ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

『超高速!参勤交代 リターンズ』のあらすじと見どころ !

2016/09/18

maxresdefault

2014年、弱小貧乏藩の見事な頭脳プレーと連携による参勤交代を描き、

大ヒットした『超高速!参勤交代』の続編『超高速!参勤交代 リターンズ』。

 

前作は、佐々木蔵之介の人柄もぴったりなほど、役にはまっていて、

すごく面白い映画でした。

最後は、ハッピーエンドでほっとする結末でしたね。

その続編が公開されます。

スポンサードリンク

考えてみると、ただ移動するだけの映画なのだが、そこにいろんなドラマが

含まれている。

昔からある「走れメロス」によく似ているのではないだろうか。

走れメロスも走るだけの物語だが、最後に大きな感動がある。

この映画もやはり同じではないだろうか。

 

佐々木蔵之介が、お人好しだが家臣に愛される殿様・内藤政醇を演じている。

前作の参勤の道中で知り合った飯盛女のお咲(深田恭子)と、

めでたく夫婦となることになった!

 

001_size6

 

前作で見事、江戸への参勤を成し遂げた湯長谷藩だったが、

参勤交代とは、江戸に行く「参勤」だけでなく、藩に帰る「交代」までで

完結するものです。

 

湯長谷藩の参勤交代は、まだ終わっていなかったのだ!

スポンサードリンク

故郷を目指し、ゆっくり江戸を出発した一行だったが、

その道中に、藩で一揆が起きたとの知らせが入る。

2日以内に一揆を収めなければ、藩のお取り潰しは免れない。

 

一行は、行きの倍の速さで帰るはめになる。

そして、なんとか湯長谷にたどり着くのだが、

すでに城は乗っ取られた後だった。

 

果たして、彼らは城を奪い返し、民を守ることができるのか!?

 

映画は殿とお咲の祝言から始まる。

6月16日に行われた完成報告記者会見で、佐々木は、

「姫を改めて見るというシーンから撮影だったので、もう野郎どもと走らないで、

このまま終わってしまっても良いんじゃないかと思うほど美しかったです」と、

深田恭子の美しさに惚れ込んでいたようだ。

 

それに、お咲の衣装は飯盛女から“姫”の衣装へとパワーアップしており、

深田さんも

「姫になり、きれいな着物ばかり着せていただきました。

前作と同じ場所でも違う立場で立つと、こうも違うものなんだということも

実感しました」とコメントしている。

 

しかし、前作以上の“超高速”を強いられ、さらにピンチに陥る弱小貧乏藩の

一行たちなのだが、無事に参勤交代からの帰路につき、殿とお咲は穏やかな

結婚生活を送ることができるのだろうか?

 

時代劇だが、最近にない娯楽作品といえる。

だれでも楽しく見れて、笑いが止まらない。

佐々木蔵之介には、ぴったりの役柄なのだ。

映画は面白いからエスがなのだと思う。

 

『超高速!参勤交代 リターンズ』は9月10日(土)公開。

スポンサードリンク

 

-洋画