ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

向井理、斎藤工、W主演の「アキラとあきら」あらすじ、みどころ

WOWOW 連続ドラマW「アキラとあきら」、池井戸潤原作

向井理と斎藤工が、池井戸潤の原作の連続ドラマW「アキラとあきら」

でW主演をする。

同じ名を持つ、自らの意志で人生を選んできたエリートと自らの能力で

人生を切り開いてきた天才をそれぞれが演じる。

 

「半沢直樹」「下町ロケット」などの人気作家、池井戸潤の小説

「アキラとあきら」が、WOWOWで連ドラ化される。

バブル経済とその崩壊、激動の時代を舞台に、大企業の御曹司として

約束された次期社長という宿命にあらがう彬、かたや父の会社の倒産、

夜逃げなど過酷な運命に翻弄されながらも理想を追求する瑛、

同じ名前を持つ対照的な2人のエリート青年の物語が展開する。

 

本作は、月間小説誌「問題小説」(徳間書店刊)で2006年から2009年に

かけて連載された作品で、5月31日の文庫本発売にあたってドラマ化が決定。

池井戸原作の「連続ドラマW 下町ロケット」(2011)を手掛けた

水谷俊之、鈴木浩介(監督)、前川洋一(脚本家)が集結する。

スポンサードリンク

あらすじ

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行では新人研修が行なわれていた。

その最終行程は成績優秀だった2チームが行なう実践形式の融資戦略研修。

それぞれのチームの代表は、東京大学出身同士の階堂彬(向井理)と

山崎瑛(斎藤工)。

 

彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側

になり、後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げた。

 

日本有数の大企業・東海郵船の御曹司として生まれ、王道を歩んできた

エリート、階堂彬。

父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、山崎瑛。

2人はそれぞれの力で人生を切り開き、同じ産業中央銀行に入行した。

実は2人の人生は、これまでにも何度か交差していたが、2人はまだ

その事実に気づいていない。

良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、バンカーとして

苦難を乗り越えていく2人。

そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が2人に降り掛かる。

 

原作は、池井戸氏が徳間書店発行の月刊「問題小説」にて2006年から2009年

にかけて連載していた小説。

これまで単行本化されていなかった同作が、大幅な加筆修正を加え、

5月31日(予定)にオリジナル文庫として刊行されることに合わせ、

異例の速さでドラマ化される。

 

WOWOWが連続ドラマWとして池井戸作品を手掛けるのは、

「空飛ぶタイヤ」(‘09/全5話)、「下町ロケット」(‘11/全5話)、

「株価暴落」(’14/全5話)に次いで4作目。

今回は、その中でも最長の全9話で制作。

スリリングな展開と重厚な人間ドラマが持ち味の池井戸作品をじっくりと

描いていく。

 

大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう

彬(あきら)を演じるのは、向井理。

一方、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、

理想を育んだ瑛(あきら)には、俳優としてだけではなく、映画監督、

映画情報番組「映画工房」の司会など幅広い分野で活躍する斎藤工。

W主演の2人は、ともに連続ドラマW初登場となる。

 

この2人の人生は、幼少期から青年期にかけて何かに導かれるように交錯する。

反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…

そうした人生の選択のキーワードを盛り込みながら、バブル経済と

その崩壊という激動の時代を背景に、「アキラとあきら」の“宿命”の

ドラマが展開する。

スポンサードリンク

【向井理 コメント】

-WOWOWの『連続ドラマW』初出演についての感想

長いことWOWOWを視聴者として見ていましたし、特にドラマWはいつも

観ていたので、出演させていただくことは素直に嬉しいです。

出演する事が目標の一つでもあったので、撮影が本当に楽しみです。

 

-池井戸潤原作のドラマに初出演する思いについて

池井戸さんご自身のご経験からいつもとてもリアリティがあり、

尚且つエンターテインメント性もある作品なのでとても楽しみでした。

また、本作のような同世代の友情、そして一見するとライバル関係、

主人公二人のタイプが違うからこそお互いが認め合うお話は今までに

なかったと思うのでとても新鮮です。

 

