐者たち」は、2021年7月23日公開

予告編


スポンサーリンク

-洋画