ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」の見どころ、あらすじ!!

高嶋哲夫が2001年に発表した小説「都庁爆破!」を基にしたドラマが

2018年1月2日にTBSで放送される。

長谷川博己、吉川晃司、リリー・フランキー、寺島しのぶ、渡部篤郎らが

出演する。

 

「もし、東京でテロが起きてしまったら?」

「大切な人が巻き込まれてしまったら?」を描く本作。

クリスマスイブに都庁が突然火を噴き、展望台にいた客がテロリストたちに

人質に取られる。

 

都庁を爆破したテロ組織IF(アイエフ)は日本政府に要求を突きつけるが、

その主導権を巡って政府と東京都は対立する。

そんな中、家族を人質にされた一人の男が妻と娘を助けるために

テロ組織に立ち向かっていく。

 

元自衛官でテロ組織に挑んでいく本郷裕二役を務めるのは映画『シン・ゴジラ』

で内閣官房副長官の矢口蘭堂にふんしていた長谷川博己。

 

このトラマは、テロの恐怖に立ち向かう人々の姿を通して、親子愛、

夫婦愛、友情の尊さを描き出す。

スポンサードリンク

ドラマの見どころ

津波や原発による現代日本のパニックをこれらが起こる前から

小説で訴えてきた作家・高嶋哲夫が2001年に発表した「都庁爆破!」を

原作としたドラマだ。

 

家族を人質にされ、夫として、父親として、自信を無くしていた男が

家族の絆を取り戻すため、国際テロリストに立ち向かう!

「長谷川博己」対「渡部篤郎」の闘いに吉川晃司が絡む。

 

都民第一の都知事対総理の主導権争い。

「寺島しのぶ」対「スリリー・フランキー」の攻防戦。

 

これからも世界中で、起こりうるテロや災害などに対して、

実際の危機管理はどうなるのかというシュミレーションを

リアルに体験できるドラマでもある。

 

また、実際に起きても不思議ではない今の世界情勢に対して警告する

ドラマでもあると思います。

キャストのリアルティーある演技によって、観る人の危機意識を促し、

また、国の小さな単位である家族の結びつきの大切さや感動も伝えて

いくのではないかと思います。

期待することの多いドラマといえます。

 

ストーリー

2017年12月24日、華やかな賑わいを見せるクリスマスイブの新宿。

元自衛官の本郷(長谷川博己)は都庁の展望台を見学に行く妻と娘と別れ、

友人で米国国防総省の担当次官・ケイン高村(吉川晃司)と会っていた。

 

かつて紛争地帯で本郷に部下を救われたことのあるケインは、本郷が自衛隊を

退官した理由を尋ねる。

口を濁す本郷。彼はあることがきっかけで仕事に対して自信を失い、

同時にこんな自分が家族を幸せにできるのかという悩みを抱えていた。

 

そのとき、新宿の街に轟音がとどろいた!

外に飛び出した本郷とケインは信じられない光景を目の当たりにする。

都庁の建物が爆発したのだ!!

 

パニックの中、都庁へ向かう本郷とケイン。

妻と娘の安否は?

焦る本郷は、最悪の事態に陥っていることを知る。

 

都庁はエム(渡部篤郎)と呼ばれる狂信的な支持者を集めるテロリストを

中心とする国際的なテロリスト集団IF(アイエフ)により爆破され、

展望室にいた本郷の妻と娘を含む一般客が人質にされていた。

「パパが助けに来てくれる」と娘が信じていると知った本郷は、

ケインと共に都庁に潜入する決心をする。

 

IFは犯行声明を発表し、日本政府に要求を突きつける。

聞き入れられない場合、都庁に仕掛けた爆弾をさらに爆発させるという。

大池都知事(寺島しのぶ)は対策本部を立ち上げるが、

御園総理(リリー・フランキー)は政府主導で対応を行うと言い、

両者は対立する。

 

しかしIFは首都・東京を巻き込んでさらに恐ろしいテロを起こそうとしていた。

スポンサードリンク

キャスト

本郷裕二 / 長谷川博己

元自衛官。

「人の命を守りたい」「国を守りたい」という強い思いで自衛官になったが、

ある事件を機に退官。

人生に対し熱意がなくなり失意の中にいる自分が妻と娘を幸せにできるのか、

と悩んでいる。自衛隊では爆弾処理隊の隊長だった。

 

