ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

洋画

アクトレス~女たちの舞台~

xsils-maria_jpg_pagespeed_ic_g1IFMaLD7F

2015年10月24日公開

解説

『クリーン』などで知られるオリヴィエ・アサイヤス監督が、

華やかな世界に生きる女優の光と影を描いた人間ドラマ。

自身の出世作の再演でヒロインではなく年配女性の役を依頼された

大女優の葛藤を、オスカー女優ジュリエット・ビノシュが体現する。

彼女を支えるマネージャーを好演したクリステン・スチュワートは、

アメリカ人女優として初のセザール賞を受賞している。

 

新進女優を、『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・モレッツが

演じる。

スイスの大自然を捉えた美しい映像や、シャネルの特別協力による衣装、

壮大なクラシック音楽とともに描いた人間ドラマ。

 

キャスト

ジュリエット・ビノシュ/マリア・エンダース

クリステン・スチュワート/ヴァレンティン

クロエ・グレース・モレッツ/ジョアン・エリス

ラース・アイディンガー/クラウス

監督・脚本 オリヴィエ・アサイヤス

 

ストーリー

映画界でその名をとどろかすマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、

マネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)と一緒に

仕事に励んでいた。

 

そんなある日、マリアは若いころの出世作のリメイク版への出演をオファー

されるが、彼女が演じた若き美女ではなく、ヒロインに振り回される

中年上司役だった。

 

リメイク版の主役には、ハリウッドの新進女優ジョアン

(クロエ・グレース・モレッツ)がキャスティングされていて……。

 

原題は「シルス・マリア」というスイスの山岳地帯の地名。

自分の育ての親とも言える演出家の突然死もあって、主人公の女優は

シルス・マリアにある演出家の家で暮らすことになる。

そこでは「マローナのヘビ」と呼ばれる、渓谷をまるでヘビのように動く

奇妙な雲を観ることができる。

 

死んだ演出家にも「マローナのヘビ」という戯曲があって、若き日の主人公は

それに出演することで「女優」としての地位を築いたのだ。

 

それから20年が過ぎた今、リメイクされようとしているその戯曲への、

別な役への出演を彼女は承諾した。

その戯曲には、20歳の女性と40歳の女性というふたりの主人公がいて、

当然、今回は40歳の方を演じることになるのである。

女優という仕事を考えさせられる作品だといえる。

(出所:シネマトゥデイ)

-洋画