ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

『セルフレス/覚醒した記憶』のあらすじ!

2016/07/21

yjimage2

『セルフレス/覚醒した記憶』

無責任で自己中心的なヒーローを描き、世界中で大ヒットしている映画

『デッドプール』で、主人公・ウェイドを好演しているライアン・レイノルズが、

“NYを支配した頭脳”と“特殊な戦闘能力”を持つ男を演じているSF映画

『セルフレス/覚醒した記憶』が9月に日本で公開される。

スポンサードリンク

2010年に米People誌が選ぶ“最もセクシーな男”を受賞後、海外ドラマ

「ゴシップガール」などで有名な美人女優ブレイク・ライヴリーと結婚して

娘が誕生。

2015年には同誌から“最もセクシーなパパ”に選ばれ、さらに、

『デッドプール』は世界で大ヒットしている。

 

あらすじ

まさに絶好調のライアン・レイノルズが主演を務めるSFアクション。

“NYを創った男”と称される68歳の著名な大富豪の建築家ダミアン・ヘイルは、

余命半年と宣告される。

彼を嫌っている娘クレアとの仲も修復できず絶望するダミアンに、天才科学者

オルブライトが「遺伝子操作で作った肉体に頭脳を転送しないか?」と

持ちかける。

 

莫大な料金と引き換えにダミアンは死に、“頭脳転送”の結果、新たな人生が

始まる。

スポンサードリンク

しかしここで問題となるのが、肉体の元々の持ち主。

その“元持ち主”はマークという妻子ある特殊部隊の軍人だった。

つまり頭脳転送によって“NYを支配した頭脳”と“特殊な戦闘能力”を持つ

最強の男(ライアン)が誕生するのだ!

 

そして真実を知ったダミアンとマークの妻たちはオルブライト率いる謎の

秘密組織に命を狙われることになり、2人の天才の偶然の交じり合いによって

誕生した男の孤独な闘いが始まることとなる。

解説

監督は、『ザ・セル』『インモータルズ -神々の戦い-』などで独創的な

映像美を作りあげてきたターセム・シン監督。

 

家族の愛に見放された68歳のダミアンとしてベン・キングズレー、

天才科学者オルブライトとしてマシュー・グードといった名優たちが

脇を固めている。

 

映画『セルフレス/覚醒した記憶』は9月1日公開

(出所:シネマトゥデイ)

人気絶頂のライアン・レイノルズが、新たな闘いに挑む。

楽しみな映画だ。


スポンサードリンク

 

-洋画