ケイン高村 / 吉川晃司

アメリカで生まれ育った日系三世で、米軍、CIAを経て、米国国防総省の

担当情報次官。

頭脳明晰。冷静沈着。

かつてイラク派遣時に本郷がケインの部下を助けて以来、友人関係が続いている。

ある情報を得て、日本にやってきた。

 

御園朔太郎 / リリー・フランキー

内閣総理大臣。政治家一族に生まれる。

都民人気におされた都知事の強硬姿勢に辟易しており、テロ対策の主導権を

自ら握ろうとする。

 

大池由紀子 / 寺島しのぶ

東京都知事。

強い女性政治家像を打ち出した人気政治家。

圧倒的な支持率を武器に、常識にとらわれない政策を次々と打ち出している。

 

エム / 渡部篤郎

狂信的な支持者を集めるテロリスト。

国際的なテロリスト集団IFの中心人物。

カリスマ的な統率力を持ち、これまでにも数々の国際的なテロを企ててきた。

 

コメント

長谷川博己

・本郷裕二という役どころについて

PKO活動中に起きた事故により心に傷を負い、本来の職務から離れた

元自衛官の役です。

虚無感に苛まれた本郷が、東京で起きたテロにより、家族や人、

そして国家に対する思いがどの様に変化していくのか、役を通して

私自身も体験していきたいと思います。

・長谷川さんが考えるこのドラマの見どころは?

目を背けたくなる現実を前にした時、人々はどういう選択をするのか?

決して他人事ではないこの悪夢は、視聴者の皆様にも問いかける作品に

なるのでは。

・視聴者へのメッセージをお願いします

新年早々、過激で、息もつかせぬエンターテイメント作品をお見せできる

ようスタッフキャスト一丸となって努力したいと思います。お楽しみに。

 

吉川晃司

長谷川くんはドラマで一緒になったことがあるのですが、芝居はそんなに

絡みがなくて。

けれど共通の知り合いがいるので、以前から知っているんです。

彼の持っている色はちょっとアーティスティック。

カッコイイヤツだなあと思ってたので、今回一緒にやれるのが楽しみです。

 

長谷川くん演じる本郷は、キャラクターとしては彼よりまっすぐだと

思うので、僕が演じるケインはちょっとねじれてた方がいいかなと思っています。

日本で生まれ育ったわけじゃないので「和を以って貴しと為す」ようなところは

ないんじゃないかな。

 

このドラマは、国の舵を取る方たちにぜひ見ていただきたいですね。

こういう世の中ですから、みなさんがスカッとするようなドラマになると

いいなと思っています。

 

寺島しのぶ

・強い女性リーダーを演じてみて

性別に関係なくリーダーになるということは大変な責任があることなのだと

実感しました。

・視聴者へのメッセージをお願いします

お正月から危機的なドラマですが、そこの裏にある人間それぞれの模様を

視聴者の方に読み取っていただけると幸いです。

 

渡部篤郎

日本ではあまり考えられない題材ですが、海外ではよく見かける題材だと

思います。

リアリティをどう見せるかが、出演者、スタッフの力の出しどころだと思います。

 

実際にはあってはならない事ですが、エンターテインメントとして、

見ごたえのある作品にしたいと思います。

 

企画・プロデュース 伊與田英徳

15年前にこの原作を読んだ時、アメリカのテロの後だったこともあって

「もし、日本でこんなことが起きたら」とハラハラドキドキしながら

ラストまで一気に読んだことを、今でも覚えています。

 

いつか映像化をしたいと思い続け、来年の新春、その思いを実現することが

できます。

素晴らしいキャスト、スタッフにも恵まれ、今からワクワクしています。

皆さんも楽しみにお待ちいただけたらと思います。

 

今年ブームとなった、都民ファーストの会の将来を予測するような設定。

シンゴジラで、一躍有名となった長谷川博己。

うまく流行に乗って注目されるか期待されるドラマです。

 

新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」はTBSで18年1月2日午後9時から放送。

スポンサードリンク

 

 

-ドラマ