-斎藤工との共演について

共演するのは本作で4作目になりますし、同じ年でプライベートでも

話はしています。

初めての時は変な人だなって思って見てました(笑)。

しっかりと対峙して二人芝居に挑戦するのは本作が初めてで不思議な感じ

ですが、楽しんでやれればと思います。

 

-視聴者へのメッセージ

職業物の骨太なストーリーとエンターテインメントの要素、そしてすごく

芯の通った作品だと思います。

WOWOWに初めて出演させていただきますし、最後まで楽しんで見ていただける

よう、とにかく気合を入れて頑張っております。

また、ドラマを通して僕も銀行について初めて知った部分が沢山あります。

僕の叔父はまさにこの時代に銀行員でしたので、色んな話を聞いて現場に

臨んでいます。

また、バブルを境に価値観やファッションなど日本は変わったと思いますが、

今回スーツも時代に合わせて太さやディティールにこだわっています。

リアリティとエンターテインメントの両方を楽しんでいただけると思います。

 

【斎藤工 コメント】

-WOWOWの『連続ドラマW』初出演についての感想

WOWOWではずっと「映画工房」という番組でナビゲーターを務めさせて

頂いていますが、一視聴者として、WOWOW制作のドラマには映画のような

作品が多いと思っていました。

俳優として自分自身も、いつかそこに触れてみたいと感じていたので、

今回ご出演させていただけることは非常に光栄です。

 

-池井戸潤原作のドラマに初出演する思いについて

原作本がこれから発売されるというのは非常に珍しい機会ですし、

本作では池井戸さんご自身のご経験も含んでバブル時代を経た日本が描かれて

いるかと思います。

その映像化作品に出演させていただくことに何か特別な意味を感じていて、

去年でも来年でもなく今、出会うべき作品だなと思っています。

 

-向井理との共演について

俳優をされている方々の中で数少ない同学年です(笑)。

向井さんは客観性を持っていて良い意味でクールな部分もあり、

階堂彬に通じているところがあると思います。

また、俳優としての彼の歩みの奥に隠れたうごめくものが同時にあるなと

感じています。

彼自身がどういう道を歩んできて、そしてどこにいくのか興味がありますし、

そうした中で今回、初めて深く関わっていけることはとても楽しみな現場です。

 

-視聴者へのメッセージ

このドラマは2時間に集約できない映画に関わっている感覚がすごくあります。

また、根が太くて強いところから始まっているので、風が吹いたり、

雨が降ったり、太陽を浴び過ぎても、根がしっかりしている体制の中で

臨めるということは現場としてとても幸せです。

その想いがそのまま作品に宿ると思いますし、日本の特別な時期を描く中で、

その時代を見て、ぜひ今と未来が見える体験をしてほしいです。

僕ら自身が実際に体感させていただいているように、視聴者の方々にも

しっかりリンクするテーマだと思っています。

 

【池井戸潤 コメント】

『アキラとあきら』は10年以上前に書き、眠っていた作品です。

今回それを「発掘」していただき、WOWOW「連続ドラマW」の一作品として

クオリティの高いヒューマンドラマとして世に出せることは、喜びに堪えません。

出演者の皆さんの熱い演技を期待しています。

 

池井戸作品はWOWOWで「空飛ぶタイヤ」(2009)、「下町ロケット」(2011)、

「株価暴落」(2014)が連ドラ化。

今後、TBSで「陸王」が役所広司主演で連ドラ化(2017年10月期放送)、

「空飛ぶタイヤ」が長瀬智也主演で映画化(2018年公開)が決定しており、

いずれも期待される。

 

『連続ドラマW アキラとあきら』は、7月にWOWOWで放送される。

そして、原作は大幅な加筆修正を加えて、5月31日に文庫判で刊行予定。

楽しみに。

スポンサードリンク

 

 

-ドラマ