ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

主人公と完全一体化するアクション映画「ハードコア」あらすじ

96分ずっと一人称視点のハードコアアクションの映像公開!

96分の上映時間全てが一人称視点で展開するアクション映画『ハードコア』。

文字通り主人公になった気分が味わえる、アクション満載の日本版予告編が

公開された。

 

全編一人称視点のみで撮影され、FPS(ファースト・パーソン・シューター)

ゲームさながらの臨場感を感じられるアクション映画だ。

予告編では、主人公の顔は一切映らず、まるで自分が映画のなかに

飛び込んだかのような映像が展開する。

スポンサードリンク

ストーリー

主人公は謎の研究施設で目を覚ました、記憶のない男ヘンリー。

見覚えのない科学者の妻エステルに機械の腕と脚を装着され、声帯を復活

させようとしたところで、謎の組織のリーダー、エイカンがエステルを誘拐。

機械の力で超人的な身体能力手にしたヘンリーは、妻を取り戻すため

常識破りの戦いに身を投じる…。

 

予告編では、クイーンの名曲「Don't Stop Me Now」の軽快なメロディーに

乗せて、機関銃を乱射しながら車に突っ込んだり、車を爆破して後続の

バイクに飛び乗ったり、ヘリコプターから落下したりといった、実写とは

思えないハードアクションが全て一人称で進行。

 

「シンクロ率100%」の表示がさらに没入感を高め、最後はヘンリーの

OKポーズで締めくくるユーモアたっぷりの仕上がりになっている。

スポンサードリンク

キャスト

ヘンリー役は特定の役者ではなく、ナイシュラー監督を含む10人以上の

カメラマンやスタントマンが演じている。
B級アクションのノリだが、ヘンリーの相棒を『第9地区』『エリジウム』の

シャールト・コプリーが務め、妻のエステル役で

『ガール・オン・ザ・トレイン』のヘイリー・ベネットが出演している。

 

さらに名優ティム・ロスが脇を固めるなどキャストは一流。

もちろん主人公ヘンリーは観客自身だ。

監督は、長編デビューとなるロシア出身のイリヤ・ナイシュラー。

ナイシュラー監督がボーカルを務めるロックバンド「Biting Elbows」が、

2013年に楽曲「Bad Motherfucker」の一人称視点で撮影されたプロモーション

ビデオを発表。

ビデオとともにナイシュラー監督の手腕に注目が集まり、14年には

ショートフィルム「“Hardcore” Short action film」を制作、

YouTubeにアップし、今回の長編映画につながった。

 

たたみかける驚愕映像を劇場のスクリーンで観たとき、果たして観客は

どうなってしまうのか?

ありそうでなかった映像が体験できそうだ。

映画『ハードコア』は2017年4月1日より公開

(出所:シネマトゥデイ)

 

スポンサードリンク

 

-洋画