ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

真木よう子、恋に悩むアラサー演じる!

2014/09/27

 

まき
 

真木よう子が、映画脳内ポイズンベリー

(来年公開予定、佐藤祐市監督)で主演することになった。

 

同名の人気コミックの実写化で、真木は年下男への恋に

クヨクヨ悩むアラサー女性役に挑戦する。

 

主人公が「どうするべきか」の選択に迫られるとき、

脳内で西島秀俊、神木隆之介らが会議を繰り広げ、

行動を決定づけるという奇想天外なストーリーになっており、

豪華な“脳内競演”が話題を呼びそう。

 

真木の脳内を西島が支配する!? 

 

昨年の映画賞レースを総なめにした「さよなら渓谷」以来と

なる真木の主演映画は、超奇抜なラブコメディーだ。

 

「脳内ポイズンベリー」は今年1月期にフジテレビ系で

連ドラ化された「失恋ショコラティエ」などでの原作で

知られる売れっ子漫画家・水城せとな氏の同名漫画が原作。

 

駆け出しのケータイ小説家・櫻井いちこ(真木)が偶然、

遭遇した意中の年下男子・早乙女(古川雄輝)との恋を

始めるか否か?

 

優しい草食男子・越智(成河)を選ぶか?

など駆け引きの度に、脳内で西島らが会議を繰り広げていく

というストーリーになっている。

 

真木は、常にクヨクヨする悩めるアラサー・いちこ役に

「役と自分の性格がかけ離れていて『これは挑戦だな』と

思いました」と苦笑い。

 

「役をつかみきれていない部分が多く“脳内会議”でいうと

ネガティブな自分が出てきそうですが、そこを踏ん張って、

何事もポジティブに考えて、気合を入れて頑張っていこうと

思っています」と前向きにとらえている。

 

真木の脳内にすみ、会議では議長を務める吉田役の西島は

「“真木よう子さんの頭の中で会議をする人”という今まで

にない設定の役で、原作もとても面白く読ませていただきま

した」と意欲的。

 

「MOZU」に引き続いての共演となるが「『MOZU』とは

180度違うテイストの話で、お互いに全く違う性格の役なの

で、新たな一面を見られるのではないかと思っています」と

思いを込めた。

 

変わった設定の映画になりそうで、今から楽しみですね。

 

-洋画
-