ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

小泉孝太郎主演、警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~

yjimage

「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」

テレビ東京系 毎週金曜 20:00~20:54

1月15日(金)スタート

 

概要

富樫倫太郎の小説を小泉孝太郎主演でドラマ化。

刑事役での連続ドラマでは初主演となる小泉が扮するのは、

警視庁科学警察研究所に所属していた警視・小早川冬彦。

 

キャリア組だが世間知らずで、全く空気が読めない“変人刑事”役。

ドラマでは、そんな小早川が、警視庁杉並中央署の生活安全課に

新設された窓際部署「なんでも相談室」に異動し、

超個性的なメンバーたちと共に難事件をドタバタと解決に

導いていくさまが描かれる。

 

昨年は、下町ロケットで悪役を見事に演じた小泉。

初めての連ドラ主演となる。

彼の演技力は、かなりレベルアップしているようです。

こういうドラマでは、どれだけ視聴率が稼げるかが、

ポイントとなる。

 

1月スタートドラマの中では、ある程度期待できそうだ。

ここで、視聴率が出れば、連ドラが定着するかもしれない。

 

小早川とコンビを組む男勝りのベテラン女性刑事・寺田寅三を

強力な助っ人の松下由樹が演じる。

さらに、安達祐実、寺島進、加藤茶、大杉漣らが脇を固める。

ストーリー 

警視庁杉並中央署生活安全課に、市民の声に迅速に対応する

ための部署「なんでも相談室」が新設された。

だがその実態は、問題を起こしたり、各部署をお払い箱になった

人材の掃きだめで、“ゼロはいくつかけてもゼロ”と

いう意味で“ゼロ係”とやゆされていた。

 

そんなゼロ係に、警察庁科学警察研究所から、警視の小早川冬彦

(小泉孝太郎)が異動してくる。

小早川はキャリア組にもかかわらず、世間を全く知らない

“究極のKY”刑事だった。

しかし、空気が読めない小早川は図らずも「なんでも相談室」の

起爆剤となり、個性あふれる“問題児”たちと化学反応を

起こしながら、さまざまな難事件に立ち向かっていく。

yjimage2

原作:富樫倫太郎「生活安全課0係 ファイヤーボール」(祥伝社)

脚本:吉本昌弘:深沢正樹:ひかわかよ

監督:倉貫健二郎:竹村謙太郎

キャスト

小泉孝太郎/小早川冬彦

「なんでも相談室」に所属する警視。頭脳明晰で、プロファイリングを得意としており、ありとあらゆる統計が頭の中にある。

だがその一方、相手の気持ちを考えずに思ったことをそのまま口にしてしまうため、周囲からは“究極のKY”とあきれられている。

かねて、市民に手を差し伸べられる現場勤務を希望しており、相談室への異動は念願がかなった形。

 

松下由樹/寺田寅三

「なんでも相談室」に所属するベテラン刑事。

冬彦とは対照的な、ノンキャリアで現場のたたき上げ。

男勝りで口が悪い。

刑事としては優秀だが、少々乱暴な捜査方法と、異議があれば上司にも盾突くところが煙たがられている。

「寅三」という名前は、男の子が生まれると思い込んだ父親が付けたもので、無理やり「とらみ」と読ませている。

(出所:ヤフーテレビ)

 

このドラマの主題歌をコブクロが歌っている。

そして、主題歌「SNIFF OUT !」についてコメントを寄せている。

●この楽曲「SNIFF OUT !」では、人間の心の中ので戦う

「真実」と「嘘」にスポットを当てて歌にしました。

この物語で難事件を解決していく主人公の目線には常に

その二つがあり、それを見極める「鍵」とは何か?

と考えていた時、「鍵 開ける」という言葉から

「嗅ぎ分ける」という似た音のワードが浮かびました。

「真実」と「嘘」を嗅ぎ分けられないと、

その鍵を開ける事は出来ない。

 

「嘘」をついて苦い思いをした経験のない人など殆どいないでしょう。

しかし、いつかは「真実」が、その何倍も苦味を増して

心の中に広がり、そのどちらの自分も一生付き合って生きていく自分。

人の心を読み取るのは大変な事ですが、自分自身の中に住む

複雑な人間らしい感情も、なかなか厄介です。

そんな「生きるスリル」をこの歌で感じてもらえたらと思います。

── コブクロ

 

-ドラマ