ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

邦画

『アウトレイジ 最終章』あらすじ、キャスト

2017/02/17

北野武監督(69)が、裏社会の男たちの抗争を描き人気を集めた

『アウトレイジ』シリーズの新作にして完結作『アウトレイジ 最終章』が、

2017年に公開される。

 

“全員悪人 完結。”と謳われた前作『アウトレイジ ビヨンド』から5年、

現在制作に励む北野監督は

「シリーズ3作目でいろんなことを盛りだくさんにやっているけど、

やっぱり俺の映画になっちゃうよな」とコメントを寄せている。

 

過激なバイオレンスシーンも話題となった『アウトレイジ』は、

北野監督が初めて手がけたシリーズプロジェクト。

2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、

シリーズ累計興収22億円超を記録した。

スポンサードリンク

最終章では『アウトレイジ ビヨンド』の“その後”が描かれる予定で、

前作に引き続き「大友組」元組長・大友役にビートたけし、

関西最大の組織「花菱会」幹部・西野役に西田敏行、同・中田役に塩見三省、

関東の組織「山王会」白山役に名高達男、五味役に光石研、

組織を追う警察・平山役に中村育二、同・繁田役に松重豊、

韓国大物フィクサーの側近・李役で白竜ら生き残ったキャストの出演が

決定している。

 

森昌行プロデューサーは「北野映画の本流を感じさせる作品です」と

自信をにじませ、「歯止めがきかない権力闘争の中で、憎しみや悲しみを

描きながらも、エンターテインメントとして充分楽しめる娯楽作品に

仕上がると思います」と話している。

 

3作目となる『アウトレイジ最終章』には“最終章”の文字があることから、

今回で一連のシリーズは完結を見せるものと思われます。

『アウトレイジ最終章』はどのような終焉を迎えるのか、

とても気になるところです。

 

2010年公開の『アウトレイジ』では、巨大組織である山王会の内部抗争を、

2012年の『アウトレイジ ビヨンド』では、関東の山王会と関西の花菱会との

巨大抗争を描いた北野。

最終章は前作以上に強烈なキャラクターを巻き込み、さらに大規模な抗争が

予想されます。

 

監督・主演はもちろん北野武

 

最終章『アウトレイジ』の監督・主演は、過去の2作品でも同じく監督と主演を

務めた北野武です。

本シリーズは、まったく新しいヤクザ映画であり、「バイオレンスエンターテイ

メントの世界を表現したい」とインタビューで語っていた北野。

自身が手掛けた作品の中でも、最もエンターテイメント色の強い作品、

とも述べています。

 

『アウトレイジ』のストーリーを復習してみます。

アウトレイジ

関東で最も巨大な勢力を誇る暴力団である山王会の会長、関内は

池元組と村瀬組が協力していることを快く思わず、なんとか二つの組の中を

裂こうとし、池本組に対して、村瀬組に制裁を加えることを命令する。

兄弟杯をかわした間柄の組に危害を与えたくない池元組は、配下にある

大友組に村瀬組の制裁を命じる。

 

大友組は村瀬組の経営するバーに組員の岡崎を客として潜り込ませ、

村瀬組の組員飯塚を事務所におびき出す。

そして後日、飯塚の責任を取って謝罪に来た村瀬組の木村に、指詰めの

強要や顔に傷をつけるなどの暴力行為に出たのだ。

 

大友組に復讐心を燃やした木村は、岡崎を殺害する。

これがきっかけとなって抗争が勃発するのだ。

村瀬は脅しを受け、引退、村瀬組は解散する。

 

解散後、元村瀬組の組員からグバナン大使館での麻薬の密売の話を

聞きつけた大友は、良い儲け話になると思い闇カジノを提案。

大使を脅して密売を認めさせる。

元村瀬組組長、村瀬が麻薬との関りがあることがわかり、危惧した池元は

大友に殺害を命令する。

 

村瀬殺害後、騒動が大きくなり警察が介入してくる。

騒動の引き金となった大友は破門にされてしまうのだが、納得がいかず

山王会会長関内に直訴する。

しかし、村瀬殺害の件は池元の独断であるとごまかされてしまう。

 

関内会長が裏で大友を消そうとしていることをかぎつけた刑事の片岡は、

大友に出頭を進め服役させることに。

しかし、大友は恨みを持ち続けていた木村に獄中で刺されてしまう。

 

二作目『アウトレイジ ビヨンド』のストーリーも復習!

