ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

スーツ

AXNドラマ「SUITS/スーツ」シーズン2あらすじ

story2_image01

スーツ シーズン2 あらすじ

大手法律事務所ピアソン・ハードマンが誇る敏腕弁護士ハーヴィーのもと、

表向きは新米弁護士として実力を発揮していくマイク。

だが、マイクが弁護士資格を持っていないという重大な秘密が、あるルートから

上司ジェシカに伝わり、ジェシカはハーヴィーにマイクをクビにするよう

命令する。

 

一方、数年前まで事務所にパートナーとして君臨していたダニエル・ハードマン

の妻が亡くなる。

傲慢で裏の顔を持つ策略家のダニエルは、会社で一部の人間のみが知る

ある不正を働いたため退職していたが、妻の死を機に事務所に復帰。

ダニエルの存在に危機感を覚えるジェシカは、マイクをクビにするなら自分も

辞めると言い切るハーヴィーを前に、今彼を失うのは痛手と判断。

3人は運命共同体となる。

 

やがて、ダニエルの真の目的が徐々に明らかになっていき、事務所内に

派閥争いが勃発。

ダニエルを嫌いながら自身の野心もあきらめきれないルイス、

過去の案件で窮地に陥るハーヴィーの運命を左右するドナ、

そして愛を確信しながらもままならないマイクとレイチェルらを巻き込み、

熾烈な覇権争いが展開する。

 

事務所のパワーバランスがめまぐるしく変化する中、ハーヴィーとマイクは

訴訟を手掛けながらダニエルに対抗していく。

スポンサードリンク

第1話「闘いの始まり」

マイクの経歴詐称に気づいたジェシカはハーヴィーにマイクを解雇するよう

命令する。

そんな状況になっているとは知らないマイクは出版社の代理人として合併の案件

を進めつつ、出版社に対して元社員が起こした訴訟を解決しようと意気込む。

同じ頃、ピアソン・ハードマン法律事務所の共同経営者であるハードマンが

妻の死をきっかけに職場に復帰するかもしれないと知ったジェシカは、

何とかそれを阻止しようとする。

 

第2話「強いられた決断」

ハードマンの復帰が決まり、早速、事務所内では派閥争いが始まる。

倒産部門のポールを味方につけるようジェシカに指示されたハーヴィーは、

ポールの案件を手伝うことに。

依頼人のトムは銀行から多額の融資を受けているが返済に苦労していたため、

ポールは破産申請を勧める。

しかしハーヴィーは別の道を探そうとする。

一方、マイクはようやくレイチェルと気持ちが通じ合うも、経歴詐称の

秘密を打ち明けられずにいる。

 

第3話「激しい攻防戦」

とうとうハードマンが事務所に復帰した。

早速、病院の案件を担当すると申し出るが、ジェシカはあえてハーヴィーを

担当に指名する。

ハーヴィーは看護師組合のストを阻止すべく、組合代表のベテラン看護師ネルと

交渉を始める。

しかし彼女は病院側の和解案を一蹴し、交渉は難航。

しかもハードマンが勝手にしゃしゃり出て、さらに事態は悪化する。

何も知らないマイクはハーヴィーとハードマンの攻防戦に巻き込まれてしまう。

 

第4話「宿敵の反撃」

ある日、ハーヴィーは4年前に勝訴した裁判の再審を原告から求められる。

原告側の代理人は、なんとトラヴィス・タナーだった。

タナーは被告の自動車メーカーだけでなく、ハーヴィーや事務所まで不正で

訴えると言う。

ハードマンとの派閥争いで弱みを作りたくないジェシカは、穏便に解決する

ようハーヴィーに言い渡す。

一方、マイクはルイスと組んで食品メーカー同士の訴訟に取り組み、

ルイスの意外な一面を知ることになるのだった。

 

第5話「問われる責任」

ハーヴィーは16歳の天才テニスプレーヤー、マルコ・メンドーザの依頼を受ける。

父親にプロへの転向を反対されているマルコは、法的に独立したいという。

親身になってマルコを助けようとするマイクは、やがてある意外な事実に気づく。

また、事務所はハーヴィーの隠蔽疑惑の件で外部の弁護士アリソンを雇う。

彼女に問い詰められたドナの思わぬ行動で、ハーヴィーはさらにピンチに

追いやられるのだった。

 

第6話「オール・イン」

会社経営者のキースは酔った勢いでトミーという男と契約を交わし、

会社を失うことになってしまう。

キースの弁護士であるハーヴィーは酩酊状態を理由に契約は無効だと訴えるが、

トミーの弁護士も手ごわく、苦戦を強いられる。

同じ頃、ルイスはバレエ団の賃貸トラブルの案件を引き受ける。

アソシエイトの代わりとしてルイスに抜擢されたレイチェルは、張り切って

仕事に取り組む。

しかし事態は思わぬ方向に進んでいく。

 

第7話「対決か和解か」

ハーヴィーの不正疑惑の件でタナーが事務所にやって来た。

挑発されたハーヴィーは、ついタナーを殴ってしまう。

タナーの出した和解条件は賠償金とハーヴィーの弁護士資格の剥奪。

ハーヴィーを守りたいジェシカは裁判することを決意する。

確実に勝つために、事務所内では裁判の予行演習が行われる。

タナー役にはルイスが選ばれ、マイクはその補佐をする。

ハーヴィーが劣勢だと感じたマイクは、何とか解決策を探そうとする。

 

