ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ドラマ

綾瀬はるか主演、「わたしを離さないで」が、連続ドラマ化!

yjimage2

日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の小説「わたしを離さないで」が、

綾瀬はるか主演で連続ドラマ化されることが発表された。

また、三浦春馬と水川あさみが共演することも明らかになった。

 

英文学界最高峰のブッカー賞受賞作家イシグロ氏の小説が、

ドラマ化されるのは世界で初めて。

 

2005年の出版直後から話題を呼び、英国では100万部を越す

ベストセラーとなった原作は、英米合作で映画化されたほか、

蜷川幸雄の演出で舞台化されている。

 

今回のドラマでは舞台を英国から日本に置き換え、透明感あふれる

世界を再構築する。

 

世間から隔離された施設・陽光学苑で“良質な”教育を受けて

育った子どもたちは、ある日、生まれながらにある使命を与えられた

「特別な子ども」であると教えられ、自分たちの本当の運命を知る。

 

保科恭子、土井友彦、酒井美和の3人は、成長していく中で、

生きる意味を模索し、人を愛することで生きる希望を得ようとする。

 

綾瀬は原作を読み、

「静かに穏やかに心に問いかけてくるのですが、受ける衝撃は

とても強くて、それは物語の中で運命に翻ろうされていく人たちの

思いが響いてくるんだなと思いました」。

非常に優しく素直で人望の厚い少女だったが、大人になった今は

疲れとあきらめに満ちている恭子を演じるにあたり、

「シリアスな役どころで、私自身とても楽しみにしています」と語る。

 

一途さゆえにいじめられるが、希望を持ち続けるまっすぐな

青年・友彦を体現する三浦は、

「この作品を通じ、自分自身、些細なことにも疑問を持ち、

喜びを見つけ、今一度生きることについて学びたい」と意欲満々。

 

勝ち気で誰よりも強く愛を求める美和に扮する水川も、

「命の尊さや未来のために今日を生きる意味、大切なテーマが詰まった、

しっかりと皆さんの心に届くドラマにしたいと思います」と抱負を語った。

 

原作者のイシグロ氏は

「この物語が、私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に

楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます」と

コメントを寄せている。

 

そのほか、学苑の子どもたちの現実を知り苦悩する新任教師・

堀江龍子役を伊藤歩、学苑を度々訪問する正体不明の“マダム”役を

真飛聖、学苑の理念を実現するため熱心に子どもたちを指導する

教師・山崎次郎役を甲本雅裕、子どもたちを厳しく管理する

校長の神川恵美子役を麻生祐未が演じる。

 

臓器提供をテーマにした、哀しい物語であるが、

短い運命の中での3人の生き方に考えさせられる。

むずかしいドラマだが、一生懸命さが伝わればよいのだが。

 

TBS系列金曜ドラマ「わたしを離さないで」は、

毎週金曜午後10時~10時54分放送。2016年1月スタート予定。

[出所:映画.com]

 

-ドラマ