ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

ピエール瀧主演「64(ロクヨン)」

ろくよん

地方県警の広報官の視点から未解決誘拐事件の真相を描く

64(ロクヨン)

 

NHK総合

毎週土曜22:00~23:00

 

ストーリー

D県警広報官の三上義信(ピエール瀧)は、ある重傷交通事故の

加害者匿名発表問題で、記者クラブと対立していた。

そんな中、県警上層部から時効が7日後に迫った未解決事件

「翔子ちゃん誘拐殺人事件」の被害者遺族宅を警察庁長官が視察するとの

通告を受け、遺族の了承を得るとともに、記者からの質問事項を事前に

挙げるよう厳命される。

しかし、被害者の父に長官慰問を断られ、記者クラブには県警本部長に

抗議文を提出すると詰め寄られる。

組織の論理で動く上層部と記者クラブの間で板挟みになる三上は、

実は数カ月前から一人娘・あゆみが行方不明になっており、家庭でも

大きな問題を抱えていた。

 

原作:横山秀夫「64」(文春文庫)

脚本:大森寿美男

演出:井上剛

 

キャスト

ピエール瀧/三上義信

D県警の広報官。未解決事件「64」担当の元刑事。

組織の論理で動く県警上層部の傲慢な命令のため、反発する記者クラブとの間で

板挟みになる。家庭では一人娘のあゆみが消息不明になっている。

 

木村佳乃/三上美那子

義信の妻。元ミス県警に選ばれた美貌の持ち主。

容姿に極度のコンプレックスを持つ一人娘のあゆみが行方不明になり、

自宅で電話を待ち続ける。

 

新井浩文/諏訪尚人

D県警の広報室の係長。三上の部下。表向きは腰が低いが、

警察の体面や組織の論理ばかりに目を向け、内心では記者たちを

ないがしろにしている。

 

永山絢斗/秋川修次

東洋新聞記者。県警記者クラブのキャップ。

県警が加害者を匿名発表した事件で、三上と対立する。

 

山本美月/美雲志織

D県警の広報室のスタッフ。

三上を慕う部下。東洋新聞の秋川から一方的に思いを寄せられている。

 

柴田恭兵/松岡勝俊

D県警の捜査一課長。三上のかつての上司。

 

解説

2013年度「このミステリーがすごい!」年間ランキング1位にも選出された、

作家・横山秀夫の同名小説をドラマ化。

昭和64年と平成14年にまたがる2つの誘拐事件を、地方県警の広報官の

視点から描くミステリー。

横山秀夫作品のNHKでのドラマ化は、2005年に放送され、放送文化基金賞本賞、

ギャラクシー賞優秀賞を受賞した「クライマーズ・ハイ」以来となる。

ピエール瀧が主人公の広報官・三上義信に扮し、県警広報室と記者クラブが

加害者の匿名問題で対立する中、新たな誘拐事件に直面。

2つの事件に翻ろうされながら、事件に隠された真相を探っていく。

 

横山秀夫の小説は、ミステリーとして抜群に面白い。

共演者が実力のある俳優なので、小説の面白さが出せそうです。

 

-ドラマ