ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

『七人の侍』を現代にリメイクした『マグニフィセント・セブン』が来年公開!

20160707-magnificentseven

『マグニフィセント・セブン』

黒澤明監督の1954年の代表作『七人の侍』をハリウッドリメイクした

1960年の名作である西部劇『荒野の七人』。

そして、最高峰の名作たちを原案にさらにリメイクされた映画が、

2017年1月27日に公開される『マグニフィセント・セブン』なのだ。

スポンサードリンク

アントワーン・フークワ監督が古典映画のストーリーを、

現代の視点をもって描いた『マグニフィセント・セブン』。

 

バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サーズガード)の支配下で、

ローズ・クリークの町の人々は絶望的な日々を送っていたが、

エマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は賞金稼ぎのサム(デンゼル)を

中心としたギャンブラーのジョシュ(クリス)、流れ者、ガンの達人など

7人のアウトローを、復讐のために雇う。

町を守るために立ち上がった彼らは、いつしか自分たちの目的が

金だけではなくなっていることに気付く。

 

『七人の侍』といえば、世界の名だたる巨匠が師と仰ぐ黒澤監督の代表作。

主演は三船敏郎と志村喬が務め、「ヴェネツィア国際映画祭」銀獅子賞などを

受賞している。

そして、その『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して

ハリウッドリメイクされたのが『荒野の七人』。

日本でも公開され、のちに『続・荒野の七人』『新・荒野の七人 馬上の決闘』

『荒野の七人・真昼の決闘』などの続編が製作されている。

スポンサードリンク

監督は、『トレーニング デイ』『イコライザー』『サウスポー』など、

男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督。

主演には『トレーニング デイ』『イコライザー』のデンゼル・ワシントン、

『ジュラシック・ワールド』のクリス・プラット、

『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホーク、

『甘い人生』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のイ・ビョンホンなど、

豪華キャストが共演する。

 

デンゼルとイーサン、アントワーン監督は『トレーニング デイ』以来、

実に15年ぶりのタッグで、アントワーン監督は、デンゼルにとって

初めてのアカデミー賞主演男優賞をもたらした監督でもあるのだ。

 

タイトルには、荒れ果てた大地に集まった最強のアウトローたち

7人のカッコ良すぎる姿が映し出されている。

 

悪に立ち向かう7人のアウトローを演じるのは、

デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、

イ・ビョンホン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、

ヴィンセント・ドノフリオ、マーティン・センズメアー。

 

賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士、

という個性豊かな7人が、拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を

手に、悪に立ち向かう。

 

豪華キャストで蘇る最高峰の西部劇。

 

『七人の侍』、『荒野の七人』といえば、

ハリウッド映画の基礎となった映画と言っても過言ではない。

『七人の侍』には、日本の世界的な大スター三船敏郎、

『荒野の七人』には、ハリウッドの大スター

スティーブ・マックイーン、ジェームス・コバーン

ロバート・ボーン、チャールズ・ブロンソンが出演しているのだ。

 

チームで悪に立ち向かう、そして正義が勝つ、

復讐がベースとなっている。

この要素があれば、娯楽映画として十分に楽しめるのではないだろうか。

チームで力を合わせてということも大きなポイントとなる。

最後にスカッとする映画となるのだ。

 

文句無しに楽しめて、スカッとする映画であることは間違いなし!

公開が待ち遠しい。


スポンサードリンク

-洋画