ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

最強のリメイク映画『マグニフィセント・セブン』あらすじ!

the-magnificent-seven-international-poster-banner

名作のリメイク映画

1954年の黒澤明監督の名作『七人の侍』。

そして、この『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して

1960年にハリウッドリメイクされた名作ウェスタンの『荒野の七人』。

この名作2本を原案にリメイクされた映画『マグニフィセント・セブン』が

2017年1月27日(金)に日本で公開される。

スポンサードリンク

『マグニフィセント・セブン』は古典映画のストーリーを、現代の視点を

取り入れて生まれ変わった作品なのだ。

 

キャスト

監督は『トレーニング デイ』『イコライザー』『サウスポー』など、

重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア。

 

主演は、『トレーニング デイ』『イコライザー』のデンゼル・ワシントン。

そして、『ジュラシック・ワールド』のクリス・プラット、

『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホーク、

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のイ・ビョンホンなど、

国際色豊かな豪華キャストが集結した。

 

デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、アントワーン・フークア監督は、

『トレーニング デイ』以来、実に15年ぶりのタッグとなる。

フークア監督は、デンゼルにとって初めてのアカデミー賞主演男優賞を

もたらした監督でもある。

本作ではどのようなコンビネーションを見せてくれるのか!?

スポンサードリンク

予告編

予告編では、荒れ果てた大地に集まった最強のアウトローたち7人の

カッコ良すぎる姿が確認できる。

賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士、

という個性豊かな7人が、拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を

手に、悪に立ち向かおうとする鋭い眼光が印象的だ。

 

予告編は、街を荒らされ嘆く女性のセリフから始まる。

デンゼルが演じるサムは女性に「復讐を望む?」と問いかけ、

女性は「正義を。復讐は手段よ」と返し、物語は動き出す。

 

ワクワクが止まらない本作の世界観、豪華キャストたちのほとばしるパワー、

歴史的名作をベースにした新たな興奮の予感がする。

公開に期待が高まる。

 

ストーリー

バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サーズガード)の支配下で、

ローズ・クリークの町の人々は絶望的な日々を送っていたが、エマ・カレン

(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)を

中心としたギャンブラー ジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、

ガンの達人など7人のアウトローを、復讐のために雇った。

 

町を守るために立ち上がった彼らは、いつしか自分たちの目的が

金だけではなくなっていることに気付く。

 

映画『マグニフィセント・セブン』は2017年1月27日(金)公開。


スポンサードリンク

 

-洋画