ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

その他

小泉孝太郎、下町ロケットの悪役で人気上昇中!

yjimage

下町ロケットもいよいよ最終回を迎えます。

ドラマの人気は、民放では、一番です。

 

特に、阿部寛率いる佃製作所の前に立ちはだかる

サヤマ製作所社長の椎名直之を演じる小泉孝太郎が好評。

第6話からの「ガウディ編」で登場した、(NASA)出身で

飽くなき野望を抱き、佃製作所への敵意をむき出しに、

あの手この手で邪魔をする若手社長役の小泉は、

これまでのさわやかなイメージを完全に逆転させた。

 

視聴者には「ムカつく!」などと徹底して嫌われる役を演じている。

そして、小泉が嫌味を言えば言うほど、

背筋が凍るような笑みを浮かべれば浮かべるほど

ドラマは盛り上がりをみせている。

 

第9話で、佃社長と椎名社長が直接対決するシーンでは、

阿部と小泉の意地の対決のような迫力があった。

yjimage2

前半では、立川談春と吉川晃司がドラマを盛り上げたが、

下町ロケットの後半は、小泉孝太郎の登場が大きい。

 

本人も意識して、役に入り込んでいるようで、

その存在感は、他の役者を上回っている。

 

このドラマでの悪役の経験は、これからもプラスに

なると思う。

 

12月20日の最終回では、悪役がやっつけられてしまうの

だろうが、どんな結末になるのかが楽しみだ。

 

久々に、勧善懲悪のドラマで、喜怒哀楽がはっきりして

実に楽しみなドラマでしたね。

日本人には、こういうはっきりとしたドラマの方が

わかりやすくて、見ごたえがあるようです。

 

来年は、どんなドラマが始まるのかこれも楽しみですね。

 

-その他