ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

日本発のSF作品『ゴースト・イン・ザ・シェル』あらすじ

世界中から注目を集めている『ゴースト・イン・ザ・シェル』。

スカーレット・ヨハンソン演じる“少佐”のティザーポスター

ビジュアルが到着した。

 

11月に行われた全世界へ向けた特大規模のローンチイベントには、

緊急来日した主演のスカーレットと監督を務めるルパート・サンダース、

さらにビートたけしも登壇し、話題を呼んだ。

イベントに併せて全世界同時解禁された予告映像は、現在、全世界で

2億回以上の再生回数を記録している。

スポンサードリンク

今回到着したティザービジュアルには、オリジナルでは“草薙素子”の

名をもつ主人公の少佐役を演じるスカーレットが全面に描かれ、

本作の世界観に合ったサイバーテイストな雰囲気が印象的なデザインと

なっている。

 

『LUCY/ルーシー』や『アベンジャーズ』シリーズなどで華麗な

アクションを披露し、観客を魅了するスカーレットは、この少佐役を

演じるにあたり、肉体的にもトレーニングを積み重ねたそうで、

「マーベル作品をやっている経験も役に立ったし、武器の使い方も覚えた

のよ。」と振り返っている。

 

本作については

「特別な想いを込めた作品よ。非日常で独特な素晴らしい世界の設定で、

視覚的にもアクション満載で圧倒されるし、生まれ変われる成長の物語

でもあるの。」と説明。

 

また、公開を待ち望んでいるファンに向けては

「私が主人公に強く共感を得たように、みなさんにも世界に入り込んで

共感して欲しいと思っているわ。ワクワクだけではなく、振り返って

もらいながら、好奇心につなげられる、深く心に響くような作品よ。」と

メッセージを寄せています。

 

キャスト

少佐の上司である荒巻役に、“映画監督・北野武”として先日、

仏レジオン・ドヌール勲章を受章するなど世界的評価を受けるビートたけし、

アニメ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」において登場した革命家である

クゼ役には、ミュージシャンとしても活躍するマイケル・ピット、

少佐の片腕ともいえるバトー役には『LUCY/ルーシー』などに出演する

ピルー・アスベック、

映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役にはフランスの名女優

ジュリエット・ビノシュが演じることが明かされている。

 

いまだ詳細なストーリーは謎に包まれているが、サイバーテロ組織との対峙や、

少佐の存在を揺るがす展開が待ち受けるという本作。

体は義体、脳だけが自分という、世界最強の捜査官=“少佐”をスカヨハが

どう演じるのか?

全世界待望のSFアクション超大作に期待したい。

スポンサードリンク

『ゴースト・イン・ザ・シェル』エクスクルーシブ・イベント

11月13日(日)、全世界へ向けた特大規模のエクスクルーシブ・イベント

では、この日を待ち望んだファンが集結するなか、音楽を担当する川井憲次

によるライブアクトで幕を開け、スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、

ルパート・サンダース監督がそれぞれ強い想い入れを語りながら本作を

世界へと発信すると、最後には最新映像(予告編)が世界初公開!

パラマウント映画が日本発の全世界向けローンチイベントを行うのは

史上初という作品のスケールの大きさを感じさせる一大イベントとなる!

 

ルパート・サンダース監督 コメント

サンダース監督は、この一大シリーズを生み出した日本へのリスペクトを込めて

「まず何よりこの作品が生まれた日本に来たかった。日本のクリエイター

たちが始めたもので、私たちが次のチャプターを開く役目だから、

彼らに誇りをもって自分たちの作品を紹介したいと思ったんだ。

リメイクではなく、リイマジニングであり、川井憲次さんも来てくれて

いるけど、最初のクリエイターたちと一緒に(このローンチイベントが)

出来て私はとても嬉しいよ。」と挨拶。

 

サンダース監督にとって本作はどんな意味を持つのかを問われると、

「これだけ世界中が支持しているものを自身で扱うことができるのは光栄な

ことなんだ。自分が気に入る作品になっているかどうかをしっかりチェック

したよ。もちろんすでに世界観が出来上がっているシリーズだから非常に

プレッシャーもあった。公の目にさらされるしね。でも映画というものは

そうやって愛されるものだから、できるだけプレッシャーは感じないように

したけどね。この仕事ができることが光栄だし、(シリーズの)次の

チャプターを自分で作れる、そして成功できる、と信じたよ。」と

自信を持って本作の製作に取り組んだことを明かした。

 

