ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

実話映画「バーニング・オーシャン」あらすじ、みどころ

海底油田爆発事故を大スケールで映画化した『バーニング・オーシャン』が

2017年4月に日本公開される。

2010年4月20日の大爆発から、7月16日の流出停止まで、約3ヵ月にわたって

全世界が注視した[メキシコ湾原油流出事故]を描く作品。

スポンサードリンク

解禁となった、『バーニング・オーシャン』の特報をみると。

正常に作動していたはずの計器の針が、けたたましい警報を鳴らして

レッドゾーンに到達した直後、水深1522メートルの採掘口につながった

バルブから、突如として濁った海水と原油が噴出。

 

近くにいた作業員たちが吹き飛ばされてしまう。

また、火炎に包まれた“ディープウォーター・ホライゾン”の内部を、

ウィリアムズが必死の形相で歩く姿もとらえており、緊迫感に満ちた

物語を予感させる仕上がりになっている。

 

スタッフ

監督は『ローン・サバイバー』、『バトルシップ』など、リアルな

アクション描写に定評のあるピーター・バーグ。

見る者がまるでその場にいるかのような迫力の映像を作り上げた。

更に、人為的ミスの連鎖、親会社と下請け会社の確執など、大事故へと

つながる小さな原因の積み重ねを緊張感たっぷりに描いている。

 

キャスト

「ローン・サバイバー」でバーグ監督とタッグを組んだ

マーク・ウォールバーグが主演を務め、石油掘削施設の技師

マイク・ウィリアムズ役を演じる。

 

カート・ラッセル、ジョン・マルコビッチ、ケイト・ハドソンら

実力派キャストのほか、「メイズ・ランナー」のディラン・オブライエン、

コメディドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」で

第72回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したジーナ・ロドリゲスら

若手注目株も出演している。

スポンサードリンク

ストーリー

2010年4月20日、いつもと変わらない朝だった。

しかしその日は、アメリカ史上“最悪の日”となる。

マイク・ウィリアムズ(マーク・ウォールバーグ)を乗せたヘリコプターは、

メキシコ湾沖80キロに位置する石油採掘施設、

[ディープウォーター・ホライゾン]へと向かう。

施設は安全に操業しているはずだった。

 

だが、「工事が50日も遅れているぞ」と言うヴィドリン(マルコヴィッチ)は、

工事の再開を迫る。

施設責任者ジミー(カート・ラッセル)は、「安全テストが終わっていない」と

応じるが、返事は「問題はない」とにべもない。

 

やがて、正常に作動していたはずの計器が、けたたましい警報と共に

レッドゾーンを突き破る。

直後、水深1,522メートルの採掘口につながったバルブから、突如として

濁った海水と原油が溢れ出す。

 

そして、掘削中の海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発し、

海上に浮かぶ石油発掘施設[ディープウォーター・ホライゾン]は炎に包まれる。

被害の拡大を食い止めようとする作業員たちの奮闘と、決死の脱出劇を

壮大なスケールで描き出している。

 

【メキシコ湾原油流出事故】

2010年4月20日にメキシコ湾沖合80km、水深1,522mの海上で海底油田掘削

作業中だった石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”で、

技術的不手際から掘削中の海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発し、

海底へ伸びる5500mの掘削パイプが折れて大量の原油がメキシコ湾へ流出した

事故。

 

7月16日までの原油流出量は約78万キロリットル(490万バレル)である。

被害規模は数百億USドルとされる。

 

【石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”】

“ディープウォーター・ホライゾン”は自動船位保持装置を備えた

半潜水式の石油プラットフォームで、海に浮きながら自動で位置を調節し、

大水深の海底から石油を掘削することができる。

 

「バーニング・オーシャン」は、17年4月から全国順次公開。


スポンサードリンク

 

-洋画