ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドクターX

ドラマ『ドクターX』、10月第4弾スタート

yjimageZS7Z4VOS

米倉涼子が“失敗しない外科医”大門未知子を演じ、大ヒットした

テレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』

第4弾が10月から木曜9時に放送される。

 

7月3日にはシリーズ初のスペシャルドラマもある。

米倉は「続けていくことでまた、女優として新しいステップを踏めるかも

しれない、と感じていますし、心機一転、新しい気持ちで取り組んでいきたい」

と第4シリーズに前向き。

「あまりコミカルになり過ぎず、ちゃんとした医療ドラマとして見ていただける

作品にしたい」と意気込みを語っている。

スポンサードリンク

フリーランスの外科医・大門未知子が、帰ってくる。待ち遠しい。

 

2012年10月の第1シリーズ(全8話)では、同年の民放連続ドラマ1位となる

平均視聴率19.1%をマーク。

2013年10月の第2シリーズ(全9話)では平均視聴率23.0%を記録し、

橋田賞や向田邦子賞なども受賞して話題になった。

さらに、2014年10月に「これで最後のつもり」と宣言して始まった第3シリーズ

(全11話)では平均視聴率22.9%、最終回では自己最高となる27.4%を記録し、

同年の全ドラマの年間トップとなった。

 

やはり、医療の世界のヒーローと、米倉涼子の魅力が合致したドラマといえる。

まさに「失敗しない」ドラマシリーズとなった。

yjimage2SVT6D52

「この2年間、たくさんの方々から直接、『ドクターX』をまたやってほしい、

という声をいただきました」と米倉。

かかりつけの本物の医師から「大門先生!」と呼ばれたり、

「大門未知子先生へ」と書かれた専門用語ばかりの診断書を渡されたりした

こともあったという。

「それだけ反響の大きさを肌で感じる作品でしたから、第4シリーズの制作が

決まった時は、私自身もうれしい気持ちでいっぱいでした」と打ち明ける。

スポンサードリンク

第4シリーズは、国内最高峰の大学病院として君臨しながらも、さまざまな

隠ぺい行為や医療ミス、派閥闘争などで評判がガタ落ちになってしまった

「東帝大学病院」が舞台。

この病院の新院長に就任し、未知子の前に立ちはだかるのは、なんと西田敏行

演じる蛭間重勝。

 

今年2月に頸椎亜脱臼の手術を受け、さらに胆のう炎も発症し、

しばらく入院生活を送っていた西田のもとを、米倉と共演の岸部一徳、内山聖子

プロデューサーが訪ね、病室で第4シーズンについて話し合ったという。

 

その時の西田の様子について米倉は、

「西田さんは今後の撮影に備え、第2シリーズのDVDをずっとご覧になっていた

そうで、病室でも『こんな感じでもう一回作りたいね』という話になったんです。

そこから4人で反省会を兼ねつつ、30分ほど次回作に向けてのミーティングをし

ました。西田さんのヤル気、『お仕事をしたくてたまらない』という雰囲気が

ひしひしと伝わってきて安心しましたし、すごくうれしかったです!」と

明かし、西田との撮影が待ちきれない様子だ。

 

未知子が所属する「神原名医紹介所」名医紹介所所長・神原晶役の岸部、

フリーランスの麻酔科医・城之内博美役の内田有紀、外科医・加地秀樹役の

勝村政信ら、おなじみのメンバーに加え、今後発表される新キャストに

期待が高まる。

(出所:オリコン)

スポンサードリンク

 

-ドクターX