ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

トム・クルーズ、『バリー・シール/アメリカをはめた男』で実在の男を演じる!

トム・クルーズが主演を務める『BARRY SEAL(原題)』の

邦題が『バリー・シール/アメリカをはめた男』に決まり、

今年10月に日本公開することが決定した。

 

主人公のバリー・シールは、ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、

同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円も荒稼ぎした男。

破天荒で天才的ながら、誰からも愛される才能と愛きょうを持ち合わせた

人物だ。

スポンサードリンク

ストーリー

『バリー・シール/アメリカをはめた男』の主人公は、

天才的な操縦技術を駆使する民間航空会社のパイロットだったバリー・シール。

ある日、彼の前にCIAのエージェントがスカウトへ現れ、極秘作戦で偵察機の

パイロットを任されるも、その過程で麻薬王であるパブロ・エスコバルらと

接触し、麻薬の運び屋としても天才的な才能を見せ始める。

 

ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで

数十億円の荒稼ぎをするバリー。

しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

 

サングラスをかけたパイロット姿からは代表作である『トップガン』を

連想されるが、フライトシーンをスタントなしで挑んだという

トム・クルーズの挑戦に、本作のダグ・リーマン監督も

「開いた口がふさがらないほど、大胆不敵」とコメントを残している。

 

また、これまでに演じてこなかったような奇抜な役柄に、

トムの印象を語るダグ・リーマン監督は

「髪が完璧でないトムなんてお目にかかったことがないだろう?

インターネットで髪が乱れたトムを探してみるといい!

今回はその正反対のキャラクターだ。

彼はそういう部分をまったく躊躇することなく、受け入れたんだよ」

と語っている。

 

見どころ

『トップガン』を彷彿させるパイロットサングラスをかけて飛行機を

操縦するバリーの姿を映し出す。

その後、バリーはCIAエージェントから勧誘を受け、“天才な麻薬の運び屋”

へと変貌を遂げていき、さらには麻薬王とも繋がりを持ち、家族を全く

顧みずに悪の限りを尽くしてしまう。

 

家中が札束だらけで邪魔になる程の巨万の富を手にしたバリーだが、

彼はアメリカ史に残る最大の秘密工作に携わっていくことになる…。

果たして、全米史上最もぶっ飛んだ男の数奇な人生は、どんな結末を

迎えるのだろうか。

 

飛行機での逃走シーンを始めとする怒涛のクライム・アクションや、

美女とのロマンス、CIAや巨大麻薬組織、麻薬取締局との息詰まるドラマ、

策略、攻防、そして数多くのコメディシーンなど、トムの新たな魅力が

爆発している本作は必見だ。

 

 

これまで35年以上にわたってハリウッドのトップに君臨し続けるトムが、

金におぼれ悪事に染まっていくバリーを泥臭く、かつユーモアたっぷりに好演。

予告では冒頭の飛行機と自転車による逃走劇などのアクションや、美女との

ラブロマンス、麻薬をめぐる緊迫のクライムサスペンス、ウィットに富んだ

軽快なコメディなどがふんだんに盛り込まれており、クルーズの魅力を大いに

堪能することができる。

 

トム・クルーズほか、「アバウト・タイム 愛おしい時間について」

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のドーナル・グリーソン、

「21オーバー 最初の二日酔い」のサラ・ライトらが共演している。

 

映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、

2017年10月全国ロードショー。

 

 

スポンサードリンク

 

-洋画