ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ニュース

手塚とおるは、独特な演技で目立つ名脇役だ !

yjimage

『半沢直樹』、『ルーズヴェルト・ゲーム』などで

抜群の存在感を発揮した演技派俳優・手塚とおる(52)が、

テレビ東京系で来年1月にスタートする新番組

『太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~』

(毎週月曜 後11:58~12:45)でドラマ初主演を務める。

 

男性ファッションをテーマにした滝藤賢一主演の『俺のダンディズム』、

“夜食テロ”と話題になった松重豊主演の『孤独のグルメ』など、

中年男性を主人公にしたドラマを次々打ち出してきた

テレビ東京の深夜枠に、新たなドラマが登場する。

 

新ドラマは、ハウツー本『正しいブスのほめ方』、

『正しい太鼓のもち方』(トキオナレッジ著/宝島社)を原案に、

“絶妙なほめフレーズ”を伝授しながら、全く新しい処世術を描き出す。

image

舞台は、『世渡りWARS』という“ほめワード”という

ポジティブ兵器でコミュニケーションに悩む人たちを救う

シミュレーションオンラインゲーム。

 

ゲームの中で大佐、作戦参謀、情報分析官を名乗る3人は

、悩める人々に「ほめる」知恵を授け、一癖も二癖もある敵

(商談相手やプライベートの知人)を上手にほめて困難を

乗り越えていく“太鼓持ちの達人”だった。

現実世界では、それぞれ小市民として生活している。

 

手塚が演じるのは、スタローン大佐こと岡部浩太郎役。

普段はスーパーの店長で、いつもクレーマーと向き合うことで

ほめる達人になったという設定だ。

 

軍服姿にも

「作品はコメディですが、僕はいたって真面目にやります。

52歳であの(ミリタリーの)格好して、真剣にやった方が面白いのかなと」

とノリノリ。

 

「人をほめるドラマなので、この世知辛い世の中で、何とか

“平成の植木等さん”みたいになれるといいかなと、思っています。

“平成の太鼓持ち”として、“昭和の太鼓持ち”の植木等さんを

目標に少しでも近づければと思っています」と意気込みを語っている。

 

チームの紅一点、リサ作戦参謀こと浦原里沙役に木南晴夏が出演。

女性ならではの視点でほめるポイントを教えてくれるキャラクターで、

普段はキャバクラで働いている。

男を手玉にとる接客術でほめる達人になった。

 

マイク情報分析官こと越野銀二役には柄本時生。

さまざまな角度からターゲットの特徴を分析し、理想の「ほめ言葉」を

導き出す材料を用意してくれるチームの頭脳だが、

普段は自宅警備員としてひきこもっている。

 

トリオを組む木南、柄本との共演について手塚は

「木南さんとは一緒の作品はあっても共演シーンはなく、

一緒に演じるのは初めてです。

時生君は彼が小さい頃から知っていますが、一緒にお仕事するのは

初めてなので、同じフィールドで、対等の立場で、

一緒にモノを作れるというのがうれしくて、ワクワクします」と

期待を寄せていた。

 

手塚とおるの活躍は、2013年の松嶋菜々子主演『救命病棟24時』で

演じた嫌味なセンター長、そして、『半沢直樹』での古里則夫。

「監督やキャスティングの人が、僕の中にある"過剰さ"を

面白がってくれるからかもしれませんね。

オファーの内容を見ると『こういう役を僕に振ってくるんだ』と

感じますし、『どの役のどんな演技を見て琴線が触れたのかな?』

と興味を持ちます。映像の場合はあとでOKカットを見たときに、

『あっ、これだったんだ』と正解がわかって面白いですね」

 

そんな手塚がこだわっているのが、まさにその"過剰さ"。

「僕は過剰なものがリアリティだと思っているんですよ。

たとえば、満員電車に乗っている人って、窮屈そうでいかにも

この世の終わりのような顔をしていて、少し寄りかかられただけで

舌打ちしますよね。そういう人たちがリアリティなのに、

ドラマになると普通に吊り革につかまっている人ばかり。

だからドラマよりも現実世界の方がスゴイと思いますし、

僕が1時間ドラマの中でやれるのはそんな姿を凝縮した過剰に

生きる人間なんですよ。

人間は不倫をしただけで人間を殺してしまうくらい過剰に

生きていますからね。

僕の演技は、たとえばスタローン大佐が人を殺しても

おかしくなく見えて、なおかつ笑えて、なおかつ物悲しくて、

っていうのができるといいな、と思っています」

 

秋元康から「AKBにセクハラ」のリクエスト

ただ昨年の武井咲主演『戦力外捜査官』で演じた化学オタクの鑑識官、

唐沢寿明主演『ルーズヴェルト・ゲーム』で演じた大道監督は、

これまでとは異なり、悪役ではないレギュラーキャストだった。

そして今年の『太鼓持ちの達人』もスーパーの店長という普通の人。

テレビマンたちが手塚に求める役柄が広がっているのだろうか。

「自分ではわかんないですよ。僕の中では芝居を変えていないので……

まあそれが僕の至らないところなんですけどね。

理想の芝居は、全員の感想がバラバラ。『気持ち悪い』という人もいれば、

『カッコイイ』とか『面白い』とか思う人もいて、混とんとしていないと

つまらないと思うんですよ。

それができないと芝居をしていても面白くないんですけど、

やっぱりどこか誘導してしまっている自分もいて。

だからその誘導をいかに分からないものにしていくか、常に考えています」

 

本人も自覚しているそうだが、“気持ち悪い演技”のうまさも手塚の魅力。

『マジすか学園』で演じた盗撮教師役もその1つだった。

「あれは秋元康さんが割と推してくれたんですよ。

『AKBの子たちはまだお芝居をちゃんとやったことがないから、

本気で気持ち悪がらせてくれ』という意図でした。

つまり『セクハラしてくれ』というリクエストなんですよ(笑)。

監督さんからも『この子たちは何も知らないので、この人は本当に怖いんだ』

と思わせて」と言われたので、その視点から演技を組み立てていきました」

 

聞けば、実際に気持ち悪がられていて、時間がたってから

『あれ、お芝居だったんですね』と気づかれたというからスゴイ。

 

【手塚とおる プロフィール】

俳優、脚本家、演出家、芸能人

誕生日 1962年6月27日

血液型 B型

身長  175cm

デビュー 1983年

デビュー作品 黒いチューリップ (舞台)

北海道出身。

トライストーン・エンタテイメント所属。

主な出演作

2007年 ドラクル (舞台)

2007年 日本沈没 (映画)

2009年 狭き門より入れ (舞台)

2009年 蟹工船 (映画)

テレビ

デザイナーベイビー、リスクの神様、ど根性ガエル

雲霧仁左衛門2、天使のナイフ、太鼓持ちの達人

ルーズヴェルト・ゲーム、戦力外捜査官

映画

ラブ&ピース、Miss ZOMBIE、希望の国

LOVE まさお君が行く!、ヒミズ

 

手塚治虫の甥いう説が流れているそうですが、全く関係はありません。

名脇役として、顔は良く知られているとおもいます。

知名度は少し低いかもしれませんね。

 

私生活があまり知られていないのですが、実はまだ独身なのです。

手塚とおるがバラエティーなどに、もっと出れば

結婚相手も現れるかもしれません。

 

これからも、脇役としてがんばって欲しいと思います。

さらに応援していきましょう。

 

-ニュース