ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

邦画

綾瀬はるか主演、オリジナル映画「本能寺ホテル」あらすじ!

2017/02/17

320

綾瀬はるかが、鈴木雅之監督の「本能寺ホテル」に主演する。

2011年に大ヒットを記録した「プリンセス トヨトミ」の

製作・出演チームが再結集し、完全オリジナルストーリーの新作に挑む。

 

堤真一が織田信長役に初挑戦し、濱田岳は信長に仕える小姓・森蘭丸に扮する。

風間杜夫は、本能寺ホテルの支配人役、

平山浩行は、繭子の恋人・吉岡恭一役を演じる。

映画は、日本史最大の謎といわれる“本能寺の変”の前日を描き、

その謎に迫る歴史ミステリー。

スポンサードリンク

ストーリー

物語は、現代の京都から始まる。

結婚という人生の岐路に立つ繭子が、ふとしたきっかけで宿泊する

ことになる本能寺ホテル。

そこは戦国時代とつながる不思議なホテルで、繭子は天下統一目前の

織田信長と出会う、という設定だ。

 

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は

蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に

滞在している。

冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。

 

そんなとき、風変りな女(綾瀬はるか)が寺に迷い込んでくる。

噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の

未来から来たと言う。

泊まっていたホテル「本能寺ホテル」のエレベーターが1582年と

繋がっていると。

 

繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、

次第に信長の人間性に惹かれていく。

やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる

前日である事に気づく。

スポンサードリンク

スタッフ

監督 鈴木雅之

脚本 相沢友子

音楽 佐藤直紀

 

キャスト

95874854103cb50f65d965086957a6ac

綾瀬はるか 堤真一

濱田岳 平山浩行 田口浩正

髙嶋政宏 近藤正臣 風間杜夫

 

「プリンセス トヨトミ」では会計検査院に勤務する鳥居忠子を演じた綾瀬は、

「これまでも何度かご一緒した堤さんや鈴木監督はじめ、皆さんと作品を

つくれるということで、とても楽しい夏になりそうです!」と意欲満々。

 

さらに、「私が今回演じさせて頂きます繭子が、鳴かぬなら殺してしまえ

ホトトギス…あの織田信長と奇想天外なやりとりをするのが見どころです。

キャスト、スタッフみんなで、笑って頂ける作品をお届けできるよう

頑張ります!」とコメントを寄せた。

 

「本能寺の変」のことを繭子から知らされる信長に息吹を注ぎ込む堤は、

「前作と同様、綾瀬はるかさんという素敵な女優とまたタッグを組むことが

でき、今回はさらに濱田岳くんや風間杜夫さんという名俳優が加わってくださり、

今から作品の完成が楽しみです」と撮影を心待ちにしている様子。

 

一方、濱田も「あの美少年と言われている森蘭丸役を僕が演じさせて頂ける事を

光栄に思います。『蘭丸、おまえかよ』とガッカリからスタートしているはず

なので、あとは上がるだけだと思っております」と語っている。

 

前回と同じく大ヒットとなるか楽しみ。

「本能寺ホテル」は、2017年1月14日(土)に公開。

スポンサードリンク

 

-邦画