ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ニュース

5年ぶり復活したM―1で「トレンディエンジェル」が優勝!

yjimage

M―1で敗者復活から出たトレンディエンジェルが優勝する。

5年ぶりに復活したテレビ朝日系の漫才日本一決定戦

「M―1グランプリ2015」が12月6日に行われた。

 

優勝したのは、敗者復活から勝ち上がった「トレンディエンジェル」

が暫定2位に残り、最終決戦に残った3組の中で優勝した。

優勝賞金は1000万円。

 

最後の決戦に残ったのは、「ジャルジャル」「トレンディエンジェル」

「銀シャリ」の3組。

 

「ジャルジャル」は、1回目はすごくよかったのだが、

決戦では、少し緊張したのかもしれない。今ひとつだった。

銀シャリも同じく、もうひとつが足りない。

 

その点、「トレンディエンジェル」は、敗者から勝ち上がった

勢いをそのまま活かした感じで、一気に笑いをとり、

今までにないすばらしい漫才で、本当に面白かった。

 

審査員9人中6票を集めた(銀シャリ2票、ジャルジャル1票)。

この結果には、納得といえる。

 

斎藤は「この30分記憶がございません」と喜びを語った。

「トレンディエンジェル」は、これで、漫才チームとして認められたようだ。

 

敗者復活から優勝したのは、2007年の「サンドウィッチマン」以来。

審査員9人中6票を集めた(銀シャリ2票、ジャルジャル1票)。

 

5年ぶりに復活した今回も従来の大会と同じく準決勝を勝ち抜いた8組と

敗者復活戦1組の計9組で争われ、審査員は歴代王者の9人が務めた。

 

ファーストラウンドの得点が上位3組の

ジャルジャル、トレンディエンジェル、銀シャリが

ファイナルラウンドに進出。

最終決戦で、もう1ネタを披露し、栄冠を競う。

 

新生M―1はプロアマ問わず参加可能で、

優勝賞金1000万円を争うのは変わらないが、

応募可能なコンビの結成年数を10年から5年引き上げ

15年以内とした。

 

M―1グランプリは結成10年目までの若手コンビ、

グループを対象に2001年にスタートした漫才コンテスト。

 

【M―1グランプリ歴代優勝者】

第1回(01年)中川家

第2回(02年)ますだおかだ

第3回(03年)フットボールアワー

第4回(04年)アンタッチャブル

第5回(05年)ブラックマヨネーズ

第6回(06年)チュートリアル

第7回(07年)サンドウィッチマン

第8回(08年)NON STYLE

第9回(09年)パンクブーブー

第10回(10年)笑い飯

(出所:スポニチアネックス)

 

-ニュース