ドラマ、映画の気になる話題

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

WOWOWドラマ

セイレーンの懺悔がWOWOWで連続ドラマ化される。

デビュー10周年を迎えた作家・中山七里の作品の中でも“ドラマ化不可能”といわれた「セイレーンの懺悔」が連続ドラマ化される。

ある女子高生誘拐殺人事件を追うテレビ局の報道記者が自らの信念と悲しい現実の狭間でもがきながら真実を追い求める姿とともに、報道のあり方・真実に切り込んだ衝撃作でもある。

スポンサーリンク

テレビの報道番組は、人の不幸をスクープして視聴率を稼ぐのか?

不祥事が続き、番組存続の危機にさらされている帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」。

その制作に携わる入社2年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、つらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りを持って取り組んでいた。

都内で女子高生誘拐事件が発生する。

先輩記者の里谷太一(池内博之)と多香美は、過去の不祥事の起死回生のためにスクープを狙って事件を追う。

警察を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。

多香美の執念で、犯人につながる大きなスクープをものにする。

 

舞い上がってしまう多香美

しかし、そのスクープが原因となってある事件が起きてしまい、真実を見失ってしまう。

そして、報道における自己の立場・贖罪について葛藤する。

最後に真実はどうなるのか?

マスコミはセイレーン(ギリシャ神話に登場する半人半鳥の妖精)のように国民を惑わし、人の不幸を娯楽にする怪物なのか?

報道に携わる人々の考え方について、考えさせられるドラマでもある。

スポンサーリンク

キャスト

主人公の帝都テレビ新人報道記者・朝倉多香美をWOWOW連続ドラマ初出演にして初主演の新木優子が演じる。

共演には多香美の先輩記者である里谷太一役の池内博之、警視庁捜査一課の刑事・宮藤賢次役の高嶋政伸、帝都テレビのライバル局であるジャパンテレビの報道記者・三島奈那子役の高梨臨、

事件の被害者の父・東良伸弘役の甲本雅裕、母・東良律子役の濱田マリ、帝都テレビ報道番組の編集長・兵頭邦彦役の池田成志ら実力派キャストが集結している。

朝倉多香美 / 新木優子

帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」の制作に携わる入社2年目の報道記者。あるつらい過去を抱える。番組が不祥事続きで窮地に立たされるが、誇りを持って仕事に取り組む。番組の名誉挽回のために、女子高生誘拐殺人事件のスクープを狙いながら、自身の過去と向き合っていく。

里谷太一 / 池内博之

「アフタヌーンJAPAN」の記者で多香美の先輩。

スクープはニュースに力をつけるためにあるという考え。時には大胆な取材をしながら、本物のスクープを追い求めている。

三島奈那子 / 高梨臨

帝都テレビのライバル局であるジャパンテレビの報道記者。

誘拐殺人事件を追う中で、“本物のネタ”をつかむために、あらゆる人物に接触していく。

東良伸弘 / 甲本雅裕

誘拐殺人事件の被害者である綾香の父親。

妻の律子とは、再婚。綾香とは折り合いが悪かった。

東良律子 / 濱田マリ

綾香の母親。職場にも押しかけてくるマスコミ取材に疲れ果てる。

兵頭邦彦 / 池田成志

「アフタヌーンJAPAN」の編集長。視聴率絶対主義。

日々数字を持つスクープを求めている。

宮藤賢次 / 高嶋政伸

警視庁捜査一課第五強行捜査犯・殺人捜査七係の主任で警部補。

捜査一課のエースで、女子高生誘拐殺人事件を担当する。

マスコミ嫌いとして有名で、今回の事件でも多香美らマスコミが扇情的な報道を続けることを非難する。

 

連続ドラマW セイレーンの懺悔は、WOWOWプライムで

10/18(日)スタート

毎週日曜 22:00~23:00

「第一話」

10/18(日)よる10:00
10/19(月)よる10:00

帝都テレビの看板報道番組の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、あるつらい過去を抱えながらも仕事に誇りをもって取り組んでいた。

そんな中、女子高生誘拐事件が発生。

先輩記者・里谷太一(池内博之)と多香美は、スクープを狙い警視庁捜査一課の刑事・宮藤賢次(高嶋政伸)を尾行。

無残にも顔を焼かれた被害者の遺体を目撃する。やがて多香美は犯人につながる大きなスクープをものにする。

「第二話」

10/25(日)よる10:00
10/26(月)よる10:00

「第三話」

11/1(日)よる10:00
11/2(月)よる11:00

「最終話」

11/8(日)よる10:00
11/9(月)よる11:00

スポンサーリンク

-WOWOWドラマ