ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

その他

ジョブチューンが大荒れ!!!

20151003-00000022-natalieo-000-view

TBS系のバラエティー番組「ジョブチューンSP」

宮根誠司、恵俊彰ら人気司会者たちが集結!

人気司会者が出演し、仕事について、本音で語った。

 

宮根誠司は、「ぼく、徳光さんをあんまり信じないようにしてるんです」

と打ち明けた。

徳光が2011年に日本テレビ系「24時間テレビ」で

チャリティーマラソンランナーを務めた時、宮根アナが差し入れを

持って行った時のことだ。

 

徳光アナは宮根アナに、

「俺の後の24時間テレビは、お前しかいない。お前に託すぞ」と告げたという。

しかし、宮根アナは、

「その次の年から羽鳥になった。おかしいでしょ」と羽鳥アナが担当したことをあげ、大爆笑を誘った。

 

宮根アナは後ろを振り向き、苦笑いを浮かべる徳光アナに

「なんであんなウソついたんですか?」と質問すると。

徳光アナは「ウソはなく、あの時は宮根君だと思った。

でも、後から羽鳥がいると気付いた。ほんと、申し訳ない」と

宮根の両肩に手を置いて、頭を二度下げて謝罪した。

 

司会者たちにとって「すごいと思う司会者」を質問してみると、

島田紳助、明石家さんまらの名前が挙がる中、

宮根が名前を挙げたのは、古舘伊知郎だ。

 

宮根アナは、「番組の中でしゃべりに無駄がない。すごい勉強されてる。

あれができるかっていうとできない」と尊敬の念を表した。

古舘アナからは「お前のしゃべりはナイフだな。もっとナタになれよ」

とアドバイスを受けたものの、「それがいまだに分からない」と嘆いた。

 

「古舘の看板番組の後任に宮根?」という報道があったことを

指摘され、「もしオファーが来たら」の質問に絶句する。

肯定も否定もせず、スタジオは騒然となった。

続けてライバルとして、宮根アナは、

「ライバルというか、この人がフリーになったらアナウンサーの

勢力図変わるっていうのは安住君」と安住アナの名をあげた。

「知名度、人気度、好感度ともにナンバー1」と魅力を解説。

 

番組に来るとやりづらいゲストがいる?

との質問に全員が「イエス」と答えた。

a3a22f56

徳光は、司会者というのは、来られたゲストがいかに良い気持ちで

帰っていただけるか、そういったことを果たすのが我々の役割。

と説いた上で、「それがどうしてもできないのが島崎遥香とかいう…」

と島崎遥香を名指した。

 

これには「まさかのぱるる」など、スタジオの面々からも驚きの声が上がった。

徳光は「どうしてもダメでしたね」

「答えてくれないしね、答えと全然違うことをベラベラしゃべりやがるしね」

と続け、さらには語気を強めながら「質問をシカトするんだよ」

「俺の孫よりも年下なんだよ、あいつは」「本当に屈辱的でしたね」と

怒りをぶちまけた。

 

また、島崎が番組MCを務めている深夜番組では、よく話している

姿を見たそうで、それには「腹立つよ! 俺に話さないくせに」と

言葉遣いも荒々しくコメントした。

大ベテランが「悔しかったですね」と漏らすほど、島崎の態度には

納得がいかない様子だった。

よほど、屈辱的だったのだろう。

 

徳光と島崎の因縁は、2013年の「第5回AKB48選抜総選挙」までさかのぼる。

この年12位に躍進し、初の選抜入りを果たした島崎だったが、その際の壇上

でのスピーチはほかのメンバーよりも圧倒的に短いものだった。

しかし、イベントの司会を務めていた徳光は、ファンへの言葉をもう少し

引きだそうと質問を投げかけるが、島崎は無言の“塩対応”。

さらに速報の順位(7位)よりも下がったことについて質問されると、

島崎はこれもまた無視する対応で、このやり取りはちょっとした騒動となった。

これ以来、ファンの間では2人の確執はよく知られたものとなっている。

 

まさか、個人名を挙げてうっぷんを晴らすとは思わなかった。

司会者が集まると、番組が荒れてしまう。

しかし、見ている方としては、おもしろい。

 

-その他