アウトレイジ ビヨンド

内部抗争の後、さらに規模と影響力を拡大し続ける巨大な暴力団、山王会。

山王会大友組の石原は、その金儲けのスキルを買われ、若頭まで出世する。

 

その後政治スキャンダルの発覚で、山王会の影響力を危惧した警察が動き出し

片岡刑事が担当する。

片岡は、山王会の勢力を抑えるため関西の巨大暴力団花菱会に助けを求め、

山王会トップの加藤を滅ぼすように持ち掛けるが、花菱会は、陰で山王会と

繋がっていたのだ。

 

目論見が敗れた片岡は、出所してきた大友に声をかける。

また、前作で大友を恨んで障害事件を起こしてしまった木村もそそのかし、

二人をうまく操って一連の問題の解決をさせようと企むのだ。

 

片岡に言いくるめられた大友と木村は和解し結託、花菱会に近づいて

山王会をつぶそうとする。

花菱会は山王会の先代会長である関内の死の真相を組員に語らせ、

加藤にこれは石原のせいだと密告し、山王会全体を不穏な空気に巻き込んでいく。

 

関東の山王会と関西の花菱会の巨大抗争が起こったことを満足げな表情で

眺める片岡。

大きな組同士が互いにつぶしあってくれれば、自分の手を汚すことなく

手柄を立てることができる、そう考えたのだ。

 

しかし、そのたくらみはすべて大友に見抜かれており、片岡は憤慨した

大友に射殺されてしまうのだ。

 

二作目で活躍、または初登場したキャスト陣たちは??

刑事・片岡/小日向文世

花菱会に助けを求める汚職刑事、片岡役を演じたのは小日向文世です。

前作『アウトレイジ』でも大友のことを先輩と慕い、思わせぶりな言動が

目を引くキャラクターでしたが、今作『アウトレイジ ビヨンド』では

さらに存在感が増し、大友を陰で操る様な不敵な行動を見せている。

 

刑事・繁田/松重豊

松重豊は片岡と行動を共にしている刑事繁田を演じました。

2012年から放送されているドラマ『孤独のグルメ』で初の主演を務め、

このドラマは第5作まで続く人気シリーズとなりました。

 

花菱会若頭・西野/西田敏行

花菱会若頭、西野を演じるのは西田敏行。

1988年に公開された映画『釣りバカ日誌』は、20作続く長寿人気シリーズ

となりました。

2015年にはドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』で

鈴木一之助を演じて、話題になりました。

 

花菱会幹部・中田/塩見三省

塩見三省は、1975年に演劇集団 円に入団し、数々の舞台を踏みます。

その後は徐々に活動の場を広げ、テレビドラマや映画作品にも多数出演

しています。

今作『アウトレイジ ビヨンド』の強烈な存在感が話題を呼び、

2014年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』での「琥珀の勉さん」

こと小田勉役でも人気を得ました。

 

待望の『アウトレイジ最終章』は2017年公開決定!

