ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

歴史の謎に挑む『アサシン クリード』映画、あらすじ

2017/01/23

148081

全世界でシリーズ累計3700万本以上を販売した人気ゲームの世界観を基に、

新しいキャラクターとストーリーで描くアクション大作『アサシン クリード』

が来年に公開される。

 

遺伝子操作によって祖先の身体に送り込まれた暗殺者(アサシン)が歴史の謎に

挑むミステリー・アクションだ。

スポンサードリンク

 

2016/11/18 最新ニュース

アクション大作『アサシン クリード』の新たな予告編が公開になった。

本作は、全世界でシリーズ累計9600万本以上を販売した人気ゲームの世界観

を基に、新しいキャラクターとストーリーを描くもので、ゲームではできない

超絶アクションが描かれるという。

 

このほど公開になった新映像では、主人公のカラムがアサシンとして

スペインに送り込まれるまでが重厚なタッチで描かれ、彼がアサシン教団に

所属する伝説の暗殺者として活躍する場面では、壁を軽々と飛び越え、

目もくらむほどの高さの建物から華麗にダイヴするシーンが登場する。

 

ジャスティン・カーゼル監督は「ゲームではできないことは何だろう?」と考え、

デジタル技術に頼りきるのではなく、実際に俳優やスタントがアクションを

演じることにこだわった。

映画では、マイケル・ファスベンダーの“生身”のアクションがたっぷりと

収録されている。

 

あらすじ

記憶をなくした死刑囚、カラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、

遺伝子操作によってDNAに眠る記憶を呼び覚まされ、祖先の記憶を追体験させ

られることになる。

カラムは自分の祖先が、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かう

アサシン教団の伝説的な暗殺者だったことを知る。

また、彼の先祖は禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る歴史上最後の

人物だった。

 

予告編では、ソフィア・リキン(マリオン・コティヤール)が、カラムに

向かって「あなたはもう存在しないの」と言い放つ衝撃のシーンで幕を開ける。

彼女はいったい何者なのか、それは明かされてはいない。

 

映像美に注目

一方で、カラムがルネサンス期のスペインへと“飛ぶ”と、謎に包まれた

美しき女アサシン、マリア(アリアーヌ・ラベド)も登場し、

カラムの祖先アギラールと共に華麗なアクションを披露している。

アギラールとマリアがスペインの美しい街並みを駆け抜けていく姿は圧巻!

 

さらに、映像の最後には両手を広げ、空を舞うアサシンが映し出されるが、

その姿はまるで大空を駆ける鷲(イーグル)のようで、ポスタービジュアル

にも描かれている姿。

 

カラムが送り込まれたルネサンス期のスペインで何があったのか?

彼と祖先が持つ歴史を変えてしまう秘密とは?

謎の組織と装置“アニムス”とは一体何なのか?

カラムとアギラールに秘められたものとは?

謎が謎を呼ぶ映像となっている。

 

映画は息をのむアクションと、歴史に隠された謎に迫るミステリアスなドラマが

描かれるそうで、来年の大きな注目作品となりそう。

スポンサードリンク

 

ダイブはCG&ワイヤーなしの完全ガチ!

実写映画化にあたり、ジャスティン・ガーゼル監督が最も労力を注いだのは、

ゲームのアクションを現実世界に置き換えることだったという。

そのため、プロジェクトの初期段階で、主要俳優やスタントチームが登場する

シークエンスの振り付けは、パルクールの世界チャンピオンでスタントマン、

ダミアン・ウォルターズに依頼された。

 

本作の象徴的なスタントであるイーグルダイブ

(アサシンが突き出た棚から飛び出し、空中で縦方向に回転し、

水面や干し草の山に背中から落下する)について、

 

ウォルターズは、このスタントをやろうと計画した。

CGIの時代にワイヤーもバンジー紐も使わないフリー・フォールを

やることはめったにない。

プロダクション・チームが提案した高さは約6mだったが、

ウォルターズは約38mにこだわった。

 

ウォルターズにとってもこの高さで、しかもクレーンの上からのジャンプは、

キャリアで“もっとも危険な”スタントとなった。

ベテランのスタントマンにとってさえ、フリー・フォールは考えるのも

恐ろしいスタントだろう。

 

だが、ウォルターズはデジタルの代役を使うことなく、まず約21mの高さから

飛び始め、これまで誰も試したことがない約38mの高さまで徐々に上げていき、

計8回もジャンプした。

 

キャスト

主人公のカラム・リンチと彼の祖先アギラールを演じるのは、

『スティーブ・ジョブズ』で第88回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、

『X-MEN:アポカリプス』のエリックことマグニートーでも知られる

マイケル・ファスベンダー。

yjimage2

「世界で最も美しい顔」の1位に輝いたこともある、セクシーなルックスが

魅力の彼が、アサシンとして謎だらけの物語に挑む。

 

そして、第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞し、フランス芸術文化勲章も受賞

したマリオン・コティヤールがソフィア・リキン役として登場している。

image

さらに謎に包まれた美しき女アサシン・マリアを、『ビフォア・ミッドナイト』

アリアーヌ・ラベドが演じている。

yjimage3

『マクベス』でファスベンダーとコティヤールを起用し、

注目を浴びたオーストラリア出身のジャスティン・カーゼル

メガホンを握る驚異の映像美にも注目。

『アサシン クリード』は2017年3月3日(金)公開。

 

スポンサードリンク

 

-洋画