ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

韓国映画

映画「サムジンカンパニー1995」は、韓国発・実話を基にした爽快ストーリー!

韓国で起きた企業による汚水流出事件など、実際の出来事を基に撮り上げられたドラマ。

自分たちが勤める企業の汚染水流出を目撃した女性社員が、仲間たちとその事実を白日のもとにさらそうとする。

監督は『花、香る歌』などのイ・ジョンピル。

『オフィス 檻の中の群狼』などのコ・アソン、『愛のタリオ』などのイ・ソム、『スウィング・キッズ』などのパク・ヘスらが出演する。

2021年7月9日公開

スポンサーリンク

 

実話を基にした爽快な大逆転ストーリー!

熾烈な学歴社会である韓国で、どんなに優れた能力があったとしても、大卒社員の補助的な役割しかさせてもらえない3人の高卒女性社員たち。

それでも彼女たちがいなければ会社が回っていかない。

そんな現実をうまく表現しながら、内部告発というドラマチックな展開に発展していく。

 

劇中のセリフにあるように“tiny tiny”=ちっぽけな存在の彼女たちは、会社に妨害され、挫折を繰り返すけれど、決して諦めることなく自分たちの力を信じて地道に前進していく。

その姿は、落ちこぼれOLたちの活躍を描いた日本のドラマ『ショムニ』のように爽快でカッコよく、応援せずにはいられない!

女性社員たちが部署の垣根を越えて協力していく友情に感動し、愛する会社と地域の人々を守ろうとする正義感に胸がアツくなり、誰が本当の黒幕なのかわからない二転三転するストーリーにハラハラドキドキする。

最後まで飽きさせない映画だ。

 

ストーリー

1995年、金泳三大統領によってグローバル元年と位置付けられた韓国。

ソウルでは語学学校が早朝クラスでも満席になるなど、街のいたるところで英語が聞こえてきていた。

 

サムジン電子に勤める生産管理3部のイ・ジャヨン(コ・アソン)、マーケティング部のチョン・ユナ(イ・ソム)、会計部のシム・ボラム(パク・ヘス)。

大企業に勤める高卒の女性ヒラ社員たちは実務能力は高いが、主な仕事はお茶くみや書類整理など雑用ばかりだ。

しかしそんな彼女たちにも、会社の方針でTOEIC600点を超えたら、「代理」に昇進できるチャンスが到来する!

 

ステップアップを夢みて英語を学ぶ彼女たちだったが、偶然、自社工場が有害物質を川に排出していることを知る。

事実を隠蔽する会社を相手に解雇の危険を顧みず、力を合わせ真相解明に向けて奔走する3人。

彼女たちの部署の垣根を越えた友情、会社を守りたいと思う愛社精神、そして不正に立ち向かう正義感に勝機はあるのか?

 

キャスト

サムジン電子 生産管理3部 イ・ジャヨン / コ・アソン

商業高校出身、入社8年目。大卒の代理よりも報告書をうまく書き上げ、整理もうまい業務のプロフェッショナル。

12秒で部の社員全員の好みの比率でコーヒーを作れるという記録保持者。

TOEIC600点以上を獲得すれば代理に昇進して本当の“仕事”ができるという希望を持つが、会社が隠蔽していた不法汚水排出の事実を知り真相を探ろうとする。

仕事と職場を誰よりも愛しているがために、出世よりも正義のために立ち上がる。

 

コ・アソン

1992年8月10日生まれ。

ポン・ジュノ監督・脚本作『グエムル-漢江の怪物-』(2006)で一躍有名になった元子役。

怪物に迫られ、恐怖に慄く制服姿の少女のメインビジュアルが印象に残っている人も多いと思うが、その少女こそが彼女。

2004年からテレビドラマで俳優活動をスタートし、『グエムル』を経て、同じくポン・ジュノ監督・脚本作『スノーピアサー』(2013)や『ビューティー・インサイド』(2015)などで着実に実力派としての道を歩んでいる。

 

サムジン電子 マーケティング部 チョン・ユナ / イ・ソム

勝気でまっすぐな性格。

社内に掲示された高卒社員を対象にTOEICクラス開設の知らせを見ても、リストラ戦略に違いないと、代理を目指すジャヨンの夢をすぐさま壊す。

マーケティングのアイデアに優れているが、あくまでも自分の仕事は会議中の社員たちにハンバーガーを買ってくる雑用だ。

推理小説マニアの特技をいかし、親友のジャヨンとボラムと共に会社の不正を暴こうとする。
ユナ

 

イ・ソム

1990年1月30日生まれ。

173㎝というスラリとした長身を活かしてモデルとしてデビュー。

本作のメガホンを取ったイ・ジョンピル監督とは映画『青い塩』(2011)で共に役者として共演を果たしており、本作で再会を果たした形だ。

本作で2021年青龍映画賞助演女優賞を受賞している。

 

