ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

玉森裕太、西内まりやの「レインツリーの国」

yjimage

「レインツリーの国」

2015年11月21日公開

解説

「図書館戦争」シリーズなどの人気作家・有川浩によるヒット小説を

実写化したラブストーリー。

あるブログの管理人をする女性とメールをやりとりするようになった男性が、

会うことをかたくなに拒む彼女の思わぬ秘密を知る。

 

監督は『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』と

有川の小説映画化作を手掛けている三宅喜重。

主演はテレビドラマ「信長のシェフ」シリーズなどの玉森裕太が務め、

テレビドラマ「山田くんと7人の魔女」などの西内まりやが

ヒロインを演じる。

恋のもどかしさと素晴らしさを深く見つめた物語にときめく。

 

キャスト

玉森裕太

西内まりや

森カンナ

山崎樹範

片岡愛之助

矢島健一

麻生祐未

大杉漣

高畑淳子

 

監督 三宅喜重

原作 有川浩

脚本 渡辺千穂

ストーリー

高校時代に夢中になって読んでいた本「フェアリーゲーム」について、

何となくインターネットで検索をしてみた伸行(玉森裕太)。

「レインツリーの国」というブログに書かれた「フェアリーゲーム」の

感想に興味を持った彼は、その管理人を務めるひとみ(西内まりや)に

メールを送付する。

 

それを機に、メールをやりとりするようになる二人。

実際に会って話がしたいと考える伸行だったが、

ひとみはその申し出を拒否し……。

(出所:シネマトゥデイ)

 

●玉森裕太、西内まりやは小悪魔「意外にSっ気がある」

 

Kis-My-Ft2の玉森裕太主演で人気作家・有川浩によるヒット小説を

映画化した新作『レインツリーの国』の公開直前イベントが11日に

都内で行われ、玉森とヒロインの西内まりやが出席。

 

互いの印象を語る中で、玉森は西内について

「イベントなどで話していると無茶ぶりが多いんですよ」と明かし、

「意外にSっ気があるんだなって。小悪魔的なね……」と

ぶっちゃけて会場を盛り上げた。

 

登壇した二人は、互いに人見知りであることを問われ、

「玉森さん、大丈夫ですか? (西内と)目を合わせていないですけど」

と司会者に玉森が突っ込まれる一幕も。

 

西内を前に

「最初は目を合わせるのもドキドキしていたんですけど、

今はもう大丈夫ですよ」と玉森がにっこりすると、

 

西内のほうもすっかり打ち解けた様子で

「今日、ちょっと髪が短くなっていたので、髪切りましたかって」と

声をかけたと明かした。

 

一方、大阪などでの舞台あいさつで、西内がトーク中に無茶ぶりを

してきたことで、玉森はひやひやしっぱなしだったとも告白。

 

「意外にSっ気があるんだなって。小悪魔的なね……」と苦笑い。

西内のほうも「一年前から共演させてもらっていて、わたしはシャイな

イメージを持っているんですけど、テレビで見かけるとまったく違った

イメージで、わたしの知らない玉森さんだなって。

 

ゆるく見えて意外とプロの根性のある方」と玉森の印象を話した。

本作は玉森演じる主人公が、メールのやりとりを交わす一方、

会うことを頑なに拒むブログ管理人(西内)の秘密を知ってしまった

ことから起こる恋愛模様を描いた作品。

 

玉森は本作を観たというKis-My-Ft2メンバーのコメントも紹介。

「みんな観てくれたみたいで、二階堂が観たときは俺も同じ空間に

いましたけど、もう本当にいい視聴者という感じ。

『これはないだろう』とか、一回一回リアクションをくれるんですよ」

と嬉しそうな表情。

「宮田からもメールが来ていて、二回も観てくれて『ガチ泣き』って

メールが来ました。いいやつじゃんって」としみじみ語っていた。

映画『レインツリーの国』は11月21日 公開

-洋画