ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

映画「ミナリ」韓国系移民一家の希望の物語

普通の小さな移民家族が巻き起こした「感動作」!

『パラサイト 半地下の家族』に続くアカデミー賞で波乱を起こす作品と、世界のメディアが大絶賛した!

スポンサーリンク

 

概要

主人公は、アメリカにやって来た韓国の移民家族。

農業でひとやま当てたい父に振り回される一家に、様々な困難と予想もしない事件が降りかかる。

父には「ウォーキング・デッド」シリーズのスティーヴン・ユァン。

監督は、あの『君の名は。』ハリウッド実写版を手掛けることでも話題のリー・アイザック・チョン。

 

タイトルの「ミナリ」は、韓国語で香味野菜のセリ(芹)。

たくましく地に根を張り、2度目の旬が最もおいしいことから、子供世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きるという意味が込められている。

 

理不尽かつ不条理な運命に倒れてもまた立ち上がる。

人生は続き、明日は必ず来ることの貴さを伝えてくれる、希望の物語。

 

ストーリー

1980年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、

アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。

荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、

いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、

しっかり者の長女アンと好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。

まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。

だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる。

スポンサーリンク

 

脚本&監督:

リー・アイザック・チョン

出演

スティーヴン・ユァン

ハン・イェリ

ユン・ヨジョン

ウィル・パットン

スコット・ヘイズ

音楽

エミール・モッセリ

スポンサーリンク

 

新たな家族映画

「<普通の小さな家族>が巻き起こした<特別で巨大な熱狂>!」

「『パラサイト 半地下の家族』に続きアカデミー賞Rで波乱を起こす作品」と、

メディアからも観客からも愛され、評論家からも

「小津安二郎監督作品のような繊細な人間模様を描いている」と大絶賛。

ハリウッド・リポーター誌、ヴァラエティ誌ほか有力誌もこぞってアカデミー賞R有力作品として名を挙げている。

 

理不尽かつ不条理な運命に翻弄されながらもまた立ち上がり、一歩一歩、大地を踏みしめるように困難を乗り越えていく一家の姿は、誰もが困難な現実に直面している今こそ求められる希望の物語だ。

新たなる<家族映画>のマスターピースとして人々の記憶に残る。

 

【現在までの主な受賞・ノミネート】

・サンダンス映画祭:観客賞、審査員特別賞 受賞
・デンバー国際映画祭:最優秀俳優賞(スティーブ・ユアン)、観客賞 受賞
・ハートランド国際映画祭:観客賞、ジミー・シュチュアート名誉賞 受賞
・ミドルバーグ映画祭:観客賞、アンサンブルキャスト賞 受賞
・ボストン映画批評家協会賞:助演女優賞(ユン・ヨジョン)、作曲賞 受賞
・デュービル映画祭:作品賞 ノミネート
・ゴッサム賞:最優秀女優賞(ユン・ヨジョン)ノミネート
・バラドィッド国際映画祭:作品賞 ノミネート
・シカゴ映画批評家協会賞:主演男優賞(スティーヴン・ユァン)、助演女優賞(ユン・ヨジョン)、有望映画人賞(リー・アイザック・チョン)ノミネート
・インディアナ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、アンサンブル賞、主演男優賞、助演男優賞、作曲賞、新人賞ノミネート

 

映画「ミナリ」は、2021年3月19日(金)より公開

 

予告動画


スポンサーリンク

 

-洋画