ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

桐谷美玲主演の「アンダーウェア」が視聴率3%の不調 !

w600c-e_1818901

11月20日に放送されたテレビドラマ「アンダーウェア

第2回の視聴率が3.7%だったことがわかった。

初回視聴率6.5%から、さらに数字を下げてしまった。

 

『アンダーウェア』は、今年日本に上陸したアメリカの

映像配信サービス『Netflix』とフジテレビが共同で全13話制作したものです。

11月から地上派放送のため2時間×4話分に再編集したものを放送している。

 

なぜか視聴率は伸び悩み、初回6.5%を記録、翌週の2話では3.7%まで

下がってしまった。

この日、裏番組では松坂桃李の『視覚探偵日暮旅人』が視聴率13.5%

というまずまずの数字を取っていたため、多くのドラマファンは

そちらに流れてしまった。

f939566291bdf3c4d25d932ff55330d6

今年、映画「ヒロイン失格」の大ヒット、来年からはテレビ朝日で

ドラマ主演を務めるなど、順風満帆に思えた桐谷だが、

ここにきて思わぬ壁にぶち当たってしまった。

 

「アンダーウェア」は、それなりに面白く興味もあるドラマなのだが、

下着のシーンがあって、敬遠されたのかもしれない。

ビジネスドラマとして見ると、すごく面白く、桐谷の活躍と大地との

やりとりに見ごたえがある。

 

また、業界の様子や雑誌記者との関係など、興味が一杯だ。

しかし、実際にここまで、視聴率が低いとは思わなかった。

ドラマの作り方で、もっと盛り上げたり、落ち込んだりする場面が

たくさんあればよいと思われる。

 

感動シーンが少ないのかもしれません。

 

全体的に、淡々とした流れで、日本人向けではないようです。

海外では、また違ったとらえ方となるかもしれません。

やはり海外向けの連続ドラマというイメージですね。

 

最終回まで観てみましょう。

よいドラマだと思います。

桐谷の魅力は、十分発揮されています。

 

 

-ドラマ