ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

エクストリーム感満載の映画「X-ミッション」

20151126-00000002-eiga-000-1-view

ドル札めがけ空中ダイブ!!ノーCGアクション「X-ミッション」

パトリック・スウェイジ、キアヌ・リーブスの主演で

大ヒットした1991年の名作アクション「ハートブルー」の

リメイク版となる新作「Point Break」が、「X-ミッション」の

邦題で2016年2月20日に日本公開されることが決まった。

 

オリジナルの「ハートブルー」は、「ゼロ・ダーク・サーティ」

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督が手がけ、

銀行強盗事件の捜査のためサーファーグループに潜入した

FBI捜査官の活躍を、陸海空を舞台にしたアクションを

ふんだんに盛り込んで描いた。

 

今作では、元アスリートの若きFBI捜査官ジョニー・ユタが、

エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディが率いる

一流アスリート集団に潜入し、自らの命を危険にさらしながら

犯罪を捜査する姿を描く。

 

特大の波に乗るサーフィンや高速のウイングスーツ・フライング、

絶壁を滑走するスノーボーディングをはじめ、

フリー・ロッククライミング、モトクロス・スタントなど、

エクストリームスポーツを絡めたアクションシーンが連続し、

それらを各ジャンルの世界トップクラスのアスリートが

CGなしの生身のスタントで実現。

 

撮影は世界の4大陸で敢行され、ベネズエラのエンジェルフォールズ、

メキシコのゴロンドリーナス洞窟、オーストリアチロル州、

タヒチなど圧倒的な大自然のロケーションで繰り広げられる

アクションとサスペンスが見る者をスクリーンに引き込む。

 

主人公のFBI捜査官ジョニー・ユタを「スパイ・レジェンド」の

ルーク・ブレイシーが演じ、アスリートチームを率いる

カリスマのボーディに、「ゼロ・ダーク・サーティ」

「悪の法則」「ボーン・アルティメイタム」などで知られる

エドガー・ラミレスが扮している。

 

「ワイルド・スピード」「デアデビル」などで撮影を手がけ、

マーク・ウォールバーグ主演のフットボール映画

「インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン」に続いて

これが2作目の長編映画監督作となるエリクソン・コアが

メガホンをとった。

 

スリル満点の迫力ある映像が観られそうだ。

3Dもあるようだから、楽しみだ。

 

『X-ミッション』は、2016年2月20日(土) <2D/3D上映>公開

監督・撮影:エリクソン・コア

脚本:カート・ウィマー

出演:エドガー・ラミレス、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、デルロイ・リンドー、レイ・ウィンストン

公式サイト:www.xmission.jp

 
(出所:映画.com)

-洋画