ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」あらすじ、みどころ!

メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演する

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

監督は、スティーブン・スピルバーグ

 

こうくると、もう観ないわけにはいきません。

 

この映画は、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった

実在の人物たちを描いているのです。

ベトナム戦争が泥沼化して、国民の間に反戦の気運が高まっていた

1971年のアメリカが舞台。

スポンサードリンク

解説

巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープと

トム・ハンクスという名優が初共演を果たした社会派ドラマ。

 

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まって

いた1971年に、政府がひた隠しにしている真実を明らかにすべく

立ち上がった実在の人物たちを描いた作品。

 

ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書。

「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。

 

ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムは、

部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、

記事を差し止めようとする政府と戦うため、ニューヨーク・タイムズと

争いながらも連携して真実を世に出すために奮闘する。

 

アカデミー賞常連の名優コンビが圧巻の演技を披露し、緊迫と迫力に満ちた

場面展開が見るものを惹きつける。

 

立場を超えた熱い信念や絆、それぞれの思惑や葛藤が描かれ、緊張と

スピード感溢れるドラマ展開となっており、期待感が高まる。

 

スタッフ・キャスト

監督:スティーブン・スピルバーグ

脚本:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー

音楽:ジョン・ウィリアムズ

キャスト

メリル・ストリープ トム・ハンクス

 

スピルバーグ監督は「今、撮るべき作品」として、トランプ大統領就任45日後に

本作の製作を発表し、先に予定していた作品を前倒しする事を決めて撮影を敢行。

 

政府によってジャーナリズムに規制がかけられ、国の主役であるはずの国民に

真実が伝えられず、何が真実で、何が正しいのかがわからなくなってきている

現代において、「今」だからこそ伝えるべき作品と強烈なメッセージを込め、

この危機的状況に警鐘を鳴らす。

スポンサードリンク

ストーリー

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が

高まっていた1971年。

 

国防省が行ったベトナム戦争に関する分析を記録し、トップシークレット

としてきた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を

ニューヨーク・タイムズ紙がスクープするが、政府からの圧力で

差し止められてしまう。

 

アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙の

キャサリン・グラハム(ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー

(ハンクス)らとともに、ライバル紙であるニューヨーク・タイムズ紙と

争いながらも連携していく。

 

政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうとする。

予告編では、真実のため団結し、奔走するジャーナリストたちの姿が

映し出される。

 

“ベトナム戦争の嘘”を暴く記事をなんとしても掲載しようとするグラハムは、

「女性で臆病だ」と言われながらも政府に闘いを挑み続ける。

 

記事を掲載して政府との裁判に負ければ、会社は潰れ、全員刑務所行き

という状況下で、ブラッドリーは

「この記事を諦めれば“自由の火”が消える!」とグラハムを鼓舞。

2人が人生を賭けた決断を下す・・・・・。

 

その結果は?

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は2018年3月公開。

 

 

スポンサードリンク

-洋画