ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

ベン・アフレック監督作『夜に生きる』あらすじ!

ベン・アフレックの監督・脚本・主演作『Live By Night』が、

邦題『夜に生きる』として2017年5月より日本公開される。

原作は『ミスティック・リバー』『シャッター・アイランド』を手がけた

作家・デニス・ルヘインによる傑作ノワール小説で、エドガー賞(MWA賞)

最優秀長編賞を受賞している。

スポンサードリンク

本作はポスト・クリント・イーストウッドとして着実にキャリアを積む

アフレックが『アルゴ』以来5年ぶりに監督・主演・脚本を務めた作品で、

復讐と野心と裏切り、そして悲しくも切ない愛、激動の時代を生き抜こうと

するギャングたちの生きざまを描いた犯罪ドラマ。

 

アカデミー賞7部門にノミネートされ、作品賞始め3部門に輝く『アルゴ』の

監督・主演を務め、主演作『ザ・コンサルタント』の公開も控えるアフレック。

デニス・ルヘイン原作の作品は、アフレックの長編初監督作

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』以来二度目となる。

 

ストーリー

舞台は、禁酒法時代のボストン。

野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代に、厳格な家庭に

育ったジョーは警官幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に

入りこんでいく。

ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと出逢い恋仲となるが、

彼女は対立組織のボスの娼婦。

それは裏社会においては絶対に越えてはいけない一線であり、

ジョーの運命は大きく狂っていく…。

 

本作は、米作家デニス・ルヘイン氏のギャング小説「運命の日」と

その続編「夜に生きる」をベースにしている。

スポンサードリンク

キャスト

アフレックがジョー役で主演も兼ね、ジョーが最初に恋をする女性

(ボスの情婦でもある)エマ役をミラー、その後別の土地で出会って

結婚するグラシエラ役をサルダナ、警察署長の娘で女優を目指して

ハリウッドに行くが、ドラッグにおぼれるロレッタ役をファニングが演じる。

 

キャストには主演のアフレックのほかにエル・ファニング、

ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、シエナ・ミラー、

ゾーイ・サルダナ、クリス・クーパーらが名を連ねている。

映画『夜に生きる』は2017年5月より全国公開。

 

禁酒法時代の映画は、いずれも緊張の時代で見応えがあります。

この映画にも期待したい。

スポンサードリンク

 

-洋画