ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

デスノート

『デスノート 2016』のタイトル決まる!

2016/06/17

yjimage

原作・大場つぐみ、作画・小畑健による人気コミックを実写映画化した

2006年公開の『DEATH NOTE』の後継として期待される『デスノート 2016』。

 

東出昌大を主演に、シリーズの正統なる続編として放つ『デスノート 2016』

のタイトルが『デスノート Light up the NEW world』に決定した。

同時解禁された。

スポンサードリンク

ストーリー

キラ・夜神月(ライト)とLの死から10年。

再び死神が地上にデスノートをばらまき世界中が大混乱に陥っていた。

夜神総一郎が立ち上げた「デスノート対策本部」は存続していたのだ。

 

すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した

三島(東出昌大)を筆頭に、10年前のキラ事件を経験した松田ほか

5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていた。

yjimage3

ロシア、ウォール街、そして渋谷でデスノートによる大量殺人が行われる中、

世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎(池松壮亮)が加わり、

地上には「6冊のデスノート」が存在する事が判明。

 

その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に

拡散された。

そのメッセージは、デスノートの提出を呼びかけるものだ。

スポンサードリンク

解説

2003年、「週刊少年ジャンプ」での読み切りから始まった「デスノート」。

名前を書かれた者に必ず死が訪れる死神のノートを駆使し、

犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月(ライト)と

世界的名探偵・Lたちによる頭脳戦を描き、現在も世代を超えて

読み継がれ日本国内累計発行部数3000万部を誇る大ヒットコミックだ。

 

2006年に公開された実写映画をはじめ、スピンオフ作を合わせると

35の国際映画祭に招かれ、60以上の国と地域で公開され、

3作の日本国内興行収入は112億円を超える記録を打ち立てている。

 

ほかにも、アニメなどのメディアミックスを展開し、

日本国内のみならず、世界中で新たなファン層を獲得している。

 

続編映画は、原作にあった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」

という「6冊ルール」を軸に、前作から10年後の現代を舞台に新たな物語だ。

監督・キャスト

yjimage2

「GANTZ」「図書館戦争」といったヒット作を手がけてきた佐藤信介監督が

メガホンをとり、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香ら

が出演。

 

キャストは、「デスノート対策本部」のデスノートを追う男・三島創に東出、

デスノートを封じる男・竜崎は池松壮亮、

デスノートを制する男・紫苑優輝に菅田将暉、

世界中に散らばったデスノート6冊のうち、1冊を手にする青井さくらには

川栄李奈が出演している。

 

さらに、“ミサミサ”こと弥海砂に戸田恵梨香、

死神・リューク役の中村獅童が本作でも続投する。

ポスター

今回解禁されたティザーポスターには、東出演じるキラ事件に

精通するデスノート対策本部の捜査官・三島を中心に、

池松さん演じるLの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵・竜崎と、

菅田さん演じるキラの信奉者のサイバーテロリスト・紫苑優輝の姿、

そして頭上に浮かび上がる死神・リュークの影が写し出されている。

 

その真っ白な空間に漂うデジタルドットから浮かび上がるリュークは、

10年前から超速度で進化し続けるネット社会での「デスノート」を

象徴しているとか…。

 

そして“白”の紫苑の側には“黒”のキラ=夜神月(藤原竜也)、

“黒”の竜崎の側には“白”のL(松山ケンイチ)が配置され、

複雑に交錯する10年後の戦いを表しているかのようだ。

 

また、「ベルリン国際映画祭」のEuropean Film Marketでも話題となった

ひょっとこのお面など、象徴的なアイテムが散りばめられている所も注目だ。

 

10年後に「照らし出される新世界」とは一体何なのか?

黒と白が入り混じる上に浮かび上がる死神の影…それらが意味するものとは?

またさらに多くの話題を提供しそうだ。

『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)より公開。

(出所:cinemacafe.net)

スポンサードリンク

-デスノート