ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

音楽

黒木渚、公務員からシンガーソングライターへ華麗な転身 !

2016/06/25

image

11月30日、「しゃべくり007」で、新企画「人間クイズ007」に

出演した女性に注目が集まっている。

 

この女性は素性が明かされないまま黒木として登場。

スポンサードリンク

何をしている人かを当てるクイズ。

 

・3年前は地方公務員として市役所の財政課に勤めていた。

・大学でポストモダン文学を研究した。

・仕事の前はフライドチキンを食べる。

 

これらのヒントを元に、しゃべくりメンバーが予想をした結果、

 

この女性はシンガーソングライターで的中。

 

九州を中心に活躍しているシンガーソングライターの黒木渚。

 

経歴を見てみると

2010年、ボーカル&ギターの黒木渚、

ベースのサトシ、ドラムスのモッチの3人で福岡市で結成。

結成直後より福岡を拠点に活発にライヴ活動を行ない、

2011年に1stシングル「ハツ / ノーリーズン」を発表。

九州地区以外でもその名が知られるようになった。

 

2012年12月12日に処女作となる1st single「あたしの心臓あげる」を

九州限定でリリース。

 

大きな反響を受け1月8日から全国発売となり、これが10週連続で

オリコンインディーズチャートTOP20にランクインのロングセラーとなる。

 

黒木渚は、学校の音楽の授業で歌を歌うことになったときに、

周りの生徒が自分の歌を聴いて笑っているのを見て、

歌がうまくないことを知ったらしい。

 

そこで、彼女は、バケツを頭にかぶり、自分の声を自分で

聞き取れるようにして音程のずれを直していったのだ。

 

彼女が「暗黒時代」と笑って振り返る中高時代に向き合った

特異な経験が、まさに彼女の「骨」となり、今の黒木渚という

個性と表現力になっている。

 

2013年12月、バンドとしての「黒木渚」は解散。

また同時に黒木渚とししてのソロ活動がスタートする。

 

黒木は「突然の発表で驚かせてしまったと思いますが、

長い間悩み考えた末に出した決断です」と前置き。

「ポジティブで遊び心を失わない集団からしか、クリエイティブなものは

生まれてこない、と私は常々思っています。けれど黒木渚はいつの間にか

そうじゃ無くなってしまっていた。その時に私達の限界を感じました」と

解散の理由について説明している。

スポンサードリンク

黒木渚プロフィール

1986年4月19日(29歳)

身長 170cm

出身地 宮崎県日向市

職業  女性シンガーソングライター。

キュウリとマヨネーズでビールを飲むが好き

前職は市役所の財政課に勤めていた公務員。

市役所の上司にバンド活動をしていたことがバレて退職。

 

独特で文学的な歌詞が特徴だが、かなり過激。

音楽プロデューサーの小林武史も高く評価している。

桑田佳祐いわく「現在でこんな歌詞かける奴いる?」

 

“一番辛かった時期にあなたの曲で救われました”と

お坊さんからファンレターが届いた

 

“あなたの歌(革命)を聴いて生きていくことに決めました”と

刑務所の中からファンレターが届いた

 

黒木渚 歌作りのベース

強く芯のある筋の通った女性でいたい

ステージに行けば必ず強い黒木渚が立っている

●影響を受けたアーティストはいない

中高時代、音楽的ルーツを持つべき時期に

凄く厳しい学校にいて流行りの音楽と触れ合えなかった

代わりに見ることができたのは文学作品。

大学ではポストモダン文学を研究していた。

 

このテレビ出演をきっかけにこれから彼女の音楽は

広がっていきそうだ。

他の歌手にはない独自の世界があって、

共感を得る人もたくさんいると思う。

さらに活躍してもらいたい。

 

身長も高く、スタイルも良くて、ビジュアル的に

素質はある。

元公務員というイメージは全くない。

本物のシンガーソングライターとして大成するかも。

スポンサードリンク

 

 

-音楽