スポンサードリンク

『アウトレイジ』『アウトレイジ ビヨンド』のキャストを整理

【大友組】

大友率いる生粋の武闘派集団。魅力的な子分が揃っている割には

トップ4人くらいしか大した活躍を見せなかった。

池元の下請けになってしまったせいで崩壊へと追い込まれる。

 

大友/ビートたけし

大友組組長。武闘派で情に厚い昔かたぎのヤクザ。

無能な上司の池元から汚れ仕事を丸投げされた挙句、責任を押し付けられ、

指を詰めされられ、会長には騙され、片岡に殴られ、石原には裏切られ、

部下は全滅させられ、木村に刺される。

続編で復活して山王会への復讐に着手する。

 

水野/椎名桔平

大友組若頭。冷笑と怒号を使い分けるプロ。

言うまでもなくスタイリッシュでカッコいいのだが、警察署前でタバコを

捨てたら怒られる、拉致されて虚勢を張るも「ここで何すんだよ……」と

怯える等、あえて情けない一面も強調されている。

石原が大嫌いなのでサングラスを蹴っ飛ばした結果、裏切りにあって

殺された。

 

石原/加瀬亮

大友組金庫番。体育会系のブラック体質な池元・大友組に嫌気がさし、

上司部下問わず裏切りまくってのし上がる現代の文系ヤクザ。

闇取引、カジノ、株売買など頭脳を駆使する。英語もペラペラ。

グバナン大使を徹底的にいじめ抜いた極悪非道だが本作では生き残り、

本家の金庫番となる。続編では小心者で吠えまくるチワワになってしまった。

 

安倍/森永健司

大友組幹部。いかつい。武闘派。

淡々と仕事をこなすが、逆にこれと言った見せ場もなくあっさり犬死に。

 

上田/三浦誠己

大友組組員。主に恫喝などを担当。

他にもヤクの売人を洗ったり、カジノの上がりを上納したり、

グバナン大使を脅したり、色々とやってる。

本家の下っ端による手榴弾であっけなく犬死にした。

 

岡崎/坂田聡

大友組組員。

アウトレイジファンの間でもはや伝説となっているリーマンヤクザ。

この映画の発端となった事件の仕掛け人だが、実はたまたま引っかかった

だけ説も出ている。

飯塚を事務所に招待した際の顔の変貌には定評がある。

村瀬組組員のリンチを受けて最初の犠牲者となった。

 

江本/柄本時生

大友組組員。岡崎の側近でありながらうっかり眠りこけてしまい、

その際に岡崎が殺害されたため、水野からボコボコにされる。

終盤には組員が次々と殺害され、追い詰められて売上金を抱えたまま

自殺しようと思ったらいきなり登場した本家のハゲに銃殺されて犬死に。

 

【村瀬組】

山王会に属していない貧弱集団。

ぼったくりバーやヤクの売買などで細々と暮らしている零細企業。

池元に利用されて散々な目に合う。

 

村瀬/石橋蓮司

村瀬組組長。池元の兄弟分。

池元を使って山王会の傘下に入ろうとしたのが運のつき、

抗争に巻き込まれ、金をせびられ、部下は言うこと聞かず、盃はもらえず、

引退に追い込まれ、最後はサウナで全裸のまま銃殺された。

 

木村/中野英雄

村瀬組若頭。大友組の策略にはまってしまい、カッターで顔を切られ、

腹いせに岡崎をリンチして殺した。

水野の銃撃から逃げ切った中盤以降は堅気になって姿を見せなかったが、

最後の最後に服役してきた大友をナイフで刺し、復讐を果たす。

 

飯塚/塚本高史

村瀬組組員。ぼったくりバーのポン引き。

大友組の策略にはまり、指を詰めさせられる。

腹いせに木村と共に岡崎をリンチして殺害したが、逃げる道中、

新幹線にて大友組のヒットマンに殺される。

 

佐山/芹沢礼多

村瀬組組員。村瀬組のヤクの元締めだったが、池元組にシマを奪われる。

サウナで村瀬と共に大友に殺害される。

 

【池元組】

山王会直参。抗争の発端。組員はあまり出てきていないが、

ある意味では大友組以上の武闘派集団。

 

池元/國村隼

池元組組長。村瀬と兄弟になってヤクの金をせしめようと考えたため、

会長が機嫌を損ねて抗争が発生する。

面倒な仕事は全部大友に丸投げする典型的なブラック上司ヤクザ。

自ら破門した大友のカジノにて金をせびるという言動をしたため、

ぶち切れた大友に肋骨を折られ舌を噛み切らされ銃で撃たれ死亡。

 

