ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

名作

ショーン・コネリー「007/ロシアより愛をこめて」(1963)

ロシア

007/ロシアより愛をこめて」(1963)

007シリーズ第2作。「007/ゴールドフィンガー」とともに評価の高い作品。

犯罪組織スペクターのボンド抹殺計画。

ソ連の女性秘密情報員(ダニエラ・ビアンキ)の正体は?

オリエント急行内での殺し屋との対決、ヘリの銃撃戦、

快速艇のハードアクションなど見せ場がたくさん。

 

監督 テレンス・ヤング

キャスト

ショーンコネリー

ダニエラ・ビアンキ

ロバート・ショウ

解説

原作はイアン・フレミングのベストセラー小説だが、こういう映画では、ストーリーはあまり意味がない。

イギリスの情報部員ボンドがどんな活躍を見せるのか。

そのスリルが面白い。

タイトル、音楽のすべてがドキドキする。

ショーン・コネリーは、「007の男」といわれるのがいやでそのうちに主役を降りてしまいますが、何といってもボンド役はショーンコネリーがぴったりです。

彼を大スターにした作品です。

何度見ても、ワクワクする映画です。

映画の面白さがあふれる作品です。

 

-名作