ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

邦画

「奥様は取り扱い注意」 映画の見どころ

2017年に放送され、最高視聴率14.5%、最高総合視聴率25.6%を記録した大ヒットドラマが、満を持してついに映画化!

ドラマ最終回のその後が描かれる。

正義感の強い妻と実は公安のエリートの夫を、ドラマ版に続き綾瀬はるかと西島秀俊が演じる。

監督は、ドラマ「家政婦のミタ」などの演出を担当した佐藤東弥。

脚本は、『オオカミ少女と黒王子』などのまなべゆきこが担当。

映画は、2021年3月19日(金)公開予定

スポンサーリンク

 

あらすじ

元特殊工作員だった過去を持つ専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)と、優しい夫・伊佐山勇輝(西島秀俊)の二人は、桜井久実と裕司に名前を変えて、小さな地方都市・珠海市で新しい生活を始めていた。

しかし、夫は、現役の公安警察であり菜美を監視しているのだ。

実は半年前、ある出来事がきっかけで菜美は記憶喪失になっていたのだった。

「過去なんて捨てて、あなたとの今を大事にして生きていく」

 

二人が新生活を送る珠海市は、新エネルギー源「メタンハイドレート」の発掘に活気づいていたが、美しい海を守ろうとする開発反対派と、市長をはじめとする推進派の争いが日に日に激化。

実は新エネルギー源開発の裏で、ロシアと結託した国家レベルの陰謀が潜んでいることを突き止めた公安。

 

「公安の協力者にならなければあの女を殺せ」

信じるか、疑うか。逃がすか、拘束するか。

葛藤する裕司(勇輝)。

菜美の記憶の回復は、愛し合う二人の別れ(死)を意味する。

そんな中、過去の因縁と国家に追われ、久実(菜美)は大きな事件へと巻き込まれていく。

 

見どころ

綾瀬はるかが「元特殊工作員」という秘密を持った新米主婦を演じ、悪者を次々倒す迫力のアクション(スタントなし!)と、西島秀俊が演じる夫の正体が徐々に明らかになっていく(実は「公安」の人間)というスリリングな展開。

そして何より、お互いに嘘をつき真実を隠しながらも愛し合う夫婦の物語として話題となった。

自由を求める妻と、国家という枷を背負った夫。

平穏な幸せだけを求めスキルを封印したはずの主人公が、近所で起こる様々な事件を無視することができずに苦しむ人たちを救い出す物語は、力強くてキュートでかっこいい新たなヒーローとして、幅広い世代から支持を集めました。

 

そんなドラマの映画化にあたって最強スタッフが集結! 原案は、『SP』シリーズや「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の金城一紀。

劇場版の監督を務めるのは、『カイジ』シリーズや『ST 赤と白の捜査ファイル』『ごくせん THE MOVIE』など数々の大ヒット作を手掛けてきた佐藤東弥。

 

綾瀬はるか本人による並外れたアクションも大きな話題を集めた伝説のドラマが、そしてあの最強夫婦が、ストーリーもアクションも何もかもが大幅にスケールアップした極上のエンターテインメントとしてスクリーンに凱旋!

しなやかで美しい女性主人公の、かつてない超絶アクションシーンは必見!!

美しさと強さを兼ね備え、一段とパワーアップした最強奥様、綾瀬はるかが今回もスタントなしで暴れ回ります!

 

強すぎるワケあり最強夫婦の葛藤と夫婦愛、ド迫力のアクション(夫婦喧嘩)。

日本映画史上類を見ない「最強奥様アクションエンターテインメント」の幕が上がる!

果たして、“史上最強の夫婦喧嘩”の結末は? 二人の愛の行方は?

感動と驚きのクライマックスは・・・

スポンサーリンク

 

キャスト

桜井久実(伊佐山菜美) / 綾瀬はるか

専業主婦。実は元特殊工作員で、過去のある事件によって記憶喪失になってしまう。

現在は夫婦揃って名前を変え、珠海市に引っ越してきた。

 

桜井裕司(伊佐山勇輝) / 西島秀俊

県立高校数学教師。実は公安の人間で久実(菜美)を監視している。

 

矢部真二 / 鈴木浩介

勇輝と同じ県立高校の生物教師。

珠海市の海を愛する、新エネルギー源「メタンハイドレート」調査基地の建設反対派。

岩尾珠里 / 岡田健史

元々矢部の教え子で現在はダイニングバーを経営している。コスプレが趣味。久実の親友になる。

三枝礼子 / 前田敦子

精神科医。記憶を無くした久実(菜美)のカウンセラーを務める。

横尾義文 / みのすけ

新エネルギー源の調査会社社長。

ドラグノフ / セルゲイ・ヴラソフ

ロシアの諜報員。過去の闘いで菜美に怪我を負わされ復讐を誓う。

小林大吾 / 浅利陽介

珠海市にある小林青果の店主。

小林果穂 / やしろ優

珠海市にある小林青果の奥様。

神岡恭平 / 鶴見辰吾

勇輝が任務を報告する上司。

潜入捜査をする勇輝(裕司)にアドバイスをする。

五十嵐晴夫 / 六平直政

調査基地の建設反対派リーダー。

浅沼信雄 / 佐野史郎

開発コンサルティング会社社長。

開発事業に絡む裏組織と癒着し市長らを騙す。

坂上洋子 / 檀れい

調査基地の建設を推進する珠海市の市長。

矢部の元妻。

池辺 章 / 小日向文世

勇輝の上司で公安の人間。

珠海市での任務と菜美の監視を勇輝に命じる。

スポンサーリンク

 

監督

佐藤東弥 1959年4月11日生まれ。東京都出身。

1983年、日本テレビに入社。以来、数々のTVドラマの演出を担当。

TVドラマ作品

「ごくせん」シリーズ(02・05・08)、「すいか」(03)、「anegoアネゴ」(05)、

「14才の母」(06)、「ハケンの品格」シリーズ(07・20)、「家政婦のミタ」(11)、

「ST」シリーズ(13・14)、「掟上今日子の備忘録」(15)、

「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(16)、「ウチの夫は仕事ができない」(17)、

「サバイバル・ウェディング」(18)など。

映画監督作品

『ごくせん THE MOVIE』(09)、『ガッチャマン』(13)、

『映画 ST 赤と白の捜査ファイル』(15)、『カイジ』シリーズ(09・11・20)

 

綾瀬はるかコメント

ドラマでは「続きがどうなるんだろう」と気になっていたので、映画化されると聞いてとても嬉しかったです!

西島さんとは約2年ぶりの再会でしたが、そんなに変わっていなかったです(笑)ドラマでは菜美が住んでいる街の中で起こる、主婦たちの事件を解決していましたが、映画ではストーリーがスケールアップしています。

夫婦の絆や形にも注目して頂きたいですし、アクションも見ごたえのある作品になっていると思いますので、楽しみにしていてください!

 

西島秀俊コメント

ドラマの最終回放送後に、「この後、どうなるの?」とよく聞かれていました。

現場でも「映画化できたらいいね」と話していたので、すごく嬉しいです。

映画撮影初日が勢いのあるアクションシーンだったので、約2年ぶりの現場でしたが、スムーズに役に入れたと思います。

映画では国の問題を解決するストーリーでスケールが大きくなっていますし、屈強な敵を菜美がバタバタと倒していく爽快感も楽しみにして頂ければと思います。

 

綾瀬 はるかの演技力と運動神経の良さは、周知のところですね。

楽しめる映画だと思います。楽しみに!

スポンサーリンク

 

-邦画