ドラマ、映画の気になる話題(30才以上限定)

ドラマ、映画関連の最新トレンド情報を見つける!!

その他

日本テレビの笹崎里菜アナウンサーは、大物になる!!!

yjimage2
日本テレビの笹崎里菜アナ(23)が、

テレビに出まくっている。

会社から売り込みをしかけているようだ。

 

入社までのプロセスも異例なら、入社後の待遇も異例中の異例である。

銀座でのホステスバイト経験が発覚し、一度は「清廉性がない」と

内定を取り消されたものの、法廷闘争の末に入社を勝ち取った

例年であれば新人アナは8月末の『24時間テレビ』でデビューする。

 

しかし笹崎アナ、同期の尾崎里紗アナ(22)、平松修造アナ(22)は、

6月3日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて』に出演、

今後1年間かけて3人に密着するコーナーがスタートすると発表された。

 

その後、3人は同月26日に『スッキリ!!』『ZIP!』など3つの朝番組に

連続出演している。

 

また、「踊る!さんま御殿!!3時間SP」にも一人で出演した。

番組冒頭ではMCの明石家さんまが騒動の件に触れつつ紹介したが、

「彼女は何も悪くないもんなあ」と笹崎アナを擁護していた。

さんまは「アナウンサーになるとは思っていなかったわ。

違う部署に配属されると思った」とコメント。

 

笹崎アナは「お騒がせしてしまったので申し訳ないです。

いまは楽しく会社に通っています」と笑顔で返答した。

笹崎アナは番組内でモノマネができますと自身の得意技をアピールして、

やしろ優による芦田愛菜のモノマネや、「となりのトトロ」モノマネなど

持ちネタを披露したが、あまり良くないようで、さんまは、

「俺がおまえを訴えるぞ!」と突っ込んだ。

 

日本テレビの社員がいうには、

あくまでも“同期3人のセット売り”ということになっているが、

この異例の人事が笹崎シフトなのは明らか。

3人同時に『新人アナトリオ』として露出させれば、話題性の大きい

笹崎の露出を増やしても批判されないうえに“優遇している”とか

“差別的な扱いをしている”という社内外からの批判を避けられる。

よく考えられた待遇です。

おそらくすぐには担当番組を持たせず、このトリオでいろんな番組に

顔を出すことになるでしょう。と言っている。

 

“セット売り”でも“センター”はあくまで笹崎アナで、社内の評価も

うなぎ登りだという。

 

笹崎アナは、非常に美しいルックスでスタイルも良く、

「華がある」ということでは、フジテレビの加藤綾子アナ並みとも

言われている。

 

同期の平松修造アナ、尾崎里紗アナと『スッキリ!!』に生出演した。

司会の加藤浩次さんに

“笹崎さんはいろいろあったから頑張ろう!”と入社経緯をイジられた。

それでもうろたえることなく、ニッコリ笑って応えた。

“あの精神力は並みじゃない”ともっぱらの評判です。

 

2人の同期という「盾」を得て、超大型新人の進撃は続いている。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号

 

●笹崎アナ タダモノじゃないワイプ芸に要注目

放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で

最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。

業界きっての“女子アナウォッチャー”である山田氏が、

いろんな意味で注目の日テレ笹崎アナに迫る!

 

初夏は新人アナ“初鳴き”のシーズンだ。

“初鳴き”とは、入社したてのアナウンサーらが研修を終え、

初めてアナウンスの仕事をするもので、局によっては“声出し”と

呼ばれているところもある。

視聴者にもっとも有名な“初鳴き”場面は、フジテレビの『27時間テレビ』

エンディングのスポンサー読みだろう。

 

そして、全国の新人アナウンサーのなかで、もっとも有名な…というか、

一人だけ突出して名前を知られている日本テレビの笹崎里菜アナにも

初鳴きシーズンが訪れた。

 

最初のテレビ出演は、同局の人気バラエティー番組

『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』。

研修担当のベテラン、豊田順子アナから、名前の「ささざき」が

言えていないことを指摘され、「舌の力が弱い」「サボってきている」

と厳しい指導を受けたことが話題になった。

 

アナウンサーにとって、サ行は確かにイヤな行であり、

それが続く「ささざき」という名字であることは笹崎アナにとって

アンラッキーだったかもしれない。

 

ちなみに、最近のアナウンサーはサ行とカ行の無声化ができていないことを

問題視するベテランアナも多い。

 

たとえば「~~~です」という文末の「す」は、正しいアナウンスでは

無声音にならなければいけない。

文章で説明するのは非常に難しいが、往年のアナウンサーの「です」と

最近のアナウンサーの多くの「です」を聞き比べていただけばわかると思う。

後者の「す」は、前の「で」と同じ大きさで発声され、

なんとも聞きづらいのである。

 

笹崎アナは、非常に美しいルックスでスタイルも良く、

「華がある」ということでは、フジテレビの加藤綾子アナ並みとも

言われている。

 

その笹崎アナが、同期の平松修造アナ、尾崎里紗アナと

『スッキリ!!』に生出演した。

当然、あのネタでイジッたのはMCの加藤浩次。

「いろいろあったから…」と切り出したのである。

それでも笹崎アナは顔色を変えず、「頑張ります!」と。

さすがにハートの強いところをみせていた。

 

彼女と同期のアナは気の毒だと思う。長身で華のある笹崎アナと

並んでいるからなのか、尾崎アナは見るからにフツーのお嬢さん

というカンジだったし、平松アナは松岡修造と一字違いということ

ぐらいしか特徴はなかった。

 

そんな彼らが出演したコーナーは、最新グルメを紹介するVTRコーナー

だったのだが、驚いたのは、ワイプで抜かれているときの笹崎アナの顔だった。

平松アナが小さく驚いたり、頷いたり、尾崎アナがただニコニコ笑って

いるだけだったのに対し、笹崎アナは、目を大きく見開いたり、

読唇術ができなくても何て言っているかわかるように口を大きく

動かし続けて感想を言ったり…と、VTR中ずっとリアクションを

していたのである。

 

さらに、自分がワイプの中に居るのをわかっていて平松アナに

話しかけたりしているのだ。

これは、かなり上級者のワイプ芸とみた。

 

この大物ぶり。誰に似ているかといえば、やはりカトパン=加藤綾子だろう。

『めざましテレビ』(フジテレビ系)オンエア中、顔芸ともいうべき、

さまざまなリアクションをとる加藤アナ。

 

アラサーアナならではの自信と余裕の結果でもあるが、新人アナなのに、

それをやれちゃう笹崎里菜アナ。

やはり大物の素質がある。

 

やがて、フリーアナウンサーとして活躍する時がくるかもしれない。

日本テレビとしても、これだけ知名度があるアナウンサーを

うまく利用していかない手はないだろう。

今後の扱い方に注目したい。

 

-その他