ビートたけし コメント

たけしは本作について振り返り、

「いま考えると、昔はアニメというものをバカにしていました。

AIの存在感が突出していく割に刀で切ったりとか不思議なことも

多かったんですが、この作品はようやく今の時代らしく、違和感なく

はまっていると思います。そういった作品に、自分が出られて嬉しいです。

容赦なくピストルを打つけど、でも身内には親族のように接する、

冷静な判断と冷徹な心を両方持っている男の役でした。

英語は嫌だと言ったら日本語で良いとなり、セリフ覚えが悪いとか

字が読めないとかいろいろと難癖をつけていて(笑)、しまいには、

スカーレット・ヨハンソンが俺のカンペを持っていた(笑)。

あれを写真に撮りたかった!」と驚きのエピソードを披露!

 

ハリウッドの現場について聞かれると

「自分も日本で監督をやるけれど、演出、カメラワーク、編集はすべて

ひとりでやっています。この作品はすべて担当を分けてやっていて、

ひとつの撮影にカメラが4~5台あるし、廊下を歩くだけで38カットもあった。

何故なのか監督に聞いたら、こういう画がない!という事態が無いように

していると。スカーレット・ヨハンソンは、子供のころからずっと旬だし、

テイクを重ねるたびに新鮮でプロの凄さをみましたし、自分がいかに

いつもいい加減か、ハリウッドの主役とはこういうことかと感じました。」

と日本の映画現場との違いに驚嘆したことを明かしました。

 

スカーレット・ヨハンソン コメント

「歴代最高の北米興行収入を上げた俳優」ランキングに女優で唯一ランクイン

した正真正銘のハリウッドNo.1女優スカーレット・ヨハンソンが満を持して

姿を現すと、会場の興奮はMAXに!

出演映画では14年ぶりの来日となったスカーレットは日本への愛着を語り

「本当に日本が大好きよ。前回は17歳のときだけど、馴染みを感じられたわ。」

と声を弾ませました。

 

本作には並々ならぬ想いを持って臨んだようで

「もともとこのシリーズのことは知らなかったの。脚本とアニメの映像を見て、

かなり恐ろしいものだと感じたけど、すごく哲学的だったから、実写化で

どうなっていくのか、私がどう貢献できるかを考えると魅力を感じたわ。

ルパート(ルパート・サンダース監督)に見せてもらったビジュアルが

見事だったのよ。少佐という役柄も、旅をしながらユニークな体験をして、

今の自分のなかに影=GHOSTを感じている人だから、多くの側面を演じられる

ことが魅力的だったの。演じるために肉体的にもたくさんトレーニングしたわ。

マーベル作品をやっている経験も役に立ったし、武器の使い方も覚えたのよ。」

とコメント。

 

豊富なキャリアを持つスカーレットであっても心を震わす体験だったようで

「ルパートとは初めからパートナーシップを重んじていたの。かなり大きな

熱意が必要だと思ったし、それにはしっかり協力しなくてはいけないとわかって

いたから。チームワークを強く意識したし、感じることができたわ。

たけしさんとも仕事をすることになって、これだけ偉大な方と仕事をする

ときは一歩下がって彼の仕事を観察していたわ。日本語と英語という差が

あっても、演技というのは”人間”であることなの。内面が大事だし、

感情のつながりなのよね。荒巻の存在感を感じたし、言葉は違っても多くの

感情をわかちあって、同じ映画言語で、つまり同じ言葉で話している気持ち

だったのよ。とても感動的な体験だったわ。

言葉を超越するのは美しいことだし、多様な世界で活躍する方々が参加する

このような作品に携われる良さはそこにあると思うの!」と語りました。

 

続けて、本作の撮影を振り返りながら

「本当に多くのことを学ぶことができたの。人間とかけ離れたものを演じて、

人間らしさのニュアンスを出してはいけない難しい体験だったから。内面に

複雑なものを抱えているのに外面ではそれを出せないんだから。

今までにない特別な体験よね。こういったジャンルの役を、深く突き詰めて

いけたんじゃないかしら。誇りに思っている作品よ。」と想い入れの

深い作品になったことを明かしました。

 

最後に、世界初公開となる最新映像が上映されると、期待にたがわぬ

その仕上がりに大興奮で拍手喝采!

 

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は2017年4月7日(金)公開。

公開が楽しみな作品です。

スポンサードリンク

 

-洋画