ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ニュース

有村架純、吉田羊、大泉洋、本木雅弘がブルーリボン賞!

image

第58回ブルーリボン賞の各賞が26日、東京映画記者会

(在京スポーツ7紙の映画担当記者で構成)から発表された。

授賞式は2月9日、東京・霞が関のイイノホールで行われる。

 

映画「ビリギャル」(土井裕泰監督)で、一念発起して慶応大学を目指す

落ちこぼれギャルを好演した有村架純(22)が主演女優賞を、

その母を演じた吉田羊(年齢非公表)が助演女優賞を受賞し、

「親子受賞」となった。

1人の映画人として認められたことが、有村にとって何よりうれしかった。

主要な映画賞の受賞は初めて。

 

受賞を聞いた瞬間を

「夢が1つかなったと思った。感慨深い瞬間に、ジワジワと涙が出てきたんです」と振り返った。

「ビリギャル」では、塾講師の熱血指導と吉田羊演じる母の愛に支えられ、

慶大合格を目指す落ちこぼれギャルを熱演。

ファミリー層を劇場へ呼び込んだ。

 

「ストロボ・エッジ」では、片思いを貫く等身大の女子高生役。

広木隆一監督から「気持ちが入っていれば、目で伝わる」と教えられ、

自然な演技で若い世代を感情移入させた。

興行収入も「ビリギャル」が28・4億円、

「ストロボ-」は23・2億円。

 

幅広いファン層に支持されたが、

本人は「数字を言われてもピンと来ないんです」と笑った。

吉田とは今も連絡を取り合い、食事に行く仲だ。

yjimage

「羊さんは現場での立ち居振る舞いも素晴らしい。どこにチャンネルを

変えても出ている。それってみんなが羊さんとお仕事をしたいと思うから。

私もそうなりたい」と言っている。

image2

大泉洋は、「駆込み女と駆出し男」での主演男優賞受賞に驚いた。

「自分自身、異端だと思っていたから」。

お祝いに家でシャンパンを開けようとしたところ、夫人から

「先に(栓が)開いている方を飲んで」と言われて苦笑い。

 

「駆込み女-」は、京都で2カ月のロケで、膨大なせりふ量との闘い

だったという。

 

集中するため、20代から続けていた地元北海道でのラジオを降板した。

「そこまでして出た映画で取った賞だから、うれしい」。

来年の授賞式では、主演女優賞の有村架純と司会を務める。

 

「僕で大丈夫でしょうかね。バラエティーショーになっちゃいますよ?」

と笑った。

yjimage2

「日本のいちばん長い日」「天空の蜂」で助演男優賞受賞の本木雅弘は

在住の英ロンドンから、ブルーリボン賞58回の歴史で初めて

インターネット電話サービス「スカイプ」を通じて喜びの声を日本に届けた。

 

昭和天皇を真正面から演じることに初挑戦したのは

「パイオニアと言われる仕事に心をくすぐられたから」という。

 

原田監督が、再び昭和天皇役での起用を考えていると聞くと

「それは面白い賭けですね。今回の映画で描かれたのは、昭和天皇の顔の1つ。

チャンスがあれば…いろいろな人が起用されたら、また面白いんじゃないですか

ね」と笑みを浮かべていた。

 

●ブルーリボン賞 1950年創設。

「青空のもとで取材した記者が選出する賞」が名前の由来。

一般紙が主催も61年に脱退。

67~74年の中断を経て、東京映画記者会主催で75年に再開された。

ペンが記者の象徴であることから、モンブランの万年筆が副賞として贈られる。

主演男優賞、女優賞は翌年の授賞式で司会者を務めるのが恒例。

(出所:日刊スポーツ)

 

今回の受賞は、どれも納得できる。

大泉洋と本木雅弘は、長くやっている役者であり、

それなりの実力がついているし個性的でもある。

賞をとっても不思議ではない。

遅すぎるかもしれません。

吉田羊は、今絶好調といってもよい。すばらしい。

有村も若いけれども才能が見られる。

今後も楽しみです。

-ニュース