ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

又吉の「火花」映画像化に林遣都、NMB48山本彩が出演!

yjimage

ピースの又吉直樹による第153回芥川龍之介賞受賞作「火花」を、

インターネット映像配信サービスNetflixが林遣都を主演に据え、

全10話の連続ドラマとして映像化する。

 

出演者は、波岡一喜、門脇麦、NMB48(AKB48兼任)の山本彩、

小林薫、田口トモロヲ、染谷将太、菜葉菜に決まった。

 

売れない芸人が成功を夢見て、現実と夢の狭間で苦しみながらも、

自分らしく生きる様を描く。

 

お笑いコンビ「スパークス」でボケを務める主人公・徳永役に林遣都、

主人公が師匠と慕う「あほんだらけ」の先輩芸人・神谷役に波岡一喜、

神谷と同棲している女性・真樹役に門脇麦が演じる。

20151222-00000001-flix-000-1-view

そして、追加キャストとして発表された山本彩が演じるのは、

徳永と神谷が出会った熱海にある居酒屋の店員で、

原作では物語の導入部にあたるシーンに登場する。

 

本作への出演に際し、山本は、

「上京してきて、夢や野望をもって立ち向かっていく人の

熱いメッセージみたいなものが込められているかなとも思います。

私も自分に重ねて、がんばろうという気持ちになったので、

ぜひみなさんにも観ていただいて、自分の目指すものへ取り組んで

もらえたらなと思います」とコメントを寄せた。

 

小林薫が、武蔵野珈琲店の主人、

田口トモロヲが、主人公の所属する事務所・日向企画の社長、

染谷将太が、日向企画のお笑い担当の社員、

菜葉菜がその部下を演じる。

 

染谷は、

「とても素敵な監督陣と共演者陣と、とても素敵な空気の現場に

参加させて頂いています。この全10話から何がにじみ出てくるのか、

楽しみで仕方ありません。そして、楽しみにしてもらえるような

作品になるよう、自分ができることをぶつけさせて頂いています」

と話している。

 

また、主人公・徳永の相方に好井まさお(井下好井)、

神谷の相方に村田秀亮(とろサーモン)と実際のお笑い芸人が

抜てきされた。

 

総監督を務めるのは、『さよなら歌舞伎町』『ストロボ・エッジ』

などの廣木隆一で、1話と9話、そして最終話では自らメガホンを取る。

 

各話の監督は、『凶悪』の白石和彌、

『南極料理人』の沖田修一、

『探偵事務所5"』の久万真路が担当する。

 

連続ドラマ「火花」は2016年春よりNetflixにて配信

 

ドラマとしても、ぜひヒットして欲しい。

又吉にとって、芸人として、作家として、大きく飛躍するチャンスだ。

(出所:シネマトゥデイ)

 

-ドラマ