小沢/杉本哲太

池元組若頭。間抜けな池元をサポートする優秀な2番手キャラに見えて、

よくよく考えると何もやってない。

会長に諭され、大友と結託して池元の殺害を見逃すが、会長に

「盃欲しけりゃ大友を殺れ」と言われ今度は大友を狙うという一番タチの悪い男。

本家の加藤と協力して大友組の下っ端をほぼ全員犬死にさせるが、

あっさりと加藤に殺害される。

 

【山王会本家】

関東で1番の暴力団。

会長である関内の独断と偏見と気まぐれで壊滅状態に追い込まれたが、

加藤が何とか食い止めて立て直した

 

関内/北村総一朗

山王会会長。本作のボス。

一見穏やかだが実は腹黒く、組同士を潰し合って楽しんでいる。

案の定ナンバー2の加藤に裏切られて殺された。

 

加藤/三浦友和

山王会若頭。会長に怒られても殴られても尽くしていたが、

予想通り終盤で裏切り会長の座を奪い去った。

続編では会長の暗殺が問題となり、村瀬並みに酷い目に合う。

 

白石/名高達男

警察や花菱会に加えて、大友に壊滅させられた後の

山王会の後釜に座った花菱会の傀儡となる。

 

五味/光石研

花菱会の影響下に置かれた山王会の

若頭の椅子に収まった極道らしからぬ極道

 

【花菱会】

関西の暴力団組織

 

西野/西田敏行

アウトレイジビヨンドからの登場人物であり、

狡猾な策略を仕掛けて、下を利用する様は、今までの西田敏行が

演じてきた親しみのある役柄とは程遠い不快感を表現している。

 

中田/塩見三省)

西野と同じくアウトレイジビヨンドからの登場人物であり、

超強面の煽りと恫喝バリバリの花菱会若頭補佐。

所謂、潰し役といった感じであり、強面の塩見三省がバッチリはまっている。

 

【マル暴】

片岡/小日向文世

マル暴の刑事。大友の後輩。

うまいこと立ち回って、ヤクザからは賄賂をもらい、警察では出世する。

ボクシングは超弱いが、終盤では大友に一発お見舞いする。

続編では本庁に異動したため、関東と関西を共倒れさせるべく一人で

話を引っ掻き回す。

 

山本/貴山侑哉

マル暴の刑事。片岡の部下。

飄々と片岡の後を付いて回っていたが、ラストでは本庁に異動した

片岡の代理となって山王会と癒着。

続編では活躍を期待されたが、冒頭であっさりと殺害される。

 

【警視庁】

平山/中村育二

警視庁の組織犯罪対策部の課長を中村育二が続演。

アウトレイジビヨンドでは、かなり地味な役回りだったが、

アウトレイジ 最終章ではどうなるのか。

 

繁田/松重豊

ヤクザ大嫌いのマル暴刑事だが、

非常に実直で真面目な役柄を松重豊が続演するという。

 

【大友の関係】

張大成/金田時男

アウトレイジビヨンドからの登場人物で、大友が若い時に何らかの関係を

もった要人。

上野の闇市を十代の頃に制したという伝説を持つ、韓国と日本を

股に掛けるフィクサー。

演ずる金田時男は俳優ではなく、ビートたけしの知人の会長職に就いている人物。

 

李/白竜

同じくアウトレイジビヨンドからの登場人物。

張の側近として働き、大友と実力行使にも協力する不気味さが際立っていた。

 

アウトレイジ最終章の公開日

アウトレイジ最終章が制作されると正式に報道されたが、

具体的な公開日はまだ決定していません。

2017年の夏か秋ごろに公開が予想されます。

まだキャストも完全に決定しているわけではないので、

続報がありましたら追記していきます。

スポンサードリンク

 

-邦画