ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

音楽

今年の紅白のテーマ「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」とは?

yjimage

「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」の意味は

今年は戦後70年であり、

また、日本の放送90年という年でもある。

 

そこで、本当の日本らしさを表現したいという気持ちから

紅白のテーマが決まったようです。

 

このテーマに添って、それぞれの歌手からメッセージを

発信するというステージだそうです。

 

なぜ、黒柳徹子さんが、総合司会となったのか?

 

日本の放送90年という節目の年で、さらに5年後には

東京五輪が控えています。

日本の放送90年ということを考えたとき、

アニメも日本が誇る文化のひとつだということで、

“アニメ紅白”を行うのだとか。

 

『ちびまる子ちゃん』や『妖怪ウォッチ』、『鉄腕アトム』

などの名だたるアニメが総登場するらしい。

 

そして、プレゼンターを、黒柳徹子さんが行う予定だそうです。

 

戦後70年、放送90年を意識した番組のシンボルとして、

ふさわしい人は、やはり黒柳徹子さんがぴったりなのです。

 

NHK専属女優第1号で、史上最年少で『紅白』の司会者。、

しかも4年連続で『紅白』の紅組司会を務められた経歴がある。

黒柳さんが初めて『紅白』の司会をやられたのが57年前で、

そのとき最後に歌っていたのが美空ひばりさんだったそうです。

まさしくテレビ界『紅白』のレジェンドです。

 

まさに、日本の放送を記念する『紅白』にぴったりな人です。

黒柳徹子さんの独特な雰囲気と楽しくさせる会話や

明るいイメージをどれだけ見ている人に浸透させるか。

さらに、どんな盛り上がりを見せるか、

日本人が紅白を見て日本を強く意識するかが

期待されます。、

 

今では、音楽の楽しみ方も人それぞれです。

昔のように画一的ではない。

レコードの売上枚数だけでは、評価できないし、

どこでもダウンロードして楽しめる時代です。

そんな中で、年に一回お祭りのように、

 

日本中が紅白に集中して楽しむことがあっても

よいのではないだろうか。

 

楽しみにして見たいですね。

-音楽