第8話「5年前の真相」

ハーヴィーは1日休みを取り、電車である場所へ出かける。

途中、5年前のことを思い出していた。

事務所内で横領している者がいるとわかり、誰であるかを捜査した時のことだ。

その当時、マイクはまだハーヴィーと出会っておらず、トレヴァーと

同居しながら配達の仕事で生活をしており、同じ頃ジェニーと出会っていた。

さて、現在のマイクはトップ投票でジェシカが勝てるよう、秘密裏にある作戦を

決行。

事務所の元社員モニカに会いに行く。

スポンサードリンク

第9話「昇進への切符」

事務所のトップを決める投票の日が刻々と近づいていた。

ハードマンは票稼ぎのためルイスをシニアパートナーに昇進させようと画策する。

ハーヴィーとマイクはスポーツキャスター、ジーリンスキーの弁護を担当する

ことに。

ジーリンスキーは野球選手のソリースがドーピングをしていると番組で強く非難

し、ソリースから名誉毀損で訴えられたのだ。

裁判となればジーリンスキーが不利になるため、2人はなんとか阻止しようと

するのだが。

 

第10話「真の首謀者」

投票の末、ハードマンがジェシカを制し事務所のトップに返り咲く。

ハーヴィーの存在が邪魔だった彼は、クビにする口実を探すようルイスに命令。

ハーヴィーは狭いオフィスに追いやられ、マイクを助手として使うことすら

許されない。

一方、マイクは現実逃避をするため、やめたはずのマリファナに手を出していた。

やけになった2人は、ある晩オフィスに忍び込む。

そこで、ある事実が発覚し事態は急展開するのだった。

 

第11話「変えられない事実」

ハーヴィーの顧客の息子リーアムが夜道でひき逃げ事件を起こしてしまった。

マイクは両親を飲酒運転の事故で失っていたが、冷静に仕事をこなすと約束。

重罪で訴えようとする女性検事補に対し、軽罪を主張する。

しかしリーアムの新たな証言で状況は一変する。

シニアパートナーに昇進したルイスは専属アソシエイトを雇うため、

ハーバード・ロースクールのシーラに頼み、候補者と面接を進める。

しかし思わぬところから横やりが入る。

第12話「去り行く者」

ハードマンの一件で事務所に不安を持った依頼人たちが次々と契約を

打ち切り始めた。

ハーヴィーもトレントに顧問契約を解除されてしまう。

さらに優秀な若手が何人も他事務所に引き抜かれていく。

引き抜きには、一時期ジェシカが雇っていたアリソンが絡んでいることが判明。

ハーヴィーはルイスがアリソンに情報をリークしたとして、ルイスを

強く非難する。

もはや事務所に居場所がないと感じたルイスは、ある行動に出るのだった。

 

第13話「ゼイン対ゼイン」

食品会社の女性社員が、性別を理由に昇進を見送られたとして会社側を訴えた。

ハーヴィーとマイクは彼女の代理人として和解を進める。

しかし会社側の代理人が急死。

彼の後任として現れたのは、なんとレイチェルの父親ロバートだった。

ロバートは、まとまりかけていた和解を反故にし、和解額を大幅に減らすよう

要求する。

優秀な父親にコンプレックスを持っていたレイチェルは、見返したい一心で

案件の担当に加わるのだが。

 

第14話「パートナーの逆襲」

ハードマンが食品会社の訴訟45件をロバート・ゼインから引き継いだ。

さらに、5年前に解雇されたモニカの代理人となり事務所を不当解雇で訴える。

モニカはハードマンの不倫相手だったために解雇されたが、ジェシカは

ハードマンと秘密保持契約を結んでいるため、その事実を証言することが

できない。

契約を破れば多額の賠償金を払うことになってしまう。

マイクは自分がモニカを利用したせいで、ジェシカを追いつめたと

責任を感じる。

 

第15話「ノルマンディー作戦」

食品会社の訴訟45件のうち7件を7都市で一斉に行うことになり、

ハーヴィーたちは資金不足に悩まされていた。

彼は狙いをベーカーズフィールドの訴訟1つに絞り、そこで勝って弾みを

つけようと考える。

しかし、彼のライバルであるスコッティが突然現れ、仕事を盗もうとしたため

事態は複雑になる。

一方、マイクは検事局から転職してきたカトリーナと馬が合わず衝突していた。

レイチェルも巻き込み、手柄争いが起きる。

 

第16話「壊れゆく絆」(最終話)

エドワード・ダービーの事務所との合併を進めようとしているジェシカに対し、

ハーヴィーは猛反発。

ダービーの依頼人を訴え、自分が勝ったら合併の話はなかったことにしろと

賭けを持ちかける。

しかしダービーの容赦ない攻撃を受け、一気に窮地に追いやられる。

ハーヴィーはルイスの協力を得て、思い切った行動に出るのだった。

一方、マイクはレイチェルに「卒業生としてハーバードに訴えてほしい

ことがある」と頼まれる。

スポンサードリンク

 

-スーツ