サムジン電子 会計部 シム・ボラム / パク・ヘス

数学大会で優勝の経歴を持つ数字の天才。

しかし、今の業務は領収書の値段をごまかし処理すること。

代理になったら新たな会計プログラムを作り、不正領収書をなくすという目標を持っている。

水質検査の数値に不正があるのではと悩むジャヨンに、工場の排水口の大きさと汚水の流出時間から、汚水に含まれるフェノールの本当の量を導きだす。

得意分野で親友2人をサポートする力強い存在。

 

パク・ヘス

1994年11月24日生まれ。

男性社員からの接待の領収書をごまかす仕事に辟易している数学の天才シム・ボラムに扮したパク・ヘスは、韓国で一大ブームになっているオーディション番組のひとつで、イ・ハイなどを輩出した「K-POPスター」のシーズン4(2014)に出演。

歌の評価も高く、当時、審査員を務めていたJ.Y.Parkに目をかけられるなど、注目の存在になった。

翌年、ドラマデビュー作「ヨンパリ~君に愛を届けたい~」(2015)で鮮烈な印象を残して役者としても順調なスタートを切る。

2018年の映画『スウィング・キッズ』では、KPOPアイドルきっての演技派と名高いEXOのD.O.(ド・ギョンス)の仲間のひとりを演じ、ダンスも披露している。

スポンサーリンク

 

時代背景を細部まで再現した美術

作品世界を構築するのに重要なのは、今から25年前の1995年という時代背景。

IMFの寒波に見舞われる直前の1990年代の韓国は、個性と個人主義が花咲きはじめ、おしゃれと自由を謳歌し、これまでの世代とは異なったライフスタイルの若者たちがX世代と呼ばれていた時代だ。

徹底した資料調査と取材を行い、当時のルックを再現したうえで、その時代を知らない若い観客が見ても違和感がないよう、独自のスタイルを生み出した。

 

まず、2021年の青龍映画賞で美術賞を受賞したペ・ジュンヨンによるサムジン電子のオフィス風景。

大きなボディのデスクトップパソコンは懐かしい32ビットの386コンピュータ。

ボラムが仕事中にこのパソコンで、世界的に流行したテトリスをしている姿も描写する。

マーケティング部のポスター、会計部にあるそろばんと大きなモニター、サムジングループの企業ロゴからTOEIC教材、紙コップ、カップラーメンの包装紙まで、当時の資料を当たりながら小道具まで再現していった。

 

キャラクターの個性を活かしたヘアスタイル&ファッションも見ていて楽しい。

俳優たちと衣装チームは、骨とう品やヴィンテージの古着が多く集まるソウル東大門近くにある東廟市場を一緒に訪れ、それぞれのスタイルを確立。

平凡なジャヨンは落ち着いた色味のジャケットなどを多用して堅実で誠実な人柄を表現。

自己主張の強いユナは大ぶりのゴールドのアクセサリーや肩パッドの入ったスーツ、ロングコートを翻しクールな女っぷりを際立たせる。

数学の天才で独自の世界を持つボラムはUネックシャツやロングワンピースなどで、ゆったりとした性格と個性を表しており、どこかレトロな雰囲気を醸し出している。

 

また、当時、流行していたカモメ型の眉毛やブルーブラックのヘアカラー、マットな肌感を出すファンデーション、キャリアウーマンを主人公にした化粧品の広告で大流行したミンクブラウンのリップとリップライナーで演出。

今でこそ韓国コスメは日本でも大人気だが、その片鱗が発見できるかもしれない。

 

スクリーンを彩る豪華共演者

会長の息子にして傍若無人に振る舞う常務をひと癖ある演技で見せたペク・ヒョンジンは、インディーズバンド「オオブプロジェクト」のボーカル。

パク・チャヌク製作、コン・ヒョジン主演の映画『ミスにんじん』(2008)のエンディング曲など、映画やドラマのOSTを担当している他、パク・ヘイル、オム・ジウォン、ムン・ソリ、リュ・スンボムらが出演した短編映画『The End』(原題『?』、未・2009)で演出家としてもデビュー。

また、韓国の有名美術ギャラリー「アラリオ」専属の美術作家としての顔も持つなど、マルチに活躍中だ。

 

ビル・ゲイツを彷彿とさせるサムジン電子の新任社長には、2007年から韓国で活動しているドイツ系アメリカ人俳優のデヴィッド・マクイニス。

これまでにアメリカのドラマシリーズ『HAWAII FIVE-0』の2エピソード(2011)、イ・ビョンホンの『IRIS-アイリス-』(2009)、『IRIS2-アイリス2-』(2013)、『太陽の末裔』(2016)などに出演。

トラブルをスマートに解決するなど、紳士に見えるが実は…という二面性とギャップを巧みに表現している。

 

ボラムの上司にして、時に意味深な言葉を投げかけるメンターのような存在のポン部長にはベテランのキム・ジョンス。

ここ最近でも『スタートアップ!』(2019)、『暗数殺人』(2018)、『7号室』(2017)など多くの話題作に出演。

1980年代から舞台でその力を培ってきた演技派だからこその存在感は本作においてひときわ目を引く。

 

大財閥の不正に挑戦する3人の女性の闘いが面白い作品となっている。

映画「サムジンカンパニー1995」は、2021年7月9日公開

 

予告編


スポンサーリンク

 

-韓国映画