ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

「トップガン マーヴェリック」トム・クルーズ主演映画の公開は2021年

2021/04/19

アメリカ海軍のエリート・パイロット養成学校“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のスカイ・アクションと、瑞々しい青春と恋の群像を合わせて描いた『トップガン』の続編。

『トップガン』は、トム・クルーズをスターダムにのし上げた出世作でもある。

 

アメリカ軍のエースパイロットの主人公マーヴェリックを再びトムが演じる。

『セッション』などのマイルズ・テラーをはじめ、『めぐりあう時間たち』などのエド・ハリス、『ビューティフル・マインド』などのジェニファー・コネリー、前作にも出演したヴァル・キルマーらが共演。

監督は『トロン:レガシー』などのジョセフ・コシンスキー。

スポンサーリンク

 

『トップガン マーヴェリック』が延期になっている理由

『トップガン マーヴェリック』の関係者は米THRに、トムがワールドプレミアツアーを開催したいと考えていることを明かし、

映画スタジオの幹部は「トム・クルーズは、夜のトーク番組(への出演)やワールドプレミアを行なうことで(映画の成績に)大きな変化をもたらすことができる数少ない俳優」だとコメント。

もし、このコロナ禍のなかでトムという影響力のあるスターがワールドプレミアツアーを開催することになれば、多くのファンにとっての心の支えになることは間違いない。

一方で、それでトム自身が感染したり、ファンが集まり感染の危険性を作ってしまっては本末転倒。そのため、慎重な検討が必要になる。

 

映画『トップガン マーヴェリック』は、公開日を11月まで先延ばししたため、

他の話題作である『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(6月25日全米公開予定)や

『ブラックウィドウ』(7月9日公開予定)などとは公開時期が被らなくなった。

『トップガン マーヴェリック』の日本公開日は今後発表される予定。

 

ストーリー

表舞台から遠ざかっていたマーヴェリック(トム・クルーズ)が、輝かしい功績を打ち立ててきたその腕を見込まれ、エリート・パイロット養成機関“トップガン”の教官として重要なミッションを任命され、帰還する。

次世代の精鋭パイロットを育成する教官となったマーヴェリックを中心に描かれる予定。

 

キャスト

ピート・ミッチェル(マーヴェリック)/ トム・クルーズ

トム・カザンスキー(アイスマン)/ ヴァル・キルマー

ブラッドリー・ブラッドショウ(ルースター)/ マイルズ・テラー - グースの息子。

ジェニファー・コネリー

グレン・パウエル、ジョン・ハム、エド・ハリス、ルイス・プルマン

 

企画

2010年、パラマウント映画がジェリー・ブラッカイマーとトニー・スコットに対して『トップガン』の続編製作を提案し、続編企画が始動した。

また、クリストファー・マッカリーが脚本執筆のオファーを受け、この時点ではトム・クルーズが演じた前作の主人公ピート・ミッチェル(マーヴェリック)の役割は小さなものになると報じられていた。

また、続編を「ドリーム・プロジェクト」と称したピーター・クレイグやジャスティン・マークス(英語版)[16][17][18]、この他にアシュリー・エドワード・ミラー、ザック・ステンツが脚本家として起用された[19]。

スコットは続編のアイディアについて、「このオリジナルとは異なる世界は私を魅了しました。しかし、私はリメイクもリ・インベンションも希望しません。私は新しい映画を作りたいのです」と語っている。

報道によると、続編はドッグファイト時代の終焉と現代の空中戦におけるドローンの役割に焦点を当てた物語になり、マーヴェリックはF/A-18E/F スーパーホーネットに搭乗するとされている。

 

2017年6月、トムは、続編映画のタイトルが「Top Gun: Maverick」であり、前作の映画音楽を手掛けたハロルド・フォルターメイヤーが参加することを発表した。

また、続編について「飛行士が帰ってきた、スピードが必要だ。我々は大きくて速いマシンを用意するつもりだ」と語っている。

同月にはジョセフ・コシンスキーが監督を務めることが発表された。

ケニー・ロギンスは前作の主題歌「デンジャー・ゾーン」が続編でも使用されることを公表した。

2018年10月、ハンス・ジマーがフォルターメイヤーと共同で映画音楽を手掛けることが発表された。

スポンサーリンク

撮影

2018年5月30日からサンディエゴで撮影が開始され、8月下旬にはパラマウント映画とジェリー・ブラッカイマー・フィルムズの撮影チーム15人がノーフォーク海軍基地の「エイブラハム・リンカーン」に乗艦して飛行甲板での撮影を行った。

2019年2月中旬にはノースアイランド海軍航空基地の「セオドア・ルーズベルト」甲板で撮影を行うトム・クルーズと撮影チームの姿が目撃されている。

3月にウィッビーアイランド海軍航空基地での撮影が行われた。

6月19日に撮影が終了した。

主要撮影はカリフォルニア州、メリーランド州、ワシントン州を中心に行われた。

公開は、2021年7月頃の予定

 

予告映像

 

特報映像

メイキング映像

 

スポンサーリンク

-洋画