ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

人気コミック「ピース オブ ケイク」が、多部未華子と綾野剛の共演で実写映画化

ジョージ朝倉原作の人気コミック「ピース オブ ケイク」が、

多部未華子と綾野剛の共演で実写映画化が発表。

 

同作は2003年~08年にかけて「FEEL YOUNG」誌で連載され、

単行本が累計発行部数43万部(全5巻)を誇る、

 

ジョージ朝倉による同名人気コミックが原作となる。

 

現代女性の切ない恋や仕事におけるリアルな心情を描いた作品で、

恋愛バイブルとして20~30代の女性を中心に熱烈な支持を得ている作品だ。

 

実写化にあたってメガホンをとるのは、俳優として数々の映画や

ドラマに出演し、04年の『アイデン&ティティ』で映画監督デビューを

はたした田口トモロヲ。

 

監督2作となる『色即ぜねれいしょん』(09年)で

新藤兼人賞銀賞を受賞して以来、約5年ぶりの監督作となる。

 

多部が演じるのは、ひとりより増しという理由で言い寄られたら

簡単に付き合う主人公の梅宮志乃役。

 

今まで演じてきた役柄とは違い、恋愛に依存し流されるままに

男性を受け入れる“ダメ女”役に挑戦する。

 

その多部は

「ジョージ朝倉さんの原作を読んで、20代の女の子の恋愛観や

主人公・志乃の心の声がすごくよくわかるなと思ったので、

映画化もとても面白そうだと思いました。

 

監督は田口トモロヲさんということで“熱い現場になりそう”と

いう予感がしています。

 

綾野さんとご一緒するのは初めてですが、とても突き抜けている方だと

思っているので、良いバランスになればいいなと今から楽しみです。

 

とにかくワンシーンワンシーン、熱いシーンになりそうなので、

集中力を切らさないように充実した時間を過ごしたいと思います」とコメント。

 

綾野が扮するのは、そんな志乃の隣人で、バイト先の店長でもある京志郎役。

 

「王道ラブストーリーではなく、めんどくさく、愛らしく、必死、

奇妙珍道なラブストーリーを届けられたらと。

 

一癖も二癖もあるスタッフ、共演者と共に田口トモロヲ監督についていきます」

と話している。

 

公開は2015年秋の予定となっている。

-洋画
-,