ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

斎藤工が「臨床犯罪学者 火村英生」を主演する!

 yjimage5

日本テレビ系の2016年1月期の日曜ドラマが、

『臨床犯罪学者 火村英生の推理(仮)』に決定した。

 

斎藤工が物語の主人公で犯罪学者の火村英生役、

窪田正孝がその相棒で推理小説家の有栖川有栖役(通称:アリス)

を演じる。

有栖川有栖による小説「作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)」が原作。

yjimage7

謎と闇を抱えながらも犯罪捜査にストイックな姿勢を見せる火村と、

彼の葛藤と脆さを救おうと使命感を持つアリス。

お互いの、友情と信頼関係が人気を博している、

20年以上続くロングセラーシリーズなのだ。

今回、初めて映像化することになった。

 

同作は「この犯罪は美しいか?」と殺人現場に快楽を求める、

かなり変わった犯罪学者の火村英生(斎藤工)と、

彼の葛藤やもろさを救おうと使命感を持つ推理作家・有栖川有栖

(窪田正孝)の2人が、究極的に美しいロジックで問題を

解明していく本格ミステリーとなっている。

image

優香が演じる刑事の通称“コマチ”こと希は、部外者の火村と有栖を

快く思っておらず、何かと粗を見つけては、現場から追い出そう

とする役どころ。

火村と捜査をするにつれ、優秀さを認めざるを得なくなっていく

とともに彼の危険な心の闇も感じ取る。

 

優香は

「活発で冷静なコマチを生き生きと演じられたらと思います」

と意気込みを明かしている。

 

また、英都大学社会学部の准教授である火村のゼミを履修し、

火村に近づこうとする謎の女子大生・貴島朱美役に山本美月。

 

京都府警捜査一課の刑事・鍋島久志役に生瀬勝久。

 

火村の下宿の大家で火村の面倒をみている篠宮時絵役に夏木マリ。

 

さらに、凶悪犯罪組織のカリスマ指導者を長谷川京子が演じる。

長谷川が演じるのは過激派集団「シャングリラ十字軍」の

指導者・諸星沙奈江。

構成員の心を巧みに操り世の中を震撼させるテロリスト役だ。

image3

ミステリアスな雰囲気を漂わせる長谷川は、

「今までなかった役をいただき、とても新鮮な気持ちです。

さらにそれが女性ということで、めったにない役ですので

とても楽しみです」と意欲満々。

「ただある意味、正解がなく、制限のない役柄なので、

自分の価値観や先入観にとらわれず、広く考えて役作りして

いきたいです」と意気込んでいる。

斎藤工については、

「ナイスガイ、という印象ですね。私の周りで斎藤さんと共演した人は

みなさん、面白く、話しやすい人だと言っていたので、楽しみにしています」

と収録を心待ちにしている。

 

他に、清水一希、マキタスポーツ、松澤一之、堀口ひかる、

松永渚、小野寺晃良らが出演する。

 

【斎藤工コメント】

yjimage

―出演が決まった時の感想と意気込み

日テレでは以前、「ラジかる!!」という生放送の番組に出させて

いただいていて、ロケで温泉に入ったり、視聴者からのお手紙を

読んだりと、俳優業とは違った仕事をさせていただいていたんですが、

今回、俳優としてドラマの主演を務めさせて頂けることを大変嬉しく

思っていますし、その時のスタッフさん達にまず報告したいと思いました。

数いる俳優の中から僕を選んでくれた訳ですから、恩返ししたいなと

思っています。

―原作「火村英生シリーズ」の印象

今もなお続いている有栖川有栖さんの名作をドラマ化するということで、

その“大河”の旨味を凝縮した、スタイリッシュな作品にしたいなと

思いました。

そういう意味では、僕が演じる火村英生も、映画やドラマで生まれてきた

数々の探偵の旨味を凝縮したキャラクターだなと感じたので、

日本の探偵のかっこよさを生み出せていけたらいいなと。

あまり背負い込みすぎず、まずは楽しく演じていきたいなと思いました。

―役作りでこだわりたい点

自分の人生の中で経験してきたことや身についた“なにか”を役にぶつけて、

どこか特徴的でオリジナリティーのあるキャラクターにしたいなと思って

いますし、今はその“なにか”を作り上げる献立を思考している最中でして、

今後、共演者、スタッフのみなさんと一緒にその献立をもとに、

しっかりした作品を築いていきたいなと思っています。

また、自分を“厳しい視聴者”に置き、「僕だったらどんな探偵が見たいか?」

を常に意識しながら、今まで生まれてきた数々の探偵たちに挑んでいきたいなと

思っています。

―窪田正孝さんとの共演について

窪田くんとは以前から何度か共演させていただいていますが、

その頃から、彼の俳優としてのスペックに驚かされていましたし、

どこまで飛躍し続けるのだろう、と見ていました。

そんな彼とバディを組むということで、大変楽しみでもありますし、

“今”の彼と組むことで生まれる化学反応をしっかりと作品に宿したい

と思っています。

―視聴者の方々へのメッセージ

スタイリッシュであり、どこか武骨でもある作品にして、多くの方々に

楽しんでいただきたいですし、海外の方が見ても引き込まれる、

魅力ある新しい形の作品にしたいと思っていますので、

是非楽しみに待っていてください。

 

【窪田正孝コメント】

image2

―人気作のドラマ化にあたっての意気込み

たくさんの人に愛されているシリーズ作品だからこそ、誠意をもって

大切に挑んでいきたいです。

ドラマ版・有栖川有栖の色を早く掴んで現場に馴染んでいきたいです。

―原作「火村英生シリーズ」の印象

火村英生という天才。

瞬時に人物や物事を的確に言い当ててしまう頭脳の持ち主であり、

その反面、人と違う感性もありアウトローのような雰囲気をもつ

人物だなと感じました。

有栖川有栖として彼を理解し支えられるような、そしてときには

主人公・火村に刺激や事件のヒントを与えられるような存在に

なっていきたいです。

―役作りでこだわりたい点

有栖川有栖を演じる上で火村英生との距離感が大切だと感じました。

相方のような雰囲気もありつつ、火村英生に静かな勝負心を持って

いる部分もあります。

推理作家という違う視点から難事件に挑んでいきたいです。

あとやっぱり関西弁は頑張りどころのひとつと受け止めています(笑)。

―斎藤工さんとの共演について

工さんとは何度か共演させて頂いていますが、相方のような形で

ご一緒させて頂くのは初めてなのでワクワクしています。

今作でガッツリ芝居して、たくさん刺激、経験をさせていただきたい

と思っています。

 

【原作者・有栖川有栖コメント】

yjimage3

シャーロック・ホームズ、エルキュール・ポワロ、明智小五郎、

金田一耕助……。

ミステリーの輝かしい名探偵たちは、映像の世界でも活躍をしてきました。

火村英生と有栖川有栖が小説から抜け出し、彼らの“推理の冒険”を

ドラマでご覧いただけるのは原作者として喜びです。

面倒くさいところも多々ある二人ですが、斎藤工さん、窪田正孝さん、

どうかよろしくお願いいたします。

 

「火村英生」シリーズは、

一作目の『46番目の密室』は1992年に発表され、

最新作の『鍵の掛かった男』は2015年10月発表されています。

まさに超ロングセラー作品なのです。

 

人気の俳優、斎藤工と窪田正孝主演の新ドラマ

『臨床犯罪学者 火村英生の推理(仮)』(日本テレビ系)は、

2016年1月から日曜ドラマとして開始です!

期待して待ちましょう!

-ドラマ