ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

ブラック・ウィドウ (マーベル映画) の見どころ

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のマーベル・スタジオ最新作。

2010年に公開された『アイアンマン2』で初登場して以降、計7本の作品でその類稀なる美貌と抜群の身体能力を駆使しあらゆる高度なミッションを遂行してきた世界最高のエージェント、ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ。

その、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが主人公のアクション映画。

超人的な身体能力と、類いまれな美貌を持つヒロインの秘密が明らかになる。

スポンサーリンク

 

解説

「アベンジャーズ」シリーズの各作品で活躍した、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウが単独で主役を務めた作品。

孤高の暗殺者だったブラック・ウィドウがなぜアベンジャーズになったのか、知られざる物語が明らかにされる。

物語の時代設定は「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」と「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の間で、ブラック・ウィドウがアベンジャーズから離れていた時期に起こった出来事を描く。

 

ブラック・ウィドウの前に突如現れた、“妹”エレーナ。

姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織「レッドルーム」の秘密を知ったことで命を狙われる。

唯一の味方は、かつて組織が作り出した“偽りの家族”だけだった。

しかし、その家族の再会によってレッドルームの恐るべき陰謀が動き出す。

 

エレーナ役は「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたフローレンス・ピュー。

『女王陛下のお気に入り』などのレイチェル・ワイズらが共演。

監督は、MCU作品では2人目の女性監督となる『さよなら、アドルフ』などのケイト・ショートランド。

2021年7月9日から公開

 

あらすじ

孤独な暗殺者ブラック・ウィドウはなぜ、アベンジャーズになったのか。

ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ。

姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。

唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。

 

だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす!

ブラック・ウィドウの作られた過去との戦いが、世界の命運を握る。

スポンサーリンク

 

キャスト

ブラック・ウィドウ

ナターシャ・ロマノフ / スカーレット・ヨハンソン

暗殺者としての過去を背負う、美しき最強のスパイ

過酷な訓練によって育てられた元KGBのスパイにして超一流の暗殺者だったが、アベンジャーズの一員となる。

クールで高いプロ意識の一方で、「家族」と呼ぶ仲間のために秘かに葛藤する熱い一面も。

彼女を暗殺者にした暗い過去、それら数々の出来事に対峙するなかで、かつて所属していたスパイ仲間と再タッグを組むことになる。

 

コメント

「彼女は向こう見ずで手が付けられないけど、そこにはまだ驚異的な知性がある。

そんな彼女の脆さと強さを皆さんに語れることにすごく興奮しているわ。

私たちは、“本当のブラック・ウィドウは何者なのか”ということを描きたかったのよ」

 

ブラック・ウィドウの“妹”

エレーナ / フローレンス・ピュー

コメント

エレーナは自分がやっていることに確信を持っているにもかかわらず、とにかく複雑で傷ついている人。

組織の中で自分はどう機能すべきかはっきり分かっているけれど、人間として生きる方法は全く知らないの。

彼女は致命的な武器だけど、まだちょっと子供でもあるのね。そこが彼女のステキな素質のひとつだと思うわ。

 

ブラック・ウィドウの“母”

メリーナ / レイチェル・ワイズ

コメント

今現在でおそらく最も人気の高い“現代の神話”であるマーベル・シネマティック・ユニバースに招待されてとても興奮しているわ。

 

ブラック・ウィドウの“父”= レッド・ガーディアン

アレクセイ / デヴィッド・ハーバー

コメント:

彼はソビエト連邦で育ち、ちょうどキャプテン・アメリカと同じようなプログラムに選ばれたんだ。

そのプログラムで彼はキャプテン・アメリカのように有名にはなれなかったけど、人生における大きな悲劇を味わった。

彼は自分の真の価値が周囲に認められていないと感じているのさ。

 

ブラック・ウィドウを支える調達屋

メイソン / O. T. ファグベンル

 

スタッフ

監督:ケイト・ショートランド

脚本:エリック・ピアソン

ストーリー:ジャック・シェイファー AND ネッド・ベンソン

 

予告


スポンサーリンク

 

-洋画