ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

ニュース

新山千春「わたしは、あざとい人間だ」しくじり先生で!!!

image

テレビ朝日で10月12日放送のバラエティ番組

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」にタレントの新山千春が登場。

 

自分のブログ炎上体験を失敗談として、あけすけに語った。

新山のブログが炎上したのは、2004年に結婚したプロ野球選手の

黒田哲史氏との離婚が最大のきっかけ。

 

「娘を離婚理由のダシにするところが最悪」

「夫が引退したからって離婚なんて最低」など主婦から

コメントが殺到したのだ。

 

新山は炎上については、「アクセスが増えると仕事が舞い込む」と

内心喜んでいた。

炎上をきっかけにして書籍の出版や、4社ほどCMが決まったり、

タレントとしての仕事がどんどん入ってきたのだ。

「本当に私は儲けさせていただきました」と新山ニッコリ。

 

しかし「正直言うと今はもう炎上したくない」と新山。

 

新山千春は、根本的に、あっさりした女性だと思う。

周囲のことは、まったく気にしないようだ。

しかし、騒ぎが大きくなったり、直接影響が出ると反省する

ようだ。

 

でもあまり気にしない。すぐに立ち直るのだ。

こういう性格の人は、ずいぶん得をするのだ。

一般的な主婦には受け入れられないのである。

だから、コメント欄に厳しく書かれ、嫌われているのだ。

 

しかし、実際には、どうなのだろうか。読者は嫌っているの

ではない。

本当は、うやましがっているのだ。

 

嫌いだったら、ブログは見ないし、コメントを書く気にも

ならないのが普通ではないだろうか。

その点いやなことでも、書いてくれるというのは、

本音では、好きなのである。そして、かまってやりたいのだ。

 

だからいつも監視をして、おかしなことを書くと、

一斉に炎上するまで、コメントを書いていくのだ。

 

新山は、すごく得な性格ともいえる。

やはり、アイドル的な要素を持っているのだろう。

今まで通り、自分で思ったことをブログで書いた方が

彼女らしいと思うのだが。。。

 

この「しくじり先生」で新山千春は、本当は面白いキャラ

なのだということがよくわかった。

 

たぶんこれから、もっとバラエティーの依頼がたくさん

くるのではないだろうか。

 

「しくじり先生」でのぶっちゃけトークに感謝しましょう。

 

【新山千春 略歴】

青森市立高田中学校を経て、堀越高等学校卒業。

中学校在学中の1995年、第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンの

審査員特別賞を受賞したのをきっかけに芸能界入り。

テレビ朝日『タイムショック21』の司会を中山秀征と務めた。

他に過去の主な番組は『ジャングルTV ?タモリの法則?』

『嗚呼!バラ色の珍生!!』アシスタントなど。

2004年12月、ジャイアンツ所属(当時)の黒田哲史と結婚

2010年1月、青森市観光大使に委嘱される

2014年12月29日、自身のブログにて黒田との離婚を発表した。

好きなアーティストは浜崎あゆみで、高校時代からのファン、

ブログに自分のことを「僕」と書いていたのは、浜崎あゆみの影響。

堀越高校時代の同級生に岡田准一、野波麻帆がいる。

乙葉とは同級生でほぼ同時期に結婚。

りんごの名産地の出身であるなど共通点が多い。

『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで、

乙葉がお友達として新山を呼んだ。

2009年5月28日発売の女性週刊誌『女性セブン』で、

人気ヘアメークの男性との手つなぎデートを報じられた。

「誤解させて申し訳ございません。いつもお世話になっているメークさん。

心配するようなことはありませんので、ご安心下さい」といっている。

 

最後に「わたしは、あざとい」と自己分析をしていたが、

 

ちなみに、

男性に聞いた!「あざといな…」と感じる女性有名人ランキングは、

1位 芹那

2位 田中みな実

3位 紗栄子

4位 おのののか

5位 ダレノガレ明美

6位 小林麻耶

7位 柏木由紀(AKB48)

8位 脊山麻理子

9位 大島優子

10位 小島瑠璃子

 

となっているが、どうなんだろうか。

 

もし新山千春を入れるとすれば、やはり1位か!!!

-ニュース