ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

生田斗真主演「グラスホッパー」

image

グラスホッパー

 

解説

人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、『人間失格』などの

生田斗真主演で映画化したサスペンス。

恋人を殺害した犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える元教師、

人の心を操り自殺に追い込む殺し屋、その命を狙うナイフ使いの殺し屋の

運命が、それぞれの思惑を抱えながら交錯していくさまが展開。

監督は、『脳男』に続き生田とタッグを組む瀧本智行、

脚本を『あなたへ』などの青島武が担当。

共演には日本のみならず国際的に活躍する浅野忠信、

Hey! Say! JUMPの山田涼介が顔をそろえる。

 

生田斗真が本格化してきたように思う。

こういう映画では、ぴったりの役柄ではないだろうか。

いや、もうなんでもやれる役者になったのかもしれない。

その役になりきってできる能力はすばらしい。

 

さらに、奈々緒の悪役がいよいよ本格化してきましたね。

彼女は珍しいくらい、かっこよい悪女ができる不思議な女優だ。

彼女以外に、形になる悪女はいないと思う。

このキャラクターは貴重な存在だ。

キャスト

生田斗真/鈴木

浅野忠信/鯨

山田涼介/蝉

麻生久美子/すみれ

波瑠/百合子

菜々緒/比与子

金児憲史/寺原Jr.

佐津川愛美/メッシュの女

山崎ハコ/桃

村上淳/岩西

宇崎竜童/鯨の父

吉岡秀隆/槿

石橋蓮司/寺原会長

監督 瀧本智行

原作 伊坂幸太郎

脚本 青島武

音楽 稲本響

image2

ストーリー

恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、

教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。

絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で

犯人が目前であっけなく死んでしまう。

正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を

自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、

殺人現場を目撃し……。

(出所:シネマトゥデイ)

 

 

-洋画